FC2ブログ

    YAMAHA SF-7000の詳細

     本日付の記事は3本目になります。どんだけヒマなんだよっ!?って思われるかもしれませんが、そんなにヒマではないですし、ブログの記事を書くのも私の売名行為の一部としてはそれなりに重要なんです。まあ、これは3本目ということもありオプションみたいな感じでして、先日から“YAMAHA SF-7000”についての私の記事にけっこうなアクセスがありまして、それがちょっと気になっているんですよ。レスポール関係の記事であれば、“通りすがり”ってこともあるでしょうが、SF-7000ともなると“ピンポイント”じゃないと私のブログに辿り着くことは難しいと思われます。

     というワケで、あくまで想像ですが、SF-7000の中古が気になっていて……、つまり買おうかな!?とか思っているんだけど、その情報が欲しい人が当ブログにアクセスしてるのかな!?とか思いましてね。全然違うかもしれませんし(笑)、ただの余計なお世話かもしれないんですが、一応SF-7000オーナーである私が、このギターに関する詳しい情報を提供しようかなと思い立ちました。最近よく弾いているしね!!

     このギターに関して、とあるウェブページで、「現在これと同じモノを創ったら、25万円相当になる」という記述を見たことがあります。確かに、このギターはいわゆる“ジャパン・ヴィンテージ世代”ですから、材はかなり良いモノを使っていると思われます。私のもトップには所々トラ目が出ています。ボディを指で叩くと“ポ~ン”と非常にイイ感じで音が響きます。ですから“25万”ってのもあながちウソではない気がします……が、じゃあ現在これを25万円で商品として出せるのか!?市場でそれが通用するのか!?ってことは全然別問題だと思います。うん、はっきり言って自分で持ってるのに何なんですが、25万円じゃ売れねえだろっ!?(笑)だって30年前に12万円という非常にお得な価格設定(だと私は思いました!)だったのに3年で生産打ち切られてますからね。

     このギターは、レスポール系のボディ構造(材やツー・ウェイでアングル付きヘッド、チューン・オー・マチック・ブリッジ及びツー・ハムバッカー)なんだけど、ボディ・シェイプがストラト(コンタード・ボディ)という、いわば“イイトコ取り”を狙ったんだと思うのですが、成功している点は!?ってのを考えてみましょう。

     見た目からすると“ハムバッカー・ストラトのような音”のようにも感じますが、やはりボディ材がレスポール系(メイプル・マホガニー)ですので、音もレスポール寄りです。やっぱりボディ・シェイプよりも材の方が音を決めている感じです。ただ、レスポールほどのボディのボリュームがない分、やはり中低域はレスポールのような感じではなく、もうちょっと“シャリッ!”というか“ジャキッ!”という感じの音です。でもアタック感はレスポール同様に充分あります。これはオリジナル・ピックアップの場合ね。私のはリアをダンカンJBに換えたらとても音が太くなりましたが(笑)。で、ネックはワンピース構造ですので、ヒール部分が非常に滑らかになっており、ハイポジションの弾きやすさは抜群です。レスポールは言うに及ばず、ストラトよりも遙かに弾きやすいです。サスティーンに関してはワンピース構造ですので十二分と言って良いかもしれません。ちなみにこのギターはコイル・タップ機能が付いています。でもまあ、これはオマケ・レベルかもしれません。実際、コイル・タップってメーカーは、

    「ハムバッカー・サウンドとシングル・コイル・サウンドで驚きのバリエーションが!!!!」

    とか唱いますが、本気で使い分けてる人なんていないでしょ!?(笑)。シングル・コイルの音が欲しければ迷わずストラトを使いますって!!

     じゃあ、失敗している点は!?もうほとんど見た目のような気がします。私は好きなんですがね(笑)。見た目で選ぶ人ですから。だってこんなの他に無いでしょ!?でもねぇ~、ジャズ・フュージョン系にしてはシックさが足りず、ロック系にしてはワイルドさが足りずという風に普通の人には見えるかもしれません。中途半端なのかも。あとは重さね。ストラト・シェイプですから軽いのかと思えますが、やっぱり材のせいで“軽めのレスポール”ぐらいの重さがあります。

     というワケで、現在の中古市場で6万円程度という価格は、ギターそのもののクオリティという点から言えば大変お買い得だと思います。レコーディング用とか割り切ればイイ感じかも!?レスポールだと重いから、ライブ用にはSF-7000を!!ってのは非常にダサイかも!?まあ、私はライブでもバリバリ使ってましたが(笑)。

     ってなワケで、何の役にも立ってないかもしれませんが、億が一、誰かの参考になったのなら幸いです。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    続・チェルシーについてムダに考える

     みなさん、こんにちは!!サッカーの各国リーグも3、4節ほど終了し、チャンピオンズ・リーグも始まったのだから、今回はサッカーについて書くことにします。

     ってなワケで、チャンピオンズ・リーグのグループ・リーグ第1戦が行われました。ざ~っと結果を見渡しますと、“やっちまった!”感があるのは、ミランとチェルシー、そして結果としては仕方ないとしても、内容的にはマンチーニ大激怒のシティってなところです。シティは本来“堅守”のチームのハズですが、今季はリーグ戦でも守備が不安定です。何となく、身体を絞りまくったテベスだけが元気で(笑)、他がまだ全然コンディションが上がっていない気がします。ベルナベウでの敗戦は予想の範囲内だと思われますが、終盤で逆転喰らったのはシティらしからぬ感じでした。このグループDは厳しいグループですから、マンチーニの怒りも理解できますが。

     というわけでチェルシーについてですが、ホームでのユーベ戦は運動量では相手に圧倒されてましたね。っていうかユーベの守備は凄かったです。チェルシーの2得点がいずれもミドルシュートだったことからも判ります。しかしあの2点目のオスカールのシュートは素晴らしかったですね。あのファースト・タッチのコントロールは意図してやったのでしょうか!?偶然だったのか!?まるでベルカンプのようでした!!

     シーズンオフがほとんど無かったマタをスタメンから外しましたが、彼がいるのといないのでは攻撃のテンポが全然違います。国内リーグでもそうでした。アザール、トーレス、マタはトリオ・セットで使うべきですね。アンチ・チェルシーの私でも惚れ惚れするほどのコンビネーションが展開される時があります。

     ランパードはねぇ~、うん、やはり今の彼はもはや“神”ではないでしょ!?運動量とパスの精度は全盛時には遠く及ばない感じです。それからどうして彼にコーナー・キックを蹴らせるの!?ドログバがいた時は誤魔化せましたが、あのキックの質ではトップレベルでは点は取れないでしょ!?とても気になりました。

     それにしてもユーベの強さにはちょっとビビリました。最近セリエの試合はとんとご無沙汰なんですが、そりゃ今季も現在首位なのは納得です。っていうか、チェルシー戦の内容ならば優勝も夢ではないかもしれません。とかムダに盛り上げてみましたが(笑)、現実問題として、あの戦術をシーズン通してハイレベルに保つのは非常に難しいと思われます。でも、息切れしなければきっと優勝しますよ。ただピルロはどうして“海賊”になっちゃったの!? 

    “ロンドン警視庁犯罪ファイル”と“バーナビー警部”

     とんでもなくどうでもいい話です。私はギターの基礎練習をする時に、そのツラさを紛らわせるために、大抵テレビを観ているのですが、その多くは海外のミステリー・ドラマだったりします。ってなワケで、AXNミステリー・チャンネルで放送しているモノをけっこう観ております。以前、“REX”について突然言及しましたが(笑)、REX7と8は酷い代物でしたね。まあ、元から主人公の警察犬REXが可愛いので、それに頼りまくって台本がアマアマだったワケですが、このシリーズ7と8は酷すぎました。今思えば、シリーズ2、3、4あたりが良かったですね。っていうか、実はREXの話が本題じゃないんですよ(笑)。脱線してしまいました。

     そのAXNミステリー・チャンネルで放送されている番組で“ロンドン警視庁犯罪ファイル”ってのがあるんですが、以前観ていた番組が終了したので、そのままの流れで同じ時間帯に放送されることになったこの番組も観ているんですが……。何というかねぇ~、酷いんですよ。主人公の警視のキャラが。悪徳警官というほどではないんですが、何かかわいげのないキャラでして、全然愛せないというか感情移入できないというか……。で、ライバルみたいな設定の準主役的な女警部ってのもいるんですが、コイツも全然かわいげのないキャラでして、こちらにも全然感情移入できない(笑)。一番マトモなのが部下の巡査部長なんですが、冷静に考えると上司がロクでもないヤツだからいい人に見えるだけで、単に極々普通の人だったりして……。けっこう観てると気分が滅入ってくるんですが、っていうか、観なけりゃイイんだろうって気もしますが(笑)、一応英国では人気シリーズだったってふれこみですので、いつか“神展開”が起きるんじゃないか!?視聴者に素晴らしい開放感を与えてくれるんじゃないか!?と思いつつ観てしまいます。でも、最近結論が出つつありまして、“もう期待できないな!!”って感じで、現在録画済みのあと1回を観て決断しようと思っています。

     同じ英国ミステリーでも“バーナビー警部”はイイ感じです。英国には伝統的にある「田園ミステリー」(!)ってカテゴリーらしいのですが、っていうか「田園ミステリー」って凄いジャンルだな!!何かこの言葉だけでは想像がつきませんな!!まあ簡単に言うと英国の田舎町の田園風景を舞台に繰り広げられるミステリーってことで、ガーデニング好きの英国人故のジャンルですね。イヤ、別に理解して書いてるワケじゃないですが(笑)。で、こちらの方は主人公のバーナビー警部とその奥様と娘、部下の巡査部長等々、キャラがとても立っていて、尚かつ愛すべきキャラになっています。うん、こっちは基本的に楽しく観られます。同じ英国ミステリーでも随分違うモンだなといつも思っています。っていうか私は一体何を書いているんでしょうか!?でもほら、「田園ミステリー」って言葉を勉強できましたね!!まあ、何の役にも立たないでしょうが。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック