FC2ブログ

    ウェアがねぇ~

     さて熱戦の続いているマスターズ1000上海ですが、ベスト4が出揃いまして、見事に第1シードから第4シードが勝ち残るという結果になりましたな。いつもの光景ですな。2010年のパリ以降、マスターズ1000大会は全て異星人がタイトルを獲っているわけですが、今大会は地球人最後の望みはベルディヒに託されることとなりました。

     しかしながら、ベルディヒはよりによって異星人の中でもっとも対戦成績で分の悪いジョコヴィッチと対戦します。1勝9敗です。ハードコートでは全敗です。またもや地球人の夢は崩れそうです。ええ、こうやって書いておけばベルディヒが勝つかもしれません。でも本心を言うとジョコヴィッチの方が好きですので、別にベルディヒに勝って欲しいとは思っていません(笑)。ただ、この方が年末1位の争いは面白くなるでしょう!?

     もう一方のフェデラーとマレーなんですが……、どちらも調子があまり良くない感じですな。特にマレーはステパネク相手にヒヤヒヤでした。もっとも昨日のステパネクには、

    「ブラァ~ヴォ~!!」

    と言ってあげたい気がします。同様に、未だに勝利への執念が全く衰えていなくて、大人になりきれていないようなハースにもエールを贈りたいと思います。34歳になって、しかも相手はジョコヴィッチだというのに、あんなにキレるハースは素敵です(笑)。

     話をマレーに戻しますが、やはりここへ来て全米の疲れが出ているのでしょうか!?きっとセレモニーとかも大変だったんだろうな!?とか思います。フェデラーの調子も今一つですが、それなりに休養してますから、この辺から上げてくるかもしれません。とはいえ、この上海のコートでは過去に2度ともマレーが勝ってます。

     しかしまあ……、総合的に見て、やっぱりジョコヴィッチが勝ちそうですな。仕方ないです。ただあのウェアはねぇ~、酷いですな(笑)。ところで、アレってユニクロで売ってるんですか?
    スポンサーサイト



    コイル・タップって……

     みなさん、こんにちは!!“鈴木のレスポール・ブログ”にようこそ!!ってレスポール・ブログじゃねえよ!!当ブログはミュージシャン鈴木浩憲の知名度を上げるのが主目的のブログです。しかしながら、“ミュージシャン鈴木浩憲”などと検索するより、
    “レスポール・ブログ”
    “弦高”
    “異星人”
    などの検索キーワードの方が遙かに当ブログに辿り着く可能性が高くなってます。ここ最近では、
    “ロンドン警視庁犯罪捜査ファイル”
    ってのも有力候補です(笑)。使用上の目的を充分に留意された上で、当ブログとお付き合い頂けるとよろしいかと思います。

     ってなわけで、このところ音楽の話こそソコソコありましたが、ギターについての戯れ言を書いていませんでしたので、本日はゆるりとそこら辺を書いてみます。レスポールについてです。きっと目新しい意見ではないでしょうが、28年間レスポール・カスタムを愛用しているオッサンのいち意見として、読み流して下さい。

     さて、現在レスポールを買うとすると、いわゆるスチューデント・モデル(学生向け廉価モデル)を除くと選択肢は、大きく分けて、

    *カスタムショップのヒストリック・コレクション(スタンダード)
    *カスタムショップのレスポール・カスタム
    *ギブソンUSAのレスポール・トラディショナル、クラシック
    *ギブソンUSAのレスポール・スタンダード2008・2012

    の4ジャンルぐらいに分かれると思います。まあ、人によってもっと細かくジャンル分けする人もいるでしょうし、カスタムショップとギブソンUSAというようにザックリ分ける人もいるでしょうね。

     で、このジャンルの中で、私的には、
    「全然欲しいと思わないし、タダでもいらね~よっ!(もらうけど)」
    ってのがありまして、それは当ブログで一度も触れたことのない“ギブソンUSAのレスポール・スタンダード2008・2012”です。あっ!?ユーザーの方がおりましても気にしないで下さい。タダのオッサンの戯れ言ですから。

     2008の時代から、全然興味が無かったのですが、これが2012にリニューアルされて更に「何だかなぁ~!?」って感じが加速しています。 コイル・タップって……(苦笑)。これってホントにマーケティングの末の答えなのか!?ねえねえ、レスポール弾きのみなさん、みんなコイル・タップしたい!?

     それでなくともこのシリーズは、ボディ軽量化のために穴ぼこだらけなのに……、そんなに重いのイヤなの!?だからっていきなり重量が半分とかになるわけでもないのに。
    「レスポールは重いモノ!!」
    って小学校の時習いませんでしたぁ~!?(笑)唯一評価できるのはグローバーのペグを採用しているところと、“ブルー・ミスト”というイカしたカラーのモデルがあるところぐらい。

     ってなワケで、私的にはスタンダード2012の存在意義は全くありません。っていうか、希望を言っても良いなら、
    「トラディショナルのペグをグローバーにして“ブルー・ミスト”を出してくれ!!」って感じです。でも、ペグがグローバーだったらルックス的に“トラディショナル”ってのはウソつきになってしまいますね。でもさあ~、はっきり言ってクルーソン・ペグってゴミじゃん!?終わります。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2012/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック