FC2ブログ

    GKの話

     当ブログ9月29日付の記事で“ロリスが出場できない理由”ってのを書きました。フリーデルの連続出場試合記録があるので、実力とは関係無しにロリスは出場できないんだよ!という私の勝手な推測記事でありました。ところが、その記事を書いてから2試合目に当たる10月6日のプレミアリーグ・アストンビラ戦でロリスはスタメンで出場しました。遂にフリーデルの偉大な記録に終止符が打たれたのです!!

     つまり、この事実によって、今後は現在の実力通り(?)ロリスが第一GKの座におさまるのでは!?と思われましたが、先日のチェルシー戦ではまたフリーデルがスタメンでした。う~ん、だったら何で1試合だけロリスを使って記録を止めちゃうのよ!両者共に特に怪我をしていたとかではなかったハズですが……。ヴィラス・ボアスの真意は如何に!?まあ、個人の記録よりはチームが優先されるでしょうから、いくらでも言い訳はできちゃいますけどね。

     というワケで、ゴール・キーパーの話が出たついでに、前から実は書こうと思っていたことを本日は書きたいと思います。イヤ、温めていたネタだからといって、大したものではありませんが(笑)。

     けっこう前の話ですが、ある雑誌で当時の日本代表GKのインタビューが掲載されていました。この時のそのGKの言葉で私は非常に印象に残っている言葉があります。申し訳ないですが、“悪い意味で”です。

    「僕は前に出るべきか、ステイすべきか迷った時は前に出ることにしているんです!」

     試合の中でGKが相手側のボールに大して、出ていくべきか!?それともステイすべきか!?迷う場面は何度か出てきます。良いGKとそうでないGKの差は、この時の判断の差であると言ってもイイかもしれません。つまり、どうして私がその前出の言葉に失望を覚えたかというと、“迷った時には前に出ると決めている”ってことは、微妙な時には常に賭に出てるってことで、それが当たる確率は五分五分です。その日に彼がどんなに調子が良かろうと最高点は50点です。もっとも、考えように因っては確実に50点は取れるとも言えるのですが……。迷った時にことごとく判断を誤ると“0点”になる可能性もありますからね。

     世界最高クラスのGKはきっと、“迷った時には前に出ることにしている!”なんてことはないと思います。彼らは随時適切な判断を瞬間的にしているのでしょう。だから、90点以上が取れるのです。ちなみに私はフリーデルは90点、ロリスは93点ぐらいだと思っています。根拠はありません!!(笑)
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2012/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック