FC2ブログ

    NHK杯大会第2日

     みなさん、こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます!!今回もフィギュアスケートについて、ムダなことを書きます。ところで、当ブログにこれまで馴染みがなかった人に一応お伝えしますが、ページ左側のリンクにおいて、私の楽曲が販売されております。興味がお有りでしたら、イヤ、興味がなくてもどうか宜しくお願いします!!
     
     え~と、本日の感想はあまり競技自体とは関係がありません。
     まあ、ただ私が思ったことです。
     もっとも、同じような感想を持った人もいると思うんですが……。
     つまり女子シングルの結果ですけどね。うん、やっぱり鈴木が優勝だった方が良かったんじゃね!?ってことなんですが。もちろんフリーは1位だったんですけど……。

     浅田も鈴木もどちらが上だろうと、ファイナル進出は決定でしたしね。鈴木はカナダで勝利を既に一度盗まれていますし(笑)、鈴木のフリーは今季の女子シングルでは、唯一、浅田と勝負になる素晴らしい内容のプログラムです。それをほぼクリーンに滑ったのだから……。どうでもいいプログラムを、たまたまパーフェクトに滑れたワケじゃないんだから……。もちろん、鈴木が「ショートで取りこぼしたのがいけないのだ!!」と言う人もいるでしょうけど。ただ、ここで負けたからって浅田真央という選手の評価が下がるワケもないでしょ!?世界中のほとんどの人が、浅田真央が別次元なのは気づいています。というワケで、鈴木の勝ちで良かったと思います。浅田真央もビックリしてたし。
     
     それは男子シングルを考えてみても判ります。高橋はファイナルに進出しました。しかし2戦とも2位で、しかもいずれも日本人に敗れています。高橋は今季のグランプリ・シリーズで優勝がありませんが、日本人では小塚、町田、無良、羽生と4人も優勝者がいます。だからと言って、高橋が日本のナンバーワンではなくなったと考える人がどれほどいますか!?まあ多少はいるのでしょうけど、きっと少数派ですよね!?ちなみに私は全然思いませんが。別に浅田と高橋に関しては、競技会で勝とうが負けようが“異星人”なのは誰でも知ってるって!!(笑)今さら評価は下がらないって!!

     というワケで、男女ともにワンツーを決めたのは大変喜ばしいことですが、女子シングルの結果に関してはちょっとだけ残念です。

     思いっきりついでなんですが、ロス・マイナーって所作及び振り付けのパターンが、ライサチェクそっくりですね!?え~と、やっぱり彼にとってライサチェクは憧れというか、目標なんでしょうか!?だとしたら……、言ってもイイですか!?

    「志が低くね!?」(笑)

     日本全国450人のライサチェク・ファンのみなさん、怒らないでね!! 

    NHK杯大会第1日

     というワケで、誰も期待なんぞしていないってのに、NHK杯大会第1日の感想を書いてみます。しかし凄い客の入りですね。海外の選手達に“日本びいき”が多いのは判る気がします。

     まずアイスダンスです。ところで解説が“あの人”ではなく樋口氏だったのでホッとしています。で、優勝はもう決まっていますので(笑)、結果がどうこうではないのですが、デイビス/ホワイト組の「ジゼル」はやっぱり素晴らしいプログラムです。もっとも、彼らにとってのコンペティションとは、バーチュー/モイヤー組(カナダ)に勝てるかどうか!?ってことだけですので……(笑)。え~と、今季はデイビス/ホワイト組が上だと思います。もっとも今後両者共にいろいろと手直しをしてくるでしょうから、最終的にはどうなるかは判りませんけど。っていうか、全然NHK杯の感想ではないですね(笑)。

     女子シングルなんですが……、きっと今井ファンは気を悪くするんじゃないかと思いますけど、今季の今井は自分の能力以上のプログラムをやっているようにしか見えません。“調子が良かったら”とか“練習だったら”できるというレベルには到底思えませんな。私はバカなオッサンギター弾きですが、ギターでも自分の能力以上のモノを無理して“そこそこ”の完成度で演奏し続けていても、決して上達はしません。簡単なモノから完璧にできるようにしていって、徐々に難易度を上げていかなければ上手くはならないのです。だから、自分の身の丈に合ったプログラムを、完璧に競技会で滑ることを一度はやらないと、ムダに時間ばかり消費してしまうのでは!?あっ!?私個人の感想ですよ!!

     鈴木は出遅れてしまいましたが、2位との差は僅かですのでどうにでもなるでしょ!?浅田は、先日当ブログで彼女を賞賛する記事を書きましたが、あのステップはもう呆れるばかりです(笑)。唯一のレベル4だよ!っていうかレベル5ぐらいでしょ!?(笑)両選手ともにフリーは素晴らしいプログラムですので、「音楽表現はかくあるべし!!」ってことを全世界に向けて示して欲しいと思います。

     男子シングルは羽生が、
    「競技会としては最高の演技」をしました。素晴らしいです!!
     でも高橋も、
    「フィギュアスケートとしては最高の演技」をしたような気がします。イヤ、まだまだあんなモンじゃないだろっ!?ってのは判っていますがね。あのステップワークを見ると……、「おかしいだろっ!?」ってツッコミたくなりますな。

     先日私は当ブログで“ロゴージン”って表記しましたが、今後は“ロゴジン”にします。っていうか、今後ロゴジンを話題にすることがあるとも思えないのですが(笑)、やっぱ下手だわ。それから村上選手はお大事に。う~ん、最初に痛みを感じた時点でやめるべきだったのでは!?でも、あの気力は今後何らかの形で生きてくるかもしれませんね。全日本選手権に間に合うとイイですが。

     リッポンについては今井のように「身の丈に合っていないプログラムを滑っている」感じは無いのですが、どうしても上手くいかないですね。今度私のナイ頭でじっくり考えてみます。まあ、発表するかどうかは判りませんが……。というワケで、いい加減にしておきます。

    ベニテスって……、ほとんどネタだな

     ってなワケで、チェルシーの新監督はラファエル・ベニテスに決まりましたとさ(笑)。 バカじゃねえの!?と言ったところで仕方ないですが、ディ・マッテオ解任からベニテス就任の流れからすると、CL第5節以前から交渉してましたな。チェルシー・ファンの意見ってのをざぁ~っと調べてみましたが、あまり歓迎されているとは思えませんね。

     アシュリー・コールとかがベニテスの言うこと聞くとは思えないですけどね(笑)。
     っていうか、戦術がどうとか若返りがどうとか言うよりも、私はベニテスについてどうしても認めることができないことがあります。

     それは彼の絵姿ね!テレビカメラがベンチを捉えた時に映る監督の姿ってのは、案外重要な要素だと私は思っているんですよ。もちろんそれは、ピッチにいる選手達のやる気を喚起させるってこともありますし、クラブの人気面でも決してバカにできないと思っています。

     というワケで、ベニテスって見た目が全然よろしくない!!イヤ、不細工だとかそういうことが言いたいのではなくて、“全然絵にならない!!”って意味なんですがね。まあ、ネタとして“ダメだこりゃ!”って意味でなら面白いかもしれませんが、それじゃダメだろっ!?

     そういう意味で、昨季のケニー・ダルグリッシュが私にとっての“ダメだこりゃ!!”であって、私の中でベニテスは同じグループに属しています。トーレスの復活には適任だという意見もあるかもしれませんし、攻撃の中心選手であるマタもスペイン人だから……、とか言いたい人もいるでしょうが、そのぐらいしか言いようがないか!?

     まあ、ディ・マッテオは可哀想です。ここにきて躓いたとはいえ、“ニュー・チェルシー”を創り上げつつあったのですから。またアブラ様のゲームの餌食になってしまいましたな。というワケで、またもやプレミア優勝予想を翻したいと思います(笑)。全国15000人の(だからそれがカンに障るのよ!)チェルシー・ファンには申し訳ないですが、チェルシーの優勝はありません!!ベニテスで優勝できるわけナイでしょ!?CL無くなったから(一応まだ可能性は残ってるけど)リーグに集中できるんじゃ!?という意見もあるかと思いますが、ベニテスが監督ではそんなマージンはナイも同然でしょ!?じゃあ、この前シティの優勝は無いことにしたけど、やっぱりシティの優勝はあるの!?ってところですが、シティについての印象も変わってないなぁ~(笑)。っていうか、今シーズンのユナイテッドは、

    「優勝逃したらアホだろっ!?」

    って感じだと思いますがねぇ~。どんなモンでしょ!?

    NHK杯プレビューかも!?

     というワケで明日からフィギュアスケート・グランプリ・シリーズ最終戦となるNHK杯なのです。きっとこのオッサンは余計なことを書くんじゃないか!?と思われていそうですので、書いてみます。
     
     当然のように放送はNHKですので、こちらについては特に心配していません。BSを絡めれば全競技が“ニア・ライヴ”状態で観られるようです。まあきっと、ムダなふり返りとか、“今やらなくてもよくね!?”というサイド・ストーリー的なものは無いでしょうから、イライラせずに競技に集中できることでしょう。しかしながら、一つだけ心配事がありまして……、やっぱりアイスダンスの解説はあの人なんでしょうか!?調べてみましたが誰がやるのか見つかりませんね。え~と、あの人はねぇ~、しゃべりすぎなんですよ!!しかもその内容がほとんどネガティブ寄りなんですよね。いつも観ながら、「お前うるせ~よっ!!」とテレビの前でツッコムんですけどね……。

     ところで、アイスダンスと言えばデイビス/ホワイト組なんですが、以前もちょっと触れましたけど、ショートダンスの「ジゼル」は大変素晴らしいプログラムです。私は今季の浅田真央の「白鳥の湖」を、バレエを題材としたプログラムではベストだと書きましたが、こちらこそベストだ!!という人がいても全く不思議ではないです。うん、まあこの二つが飛び抜けているのかも……。

     最初は女子のエントリーにアリッサ・シズニーの名前がありまして、“ホントに出るのか!?”と怪しんでいたのですが、やっぱりナガスに変更されました。男子にアンドレイ・ロゴージン(カナダ)という選手がエントリーしていますが、この選手は一昨シーズンの世界ジュニアチャンプです。でも言っておきますが、この選手は全然好きではありません。あれから2シーズン経っているので今はどうか知りませんが、スケーティングは下手です。私の中では“フロック・チャンピオン”ですね。

     最終戦ですからファイナル出場者6人が決定します。女子は浅田と鈴木は大丈夫でしょう。きっと男子の高橋と羽生も余程のことが無い限り大丈夫だと思われます。ちなみにそうなると男子は6人中4人が日本人となり、これで誰かは間違いなく表彰台に乗ることが決定ですね(笑)。まあパトリック・チャンを追い落とすのは簡単ではなく、表彰台独占は難しいかもしれませんけど……。お~っと、NHK杯のプレビュー記事なんだから、ファイナルのことを話すのは早すぎだって!!

     ってなワケで、ムダなNHK杯プレビューでした。しかし役に立たないな!!(笑)

    ディ・マッテオ解任!!

     みなさん、こんにちは!!
     というワケで、全く予想外のニュースではないですが……、
    「チェルシー、ディ・マッテオ監督解任!!」

     まあCL第5節ユーヴェ戦に完敗して、グループリーグの自力突破が不可能になり、プレミアリーグもこのところ不振続き……、まあアブラ様にとってはディ・マッテオは正式に契約したとはいえ、暫定監督に毛が生えた程度のモノなんだろう!?と、私だけではなくみんな考えていたでしょうから、驚くにはあたりませんけど。

     で、まあ後任は後日発表されるらしいのですが、例によってベニテスの噂が(笑)。
     え~と、昨シーズンも噂に上った時には、チェルシー・サポーターから、
    「お前などいらない!!」って言われてたじゃん!?もちろん本命はグアルディオラなんでしょうが、ベニテス本人はイングランドでの監督復帰を希望しているんですよね。

     ベニテスはインテルという、オーナーが大金を投じてムダに選手を買い漁るという点で非常に共通点があるクラブで失敗しました(笑)。だから今度もどうせダメだろ!?と見るか、今回は学習が生かされるだろう!?と見るか。イヤ、どっちでもイイって!!

     しかしながら、これで連鎖反応的にシティのマンチーニ、パリSGのアンチェロッティもクビになるかもしれませんね!?だって、グアルディオラに対して誠意を見せないとね!!っていうか、どんな誠意の見せ方だよっ!?(笑)でも現にチェルシーは契約の残っている監督を切りましたからね。早い者勝ちってワケじゃないでしょうが、グアルディオラにとっても話を聞きやすい状況を一番乗りで作り出したワケ。

     もっとも、グアルディオラは今季いっぱいは監督業をやらないと明言していますので、別に“優位に立った”ってこともないかもしれませんが……。
     ちなみにベニテス招聘に失敗した場合は、アブラム・グラントの可能性もあるようです。なんだかなぁ~、どうでもイイや!!って感じ。これで私のチェルシー・ファン疑惑も完全に消滅しましたな(笑)。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック