FC2ブログ

    グランプリ・シリーズ・フランス大会男女シングルSP

     ってなワケで、ほとんど思いつきで書いてみます。もっとも熟考を重ねたところで、ほとんど内容は変わらないかもしれませんが……。

     女子からいきます。かなりネタ的要素も含まれていますので、あまり気にしないで下さい(笑)。と逃げを打ったところで……。エレナ・グレゴワ(エストニア)は誰も注目していないでしょうが、私的にはムダに笑ってしまったという意味でツボでした。あのショートは衣装がただの“バレエ・レッスン!?”って感じで、プログラムの冒頭もまさにそんな感じで、そのままいくのかと思いきや、後半はやたらハデに手脚を振り回すだけのドタバタぶりで、「何じゃそら!?」というプログラムでした。一体何がしたいのでしょうか!?

     ショートのトップはまたもやリプニツカヤだったのですが、あのジャンプの低さと滑りの荒さは私の心には響きませんな。もっとも彼女も、別に遙か彼方極東のギター弾きのオッサンの心を震わせようとはしてないでしょうが(笑)。タクタミシェワは明らかにオーバーウエイトなのでは!?っていうかね、この二人にはヨーロッパ的エレガンスが欠けていると思います。なんかねぇ~、悪い意味での“北米の選手”ってな感じに私の目には映ります。だから好きではありません。

     アシュリー・ワグナーはいつも通りです。いつも腕が“ピーン”と伸びていまして、そこにエレガンスはありません。まあ、ジョアニー・ロシェットのような路線に進んでいくのだと思われます。それはそれで競技会に勝つには一つの選択です。それに彼女は何と言っても“アメリカ国籍”という加点要素も持ってますからね(笑)。

     非常に辛口になりつつあるので、ここらで肯定的なことも書きましょう。コロベニコワは先日の当ブログでフリーの「白鳥の湖」についてツッコミを入れましたが、彼女にはヨーロッパ的エレガンスを感じますね。コーチがボルチコワであることからも同じ路線のようです。ただ、このタイプの選手は、ボルチコワや現在で言うとマカロワもそうなんですが、良い時は素晴らしいけど、根本的に信用が無いというか、競技会での成功率がねぇ~。アレですから(笑)。彼女がそうならないよう願っています。

     さて、男子です。ところで放送において中国選手の名前は普通に英語表記通りに呼べばよくね!?無理矢理漢字表記を日本語読みする意味は!?サッパリ判りませんな!!
     というワケで、ジョニーは結局間に合わなかったようです。何だかんだでアメリカの復帰した二人の大物は、“出る出る詐欺”で終わりました。もっとも、この二人は現在の競技会に戻ってきても、かなり苦戦を強いられると思いますが……。GOEアメリカ+も限界があるような気がします。

     アモディオは……、モロゾフの元を離れなさい。まだ22歳なんだからさ!!キチンと技術指導をしてくれるコーチについて、もっと技術を磨いた方が良いです。モロゾフは結局、“ハッタリ半分”で点数を稼ごうとするプログラムしかやらせないし、しかもそれもみんなに飽きられてきているし、良いこと無いじゃん!?このままじゃ。

     アボットは全然良い出来ではなかったですが、結果として1位になりました。優勝すればまだファイナル進出の可能性が残っています。もっとも、NHK杯で、高橋、羽生、フェルナンデスの3人が順位はどうあれ仲良く表彰台に乗ってしまうと、その時点でアウトですので可能性は低いですがね。でもフリーに期待しましょう。

     無良はジャンプがダイナミックです。あのアクセルは素晴らしかったですね!+2だったよ!彼がトップ選手の仲間入りするには何が必要か考えたんですが……、う~ん、まず経験だよな!?とか思ったんですが、日本人選手であるが故に、他の国の選手より国際大会に出られるチャンスが限られてるんですよね。困ったモンだよ、日本男子シングルは(笑)。

     最後に、ベルネルはもう終わったのですかぁ~!?あの特大の4回転と滑らかなスケーティングをまた観たいと思っている人は、決して私だけではないはずですが……。

    右肘の角度

     私の本職はギタリストですが、約1年前からベースも手に入れて、現在ではレコーディングでも弾いています。さて、ベースもギターもその奏法は似たようなモノですが、私はベースに関しては“指弾き”の音が好きですので、そちらについては不慣れということもあって、毎日ヒマがあればベースを弾いていた時期があります。クリエーターであれば大抵そうだと思うのですが、基本的に私は“凝り性”です。よってそれがベースに対しては完全なオーバー・ワークとなって顕れて、妙な肩痛に悩まされることに……。

     今考えてみると、最初はベースを弾く時とギターを弾く時では、右肘の角度が違っていました。ベースを始めた当初は、どうしてもキチンと弾かねばという意識がありましたので、ギターより高めにかまえていて、右肘の角度がギターを弾く時より小さくなっていたのです。で、まあ、この結果、右手の感覚が窮屈になって、それで肩にムダな力がかかってしまっていたのでは!?と考えています。それで現在は、ベースの位置をギターを弾く時と右肘の角度が同じぐらいになるようにまで下げて弾いています。そうしたら、肩痛は治まりました。

     さて、ギターを立って弾く時に、どのぐらいの位置が良いのか!?というのは、けっこう難しくて、意外と答えが見つかりにくいのです。ところで、普通の人は、ギターを練習する時には座って弾いています。この時には右肘の角度はかなり小さくなっているでしょ!?じゃあ、その角度を維持したまま、立って弾くとどうなるか!?ギターの位置がとんでもなく高くなってしまいます。お前は“端やん”(若い人には判らないか?)かよっ!?

     ギターの教則本には多くの場合、立って弾く時は「右肘の角度は90度ぐらい」と出ていると思います。確かにそのぐらいが、最も無理なく右手首や肘に力が入りやすいからです。とはいえ、個人差もあるでしょうね。ちなみに私はギターを始めた当初は、その90度ぐらいで弾いていましたが、上達するにつれ徐々にギターの位置が下がってきました。今では110度ぐらいかな!?実を言うと、座って弾く時も同じ角度を維持できるように、普通の椅子ではなく、スツールに座っています。スツールを1個持っていると便利ですよ!!

     冷静に考えてみると、座ったり立ったりすることによって、身体と楽器の位置関係が変わってしまう楽器って、ギターとベースだけなんですよ。気づいてましたぁ~!?その上、弦高やテンション、弦のゲージも変えられるという……、良い意味ではフレキシブルとも言えますが、悪い意味ではいい加減だな(笑)。歴史が短いということもありますが、これでは絶対的なメソッドなどなかなか確立できないですね。悩む人が多いのも当然ですわ!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    プレミアについてグダグダと

     このところサッカーについての記事が激減していますが、決してサッカーを観てないわけではないですよ!ってなワケで、ムダにゆる~くプレミアについてでも書いてみますかね!?

     ユナイテッドは早くもトップに立ってしまったわけですが、え~と、これはチェルシー戦、アーセナル戦が続いて自然とギアが上がったことと、チェルシー戦に関して言えば、判定に恵まれたこともあって、結果としてトップになってしまった感じです。前節のアストンビラ戦を観れば判る通り、勝負強さは相変わらずですが、依然デフェンスはなってませんな。しかしながら、今季は多分優勝は間違いないと思っています。CLも唯一の全勝クラブとして、早々に勝ち抜けが決定しました。他のプレミア三つのクラブがそれなりに苦労しているのとは対照的です。まあ内容は決して褒められたモノではないのですが……。しかし来週のCL第5節はメンバーを大幅に入れ換えてテストする余裕も出てきました。
     
     チェルシーは3位になってしまいましたが、ある意味理由が判りきっているって言うか、アザールが疲弊しているからだというのは、誰にでも判りますな。そろそろ休ませる頃ではないでしょうか!?マタに関してはユーロとオリンピックの両方に出場したことで、最初から休ませながら使っていますので、こちらの方はコンディションは上々です。それとランパードは現在負傷中ですが、中国から週給3000万円(!!)というオファーがあるそうですね。破格ですな!!行くべきでしょうな。最終的にはチェルシーがユナイテッドと優勝を争うでしょうね。でもさぁ~、ディ・マッテオも可哀想ですよね。何かって言うとグアルディオラの名前がチラつくのだから……。

     シティは……、スパーズ戦で最終的に逆転したのは底力とも言えますが、今季はユナイテッドのライバルにはなり得ないと思いますわ。ところでCLも最下位になる可能性って低くないと思われますが、これでEL出場権さえ逃したら、マンチーニは解任でしょうか!?何度か書いてますが、ギャラに見合う働きをしていない選手が多すぎる方が問題だと思うんですがね……。もう一度言っておきますが、シティの今季の優勝は無いでしょう。4位以内を逃すとも思えませんが……。

     アーセナルはねぇ~、困りましたな。しかもよりによって今週は“ノース・ロンドン・ダービー”ってことで、今週限定でスパーズは世界一強いフットボール・クラブになりますからね(笑)。ところでポドルスキは相変わらず途中交代させられますな。これはそろそろ世界記録になるんじゃない!?(笑)ただ、観ている限り、交代は当然だと言い切れないものの、「どうして代えるんだ?」と異を唱えたくなることもないんですよね。“肝心な時にはサッパリ”のウォルコットに頼らざるを得なくなってきているところが心配です。

     まあ、というワケで“ノース・ロンドン・ダービー”は今節最大の注目カードですね。終わります。

    天から降ってくる機会が増えたのは……

     ブログのアクセス・ランキングを見てみると、カテゴリ別で何人中何位か出るわけですが、その“何人中”の部分、つまり自分のカテゴリのランキング参加ブログ数が、私が当ブログを始めた頃の半分以下になっていますな。っていうか、夏に突然半分程度になって、このところまた徐々に減っていっている感じですね。規約違反で凍結になったブログが何十万もあるのですか!?まあ確かに、訪問履歴を辿ると、広告と他サイトへのリンクだらけというワケ判らないブログがいっぱい有りましたが、それらが凍結されたのでしょうか!?っていうか、他人からすれば、私のブログも“ワケ判らないブログ”だって可能性もありますが(笑)。

     さて、夏頃から再三制作中と言っていた新曲ですが、実はもう完成しています。当ブログを継続的に御覧になっている方は、ひょっとしたら「新曲はどうなってんのよ!?」と心配されたかもしれません。(しねぇ~よっ!!)自分的には完成したので、じゃあリリースしようかなと思ったんですが、私の活動に協力してくれている友人から“待った”がかかったのです。別にもったいつけてるわけじゃないのですが、っていうか、もったいつけてる余裕なんてないんですが……(笑)。

     まあ、要するに、それでなくとも知名度は無い、広告費が使えるわけでもない!!ということで、もっと長期的戦略を考えるべきなんじゃない!?というワケなのです。果たして私に、こうして毎日ブログをズラズラと書く以外に戦略があるかは怪しいところですが……。

     私としては、その協力してくれている友人の意見は重要視していますので、従うことにしました。ところで、じゃあとりあえず完成したから遊んでいてもイイのか!?ということはもちろんなくて(笑)、新たに新曲を創るよう命令されました。

    「お前がサボっているワケじゃないのを知ってるけど、放っておくと延々とアイデアをボツにし続けるから、俺がテーマを決めてやるから、それに沿って創るように!!」

    と言い渡されました。で、テーマも貰いました。それが何かはとりあえず秘密にしておきますが、実は2曲分のアイデアが降ってくるという、私にとっては奇跡的な出来事が起きました。実は私、これまでに生涯で完成させた曲数は年平均にすると2曲程度です(笑)。これをゴール数にたとえたら、“ゴール・キーパーの年平均ゴール数トップテン”に入れるかどうかも怪しいところです(笑)。そんな私が今年はこのまま行くと、“夢の二桁”の大台に乗せることができるかもしれません。もう私的には“ゴールデン・ブーツ”を獲得したにも等しいかもしれません!!

     まあしかし、こうして曲が“天から降ってくる”機会が爆発的(ってほどの数でもないだろっ!?)増えたのも、私のお馬鹿なブログに訪問してくれる方々から力を貰っているからだと常々思っております。みなさん、いつもありがとうございます!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    レスポールのネックが太いってのは誤解かもよ!?

     私はもう30年以上ギターを弾いていますが、その間、絶えることなくギター・キッズの話題になっていることがあります。それは「ネックの太さ」についてです。当ブログでもギターのネックについてこれまでいくつか書いてきましたが、それらの記事はアクセスも多いようです。私は基本的に、「ネックが太いとか細いとかいうことは、上達の決定的要因ではない!!」ということを書いてきました。しかしながら、“弾きやすいネック”、“上達しやすいネック”というのがあるのかも!?と考えてしまうのは理解できます。でもね、ちょっと考えれば判ることなんですが、“万人にとって弾きやすいネック・シェイプ”ってモノが仮にあるとするのなら、現代の技術を駆使してそういったモノが発見されて、ネック・シェイプがメーカーを問わず画一化しちゃっても良さそうじゃない!?でも相変わらず、ネック・シェイプは各メーカー、各モデルともまちまちです。これってつまり、万人にとって絶対的に“弾きやすいネック”というのは存在しないってことだと思われます。

     結局、“弾きやすいネック”ってのは人それぞれだってことですよ。だから、人に訊いて回ったって判りようがないのですから、とりあえず楽器屋に行っていろいろと試してみるか、そういうことに悩む間を惜しんでとりあえず手に入るモノで、ひたすら練習に明け暮れるか……。まあ、この二択しかないんですよ。“万人にとって弾きやすいネック”の存在ってのは、“天国はきっとある!”とかいう概念とそう変わらないモノだと私は思っています(笑)。

     という話を前置きとして(うわっ!?前置きだったのか!?)、私がずぅ~っと思っている、「レスポールのネックについての誤解」の話を書きます。しかしながら、逃げを打つわけではありませんが(打ってるんだけど)、これは私個人の感想です。

     “レスポールのネックは太い!!”と思っている人は多いと思います。で、結論として先に私の意見を言っておきますが、

    「国産のレスポールのコピー・モデルのネックは太い!!」

     私は現在ギブソン・レスポール・カスタムを2本所有しています。何度か当ブログでも触れましたが、この2本は製造年もほぼ同じ(1年違い)ですが、ネックの太さはかなり違います。私の印象では黒い方は“やや細め”で、白い方は“けっこう太め”です。ところで、私は国産のレスポール・コピー・モデル、バーニー、グレコ、トーカイ、ヤマハそれぞれ通算すると10本ぐらい、友人のモノや楽器屋で弾いたことがあります。但しこれは80年代から90年代の話であって、ここ10年ほどのモノは弾いたことがありません。だから10年以上前のモデル限定で考えて下さい。

     で、私が弾いたことがあるそれらのコピー・モデルは、全て私が持っている“白カスタム”よりもネックが太かったです。とあるバーニーのレスポールは信じられないぐらい太かったですよ。心が折れそうになるぐらい(笑)。で、ついでに言うと、本家ギブソンのレスポールも自分の以外で何本か弾いたことがあるのですが、最もネックが細いモノは私の“黒カスタム”よりもかなり細かったですし、私がこれまで弾いたことあるギブソンで、一番太いネックだったのは、実は自分の持っている“白カスタム”です(笑)。

     この夏に楽器屋で弾いてみた、例のリッチライト指板のカスタムは、私の黒カスタムとほぼ同じぐらいの太さでした。というワケで、「レスポールのネックが太い」とうのは、実は国産コピー・モデルによって確立された話なんじゃないかな!?と思っているのです。ただ、最近のコピー・モデルは弾いたことがないので、現在のモノは違うかもしれませんが……。ちょっと自信が無かったので今まで言えずにいました。ただ、国産コピー・モデルしか弾いたことない人は、ギブソンを弾いてみると“ネックが太い”という印象が変わるかもしれません。え~と、これは個人の感想ですからね。「このウソつき!!」と思われるかもしれないとビクビクしながらも書いてしまいました。そろそろ退場します。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック