FC2ブログ

    そして異星人はいなくなった!

     みなさん、こんにちは!!月初はヤケクソで記事を量産する鈴木です(笑)。同じように楽曲も量産できると良いのですが、私は多分“量産タイプ”のミュージシャンではありません。まあしかし、今週も私の守備範囲のスポーツイベントは盛りだくさんですので、書こうと思えばいくらでも書ける気がします。でも程々にしておこうとも思っています。イザという時のために、ネタをストックしておかないと、年末とかに苦しむことになりそうだからです(笑)。

     というワケで、オイッ!!マレーも負けちまったよ!!しかも相手のJerzy Janowiczって誰!?ランキングがキャリアハイ(生涯最高位)64位で現在69位!?スイマセン、私は彼について知りません。それどころか名前の発音さえできません(笑)。 

     ついでに錦織は棄権しました。残っているメンツからして“大チャンス!!”とか思ったのですが……。上手くいかないモノですね。

     これで遂に2年ぶりのマスターズ1000の地球人優勝が決定しました。まあ、上位陣にとっては、間隔無しで翌週からツアー・ファイナルってのはキツイですよね!?フェデラーもジョコヴィッチもいなくなって、マレーも、

    「うわっ!俺もこんなところで力使っている場合じゃない!!」
    と思ったからだったりして……。あれほどハードコートで勝ちまくっているフェデラーでさえ、パリは昨年が初優勝でしたからね。

     というワケで、ツアー・ファイナルの出場者が決定しました!既に決まっている6人に加えて順当にツォンガ、そして地味ながら安定感のあるティプサレヴィッチとなりました。え~と、テニス・ファンの大方の意見だと思われますが、ティプサレヴィッチはちょっとワクワク感が足りないかな!?ルックスのキャラが立っているのと奥様が美人なのは良いんですがねぇ~(笑)。

     パリ大会に話を戻しますが、ベスト8はツォンガとフェレールが潰し合いますので、ここがけっこうなポイントになるかもしれません。私はツォンガ優勝を予想しましたが、フェレールに勝つには勝ったが体力削られまくりで、準決勝でロドラ対クエリーの勝者にバカ打ちされて敗れる!!という展開が見えてきましたね(笑)。ってなワケで、今回一度も私が触れていない“あの人”が勝ちそうな気配になってきました。そうです、ベ……、え~と、書くのはヤメテおきましょう。
    スポンサーサイト



    ヘッドフォン・マニア

     世の中には数々の“マニア”の方々がおります。本日はヘッドフォン・マニアについてです。私は一応ミュージシャンですので、ヘッドフォン・マニアになってしまう人の気持ちというのはかなり理解できます。だって、“スピーカー・マニア”だったら(そういう人もいるんでしょうが)置き場に困って仕方ないじゃないですか。ゴメンナサイ、そういう問題でもないですね。

     実は私が働いていたコンビニのスタッフに、ヘッドフォン・マニアがおりました。どれぐらいヘッドフォンを持っているのかと訊ねたら、

    「え~と、多分、40個ぐらいだと思うんですけど……。」

     全然意味判りませんな!と言いたいところですが、う~ん、けっこう理解できたりして(笑)。ただ面白いのは、それら全てが高級品というわけでもないらしく、価格帯はかなり幅広いようです。安いモノでも“面白い音”のモノがあるらしく、けっこう見境無く買ってしまうそうです。

     ちなみに私は現在4機種のヘッドフォンを持っていますが、そのうちの3機種を彼も持っていました(笑)。加えて、壊れてしまいましたが、2年ぐらい前にインナーイヤー・タイプのそれなりに高級なヘッドフォンを買った時に、彼にそれを報告したところ、

    「店長、中々イイものを買いましたね!もちろん僕も持ってますよ!!」
    と言われました。だから私がここ約15年間で買った5機種のヘッドフォンのうち、彼は4機種を持っていたことになります。マニア恐るべし!!しかし考えるに、私の趣味も悪くないのかもしれませんな。マニアが所有しているのとカブってるワケですから。

     実を言うと、私にもっとお金の余裕があったならヘッドフォン・マニアも悪くないと考えています。けっこう音が違うんですよね。その違いを探ったりするのも楽しいかな!?スピーカーと違って置き場にもそんなに困らないし……。

     ところで、ウェブや雑誌のヘッドフォン・レビューについて、ちょっとだけ突っ込みたいところがあります。まあ聴いた印象を文章にするのって簡単なことではないのは判りますけどね。“元気な音”とか“明るい音”とかは、まあイイです。“艶のある音”ってのも人によって何を“艶っぽい”と思うかで随分違ってくる気がしますが(笑)、許しましょう! でも、いつも疑問に思う表現がありまして、しかもけっこう使われている気がしますが、

    「原音に忠実な音」

    って表現ね。原音に忠実って言うけど……、アンタ!?そのCDの制作現場にいたわけじゃあるまい!?どういう音がそのアーティストが狙っていた“原音”かは、そのアーティスト自身にしか判らないのでは!?これって言っちゃいけないことでしたか!?

    ギターもそうだけどいっぱい持っていても一度に一個しか使えないよね!?私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック