FC2ブログ

    フェレールはフォトセッションに間に合わなかったけど

     ってなワケで、ウワッ!?また連投かよっ!?ってことで、みなさんも、もうウンザリかもしれませんが……。

     パリは燃えているのかどうか!?ひょっとしたら決勝がフランス人同士という可能性があったのに、決勝に残ったのはフェレールとヤノヴィッチ(GAORAでこう発音していたようなので、これからはそうします)です。

     ヤノヴィッチ、長身203センチから打ち下ろされるサーブは230キロ超えてるんですよ!!そしてあのフォアハンド。凄い選手が出てきたかも!?現在21歳で、来年はトップ20は間違いなしだと思われますが、どんなモンでしょう!?

     ところで身長が2メートル前後のいわゆる“巨人族”は、テニス選手の場合は大抵怪我に悩まされることが多いのです。テニスはフットワークが重要なスポーツですので、長身選手は膝への負担がどうしても大きくなってしまうようです。というわけで、ヤノヴィッチの将来はこの怪我が心配なんですが、それよりも何よりも、私の当面の心配は、本日のフェレールとの対戦において身長が違いすぎて、テレビ画面で観ると違和感を覚えるだろうな!?ということです。きっと「遠近感がおかしい!!」とみなさん感じるんじゃないかと……(笑)。

     フェレールはこれに勝てば悲願のマスターズ初タイトルです!!ええ、明日から始まるツアー・ファイナルのフォトセッションに間に合わなくても(笑)、この眼前のタイトルが最優先です。ツアー・ファイナルのことを考えていたら、とっくに負けてロンドンに向かってますって!!というワケで、いついかなる時も手を抜かないフェレールにタイトルを獲って欲しいのですが、ヤノヴィッチは準決勝のシモン戦に勝った直後、泣いていました。ちょっと気持ちが揺らいでしまう私です。

     しかしながら、ツアー屈指のリターン巧者であるフェレールが、ヤノヴィッチのサーブをどう料理するのか!?ってのが注目です。フェレールはこのタイプをけっこう得意としていますからね。え~と、F1と時間が微妙に重なっているのが現在の私の最大の懸念事項ですが、明日から始まるツアー・ファイナルの前日の試合としては、ちょっと要注目ですね。

     ついでになっちゃいますが、本日ホームページが更新されています。どうぞよろしくお願いします!
    スポンサーサイト



    浅田真央

     みなさん、こんにちは!書くことが多すぎて困っている鈴木です。
     しかしながら、私がグダグダ書くことが世間のためになっているか!?ということを考えると、程々にしておいた方が良いかもしれません。ムダに記事が多すぎて、検索の果てに当ブログにおいで下さったのに、まったく的外れな記事だった!!ということが起きないようにするには……。

     というワケでグランプリシリーズ中国大会です。私はフィギュアスケートの記事を書くことがそれなりにありますが、女子シングルについて書く時って、大抵は否定的なことが多かったりします。でもね……、本日は言わせて下さい。

    「浅田真央は……、信じられないほど素晴らしいな!!」

     先日の当ブログで、「リプニツカヤは浅田真央の敵ではない」と書きましたが、全然別の競技ですよ、これは。浅田真央のステップにおいてのあのグ~ンと伸びてスピードが上がるスケーティングは、鳥肌モノです。何なんでしょ!?この人は!?異星人ですな(笑)。 しかも音楽との調和が非常に素晴らしい。演技構成が完全に“音楽ありき”になっています。バレエを題材としたフィギュアスケートのプログラムは、これまでも沢山ありましたが、これはベストかもしれません。売れないミュージシャンであり、バレエも好きな私が言っているのだから、ホンのちょっとだけ説得力があるでしょ!?……、ないか!?

     彼女のデビュー当時の「カルメン」を最初に観た時は、将来こんなに表現力に優れたスケーターになるとは想像もつきませんでした。当時からスケーティングとジャンプはずば抜けていたけれど、表現力は“学芸会”の域を出ていませんでしたからね。もうこれは、遠い昔の笑い話なのかもしれませんな。

     実際問題としては、スポーツのコンペティションですから、ジャンプのミスなどによる技術点の取りこぼしは、今後もある程度ついて回ることでしょう。その結果として、表彰台の中央に乗れないこともあることでしょう。でも、そんなこと、どうでもよくね!?
     スポーツ選手は結果が全てかもしれませんがね。
     彼女は、そんなこととは関係ない場所にいる気がします。
     
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック