FC2ブログ

    グランプリ・シリーズ・フランス大会男女シングルSP

     ってなワケで、ほとんど思いつきで書いてみます。もっとも熟考を重ねたところで、ほとんど内容は変わらないかもしれませんが……。

     女子からいきます。かなりネタ的要素も含まれていますので、あまり気にしないで下さい(笑)。と逃げを打ったところで……。エレナ・グレゴワ(エストニア)は誰も注目していないでしょうが、私的にはムダに笑ってしまったという意味でツボでした。あのショートは衣装がただの“バレエ・レッスン!?”って感じで、プログラムの冒頭もまさにそんな感じで、そのままいくのかと思いきや、後半はやたらハデに手脚を振り回すだけのドタバタぶりで、「何じゃそら!?」というプログラムでした。一体何がしたいのでしょうか!?

     ショートのトップはまたもやリプニツカヤだったのですが、あのジャンプの低さと滑りの荒さは私の心には響きませんな。もっとも彼女も、別に遙か彼方極東のギター弾きのオッサンの心を震わせようとはしてないでしょうが(笑)。タクタミシェワは明らかにオーバーウエイトなのでは!?っていうかね、この二人にはヨーロッパ的エレガンスが欠けていると思います。なんかねぇ~、悪い意味での“北米の選手”ってな感じに私の目には映ります。だから好きではありません。

     アシュリー・ワグナーはいつも通りです。いつも腕が“ピーン”と伸びていまして、そこにエレガンスはありません。まあ、ジョアニー・ロシェットのような路線に進んでいくのだと思われます。それはそれで競技会に勝つには一つの選択です。それに彼女は何と言っても“アメリカ国籍”という加点要素も持ってますからね(笑)。

     非常に辛口になりつつあるので、ここらで肯定的なことも書きましょう。コロベニコワは先日の当ブログでフリーの「白鳥の湖」についてツッコミを入れましたが、彼女にはヨーロッパ的エレガンスを感じますね。コーチがボルチコワであることからも同じ路線のようです。ただ、このタイプの選手は、ボルチコワや現在で言うとマカロワもそうなんですが、良い時は素晴らしいけど、根本的に信用が無いというか、競技会での成功率がねぇ~。アレですから(笑)。彼女がそうならないよう願っています。

     さて、男子です。ところで放送において中国選手の名前は普通に英語表記通りに呼べばよくね!?無理矢理漢字表記を日本語読みする意味は!?サッパリ判りませんな!!
     というワケで、ジョニーは結局間に合わなかったようです。何だかんだでアメリカの復帰した二人の大物は、“出る出る詐欺”で終わりました。もっとも、この二人は現在の競技会に戻ってきても、かなり苦戦を強いられると思いますが……。GOEアメリカ+も限界があるような気がします。

     アモディオは……、モロゾフの元を離れなさい。まだ22歳なんだからさ!!キチンと技術指導をしてくれるコーチについて、もっと技術を磨いた方が良いです。モロゾフは結局、“ハッタリ半分”で点数を稼ごうとするプログラムしかやらせないし、しかもそれもみんなに飽きられてきているし、良いこと無いじゃん!?このままじゃ。

     アボットは全然良い出来ではなかったですが、結果として1位になりました。優勝すればまだファイナル進出の可能性が残っています。もっとも、NHK杯で、高橋、羽生、フェルナンデスの3人が順位はどうあれ仲良く表彰台に乗ってしまうと、その時点でアウトですので可能性は低いですがね。でもフリーに期待しましょう。

     無良はジャンプがダイナミックです。あのアクセルは素晴らしかったですね!+2だったよ!彼がトップ選手の仲間入りするには何が必要か考えたんですが……、う~ん、まず経験だよな!?とか思ったんですが、日本人選手であるが故に、他の国の選手より国際大会に出られるチャンスが限られてるんですよね。困ったモンだよ、日本男子シングルは(笑)。

     最後に、ベルネルはもう終わったのですかぁ~!?あの特大の4回転と滑らかなスケーティングをまた観たいと思っている人は、決して私だけではないはずですが……。
    スポンサーサイト



    右肘の角度

     私の本職はギタリストですが、約1年前からベースも手に入れて、現在ではレコーディングでも弾いています。さて、ベースもギターもその奏法は似たようなモノですが、私はベースに関しては“指弾き”の音が好きですので、そちらについては不慣れということもあって、毎日ヒマがあればベースを弾いていた時期があります。クリエーターであれば大抵そうだと思うのですが、基本的に私は“凝り性”です。よってそれがベースに対しては完全なオーバー・ワークとなって顕れて、妙な肩痛に悩まされることに……。

     今考えてみると、最初はベースを弾く時とギターを弾く時では、右肘の角度が違っていました。ベースを始めた当初は、どうしてもキチンと弾かねばという意識がありましたので、ギターより高めにかまえていて、右肘の角度がギターを弾く時より小さくなっていたのです。で、まあ、この結果、右手の感覚が窮屈になって、それで肩にムダな力がかかってしまっていたのでは!?と考えています。それで現在は、ベースの位置をギターを弾く時と右肘の角度が同じぐらいになるようにまで下げて弾いています。そうしたら、肩痛は治まりました。

     さて、ギターを立って弾く時に、どのぐらいの位置が良いのか!?というのは、けっこう難しくて、意外と答えが見つかりにくいのです。ところで、普通の人は、ギターを練習する時には座って弾いています。この時には右肘の角度はかなり小さくなっているでしょ!?じゃあ、その角度を維持したまま、立って弾くとどうなるか!?ギターの位置がとんでもなく高くなってしまいます。お前は“端やん”(若い人には判らないか?)かよっ!?

     ギターの教則本には多くの場合、立って弾く時は「右肘の角度は90度ぐらい」と出ていると思います。確かにそのぐらいが、最も無理なく右手首や肘に力が入りやすいからです。とはいえ、個人差もあるでしょうね。ちなみに私はギターを始めた当初は、その90度ぐらいで弾いていましたが、上達するにつれ徐々にギターの位置が下がってきました。今では110度ぐらいかな!?実を言うと、座って弾く時も同じ角度を維持できるように、普通の椅子ではなく、スツールに座っています。スツールを1個持っていると便利ですよ!!

     冷静に考えてみると、座ったり立ったりすることによって、身体と楽器の位置関係が変わってしまう楽器って、ギターとベースだけなんですよ。気づいてましたぁ~!?その上、弦高やテンション、弦のゲージも変えられるという……、良い意味ではフレキシブルとも言えますが、悪い意味ではいい加減だな(笑)。歴史が短いということもありますが、これでは絶対的なメソッドなどなかなか確立できないですね。悩む人が多いのも当然ですわ!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック