FC2ブログ

    間違ってんじゃん!!!

     みなさん、こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます!!
     左側リンクで“無名でドフリーなミュージシャン”である私の楽曲が大絶賛発売中(笑)ですので、どうかこちらも宜しくお願いします!

     というワケで、別に大したことじゃないのですが、本日2度目の登場です。まあ、これで右側の“月別アーカイブ”の12月の本数が二桁になりますので、私としてはムダに気持ちが落ち着いたところです。で、今回は何を書くかと言いますと、単に自分のバカぶりを記録するためだったりします(笑)。バカなことをしでかした時には書いておかないとね!また繰り返すことになりますから……。

     で、私はここ数日、曲を創り直していてミックス・ダウンでハマリまくったとかヌカしてきました。最初はギターとベースを録り直すだけの予定だったのですが、結局最初にドラムの手直しから始めてしまって、ギター、ベースと進んで、またまたいろいろ気になり始めて歌まで録り直し始めてしまいました。

     歌は最初全然予定になかったのですが、何度もプレイ・バックしていると、ほんのちょっとのことが気になり始めます。まあ、そういうもんです。で、前回の記事で、“やることてんこ盛りでテンパリ気味”だったのは、予定になかった歌の録り直しを始めてしまったからだったということもあります。

     で、今朝になって昨日録り直した歌を聴いていました。そうしたら、

    「歌詞が間違ってんじゃん!!!!」

    という非常に重大なことに気づきました。昨日あれほどテンパリながら録ったというのに……。何故間違ったのか!?私は録音用に大きめのフォントで歌詞を印刷したものをファイルしてあります。で、それを見ながらというか歌詞を確認しながらレコーディングするワケですが……。昨日参照していた歌詞ってのが、その曲の最終ヴァージョンではなく、まだデモ録りをしていたころの歌詞だったのです。何の疑問も感じないで、そちらを見ながら歌っていましたとさ!!っていうか、もうボツになったヴァージョンの歌詞ファイルなんて捨てちゃえよっ!!って感じですか!?

     ってなワケで、また録り直しです。アホですな……。というワケで、自分のバカぶりをキチンと記録しておきます。ベニテスのことバカにしてる場合じゃねえな。またムダに頑張ります!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    グランプリ・ファイナル 男女シングルのムダなプレビュー

     みなさん、こんにちは!!イヤァ~、本日は、っていうかいつも言ってるような気がしますが、やることがてんこ盛りでややテンパリ気味だったのですが、ちょっと休憩しようと思い、いつも訪れるブロガーさんのブログを訪問したところ、私、それまで気が張り詰めていたこともあってか大爆笑してしまいました。だって、

    「そのオバちゃんが歌っていました!」とか、
    「10年使えばタダじゃん!!」とか、面白過ぎだろっ!?
     スイマセンね、ほとんどの人は何のことやら判らないでしょうね。
     イヤァ~、自分でもブログをやってなかったら、これらの記事に出会うことは無かったワケで、ブログをやっていて良かったと心から思いました。そして、いつも私に力を下さるブロガーさん達に、ありがとう!!と感謝の念を込めて書いておきます。

     ってなワケで、ムダなプレビューの時間です(笑)。
     え~と、例によって根拠や信憑性はあまりありません。
     ただ、私が書きたいことを書くだけであります。(敬礼!!)

     まず女子シングルです。まあ、いつも言っているように浅田真央のスケーターとしての実力はダントツです。もうその技術は好みとかを超えたところにあります。ですから、普通にいけば浅田真央が金メダルだろうと思うのですが……、そう上手くはいかないんでしょうな!?アメリカやカナダでの北米の大会ではないですから、アシュリー・ワグナーの「GOEアメリカ+」もそれほどではないかもしれませんが、何かねぇ~、ワグナーが勝ちそうですな。ワグナーを私があまり認めていない理由なんですが、彼女は、
    「これをやらせたら一番!!」
    っていうところを持っていないからなのです。スケーティングにしろジャンプにしろ、プログラムや身体の所作、ついでにルックスにしろ(笑)、全てがそれなりに上手なんですね。まあとりわけ欠点が無いのですが、そのかわり誰もが認めるようなズバ抜けた長所も無いんです。それがツマランのです。まあ“失敗しないこと”が競技会で勝つ秘訣だと言われてしまえばそれまでですが。浅田真央のスケーティングや、鈴木明子の圧倒的な音感の良さみたいなものを、一つでも持っていればチャンピオンになっても認めるのですが……。女子はそんな感じです。

     男子は昨シーズンまでのように、
    「どうせパトリックが勝つんでしょ!?」
    とまでは言えませんね。開催地が北米でもありませんし……。とはいえ、今季さらにスピードが増したパトリック・チャンが最有力であることは変わりないかな!?ちなみに一部のファンは、チャンが身体が硬くて、背中を上手く使えないことを「ラジオ体操のようだ」と言ってケナしたりしますな。まあ、言いたいことは判るんですが、あのワンストロークで伸びるスケーティングはやっぱり脅威ですし、今季のプログラムに関しては非常に表現力を磨くことに重きを置いています。まあ一度じっくり、彼が滑っている時に背景が異常に早く動くのを見てみるとイイかも!?“スピードがあること”は採点上で非常に評価されるところなのですな。ルールにも再三明記されているのです。

     迎え撃つ日本男子では、羽生が一番チャンに勝てる可能性が高いかもしれません。何故なら今季のジャッジは羽生を“旬”だと認めているような気がするからです。え~とこれは、まあ私の推測というか感想なんですが、毎シーズン、ジャッジにとって“旬”である選手が存在しているように思われます。「今季のあの選手は何故か点が出るよね!!」って選手がいて、今季はそれが羽生なんだと私は勝手に理解しています。

     もっとも、本来の実力でチャンに勝てる選手は、高橋をおいて他にはいませんが。
     というワケで、ただのオッサンの戯れ言、終わります。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2012/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック