FC2ブログ

    ランパードは何処へ!?

     みなさん、こんにちは!年末年始も全く関係なく稼働している当ブログですが、いかがお過ごしでしょうか!?

     さて、ランパードの去就問題なんですが、年があけましたんで騒がしくなってきましたね。クラブW杯から帰ってきたチェルシーにあって、俄然輝きを取り戻した感のあるランパードですが……、ってな感じで書き出そうと昨夜思っておりましたが、まさかQPRに負けるとは、ランパード先発してるし……。

     まあ、それは置いておいてランパードには二つのイタリアのビッグ・クラブ、ラツィオとインテルが興味を示しているみたいで、既にランパードの代理人はいずれのクラブともコンタクトを取ったと報じられています。ちなみにラツィオは年俸250万ユーロの3年契約を提示したとされています。インテルの方はまだ報じられていませんが、代理人が年俸約700万ユーロを要求したという話があって、インテルはその半分ぐらいで話をまとめたいようです。

     さて、全盛時のランパードであったら年俸1000万ユーロぐらいふっかけても、全然おかしくない話だったと思いますが、現在のランパードの適正価格は、じゃあ一体いくらぐらいなのでしょう!?ってところですね。ビッグ・クラブは少なくとも年間50試合、カップ戦を勝ち進むと60試合を超える公式戦を戦います。そこで現在のランパードが何試合ぐらいかつての“トップ・フォーム”に近い状態で試合に出られるのか!?これは完全に私見ですが、20試合ぐらいなんじゃないかな!?と思います。

     もちろんランパードの場合、単に試合に出場するだけでなく、これまでの豊富な経験を何らかの形にしてクラブに貢献することもできるでしょう。あと人気面でも貢献できるかもしれません。このへんも考慮が必要ですね。

     ってなワケで、アホなギター弾きのオッサンとしては、ラツィオの提示額は年俸はちょっと低いけど、3年契約ということを考えると悪くないと思います。ランパードの代理人はいくらなんでもふっかけ過ぎでしょうに!?もっとも、ふっかけておいてインテルと交渉に入って、最終的に年俸400万ユーロの1年契約とかを狙っているのかもしれません。こうなれば双方にとって“得した気分”になれるって寸法か!?

     中国に移籍して年俸15億円って話も少し前にありましたが、こちらは興味がないみたいですね、このところの話の流れからすると。まあ、まだヨーロッパのトップリーグで続けたいという気持ちがあるのでしょう。イタリアはイングランドより戦術が進んでいると言われていますがスピードに関してはイングランドほどではない。ランパードはアタマが良い選手ですので、以前より落ちてしまった運動量を上手くカバーできてイタリアには非常にマッチするかもしれません。

     あとリヴァプールがチェルシーのスタリッジを獲得しました。これでスアレスも少しは休めるのでしょうか(笑)。スアレスは世界最高クラスのストライカーですが、あまりにも馬車馬のように働かされすぎですよ。良かったね!スアレス!と今回はなるべくユナイテッド・ファンである立場と関係なく書いてみました。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック