FC2ブログ

    選手の方が高給であるべきだと思う

     みなさん、こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます。左側リンクの私の楽曲をどうぞ宜しくお願いします。このところ言うの忘れてたわ(笑)。

     というワケで、本日もいつものようにゆるりとムダにいきたいと思いますが、クルム伊達が3回戦に進出しましたな。スゲ~よなとか思うのですが、試合を観ているとですね……、
    「伊達が勝つの当然じゃん!?だって伊達の方が上手いじゃん!?」
    って感じで、ある意味女子テニスは大丈夫なのか!?って気もします。まあ伊達の場合はプレイ時間で80分ぐらいまでに相手に勝ちきれるか!?ってことだけなんですな。

     さて、グアルディオラの話題で持ちきりという感じのサッカー界ですが、その年俸は
    1700万ユーロ(約20億4000万円)だそうです。この額はグアルディオラに対するオファーの最高額ではなかったってことですので、チェルシーやシティは30億ぐらいのオファーを出したのかもしれませんな。

     この金額が妥当かどうかなんて、無名のミュージシャンの私には理解しかねるところなんですが、ちょっと気になることがあります。それは、この金額はメッシより上なんだってさ!!イヤ、そもそも監督と選手では仕事の性質が違うので較べても仕方ないじゃん!?って考える人もいるでしょうが、私はそうは思わないんですよ。

     結局のところ、私達の感性を“直接的に”刺激してくれるのは選手のスーパー・プレイじゃないの!?もちろん、“監督の采配にしびれる!!”って見方もアリですがね。でも普通に考えたら、サッカー少年達の部屋にはメッシのポスターが貼ってあるだろっ!?決してベンチにいるスーツ姿のグアルディオラのポスターを貼っている少年はいないだろっ!?(笑)

     ということから考えて、熟考の末とはとても言えない流れでしたが(笑)、私はサッカー界で最高の給料を貰うのは選手の誰かであって欲しいと考えています。監督がいくら戦術を練ろうが、それをピッチの上で具現化できるかは選手達にかかっているワケじゃん!?監督がゲームに勝利した後の会見で、
    「選手達のおかげ!!」
    って言うことも多いでしょ!?これって謙遜もあるかもしれないけど概ね事実でしょ!?

     ちなみにアンチェロッティがメッシとほぼ同額の年俸だそうです。堅実というか“シブチン”なイメージさえあったバイエルンが、グアルディオラにこの金額を提示したのは驚きだったのですが、「世界最高給の監督」というステイタスも誠意だろうと考えたのかもしれませんね。っていうか、アンチェロッティは貰いすぎだろうに(笑)。

     ついでになっちゃいますが、サウサンプトンのナイジェル・アドキンス監督が解任されました。私的にはかなりビックリなニュースです。だってこのところサウサンプトンは調子が良かったじゃん!?っていうかアドキンスの知性溢れる絵姿には好感を持っていました。どうしてこのタイミングなんでしょう!?っていうか、サウサンプトンは残留できるだろうと思っていましたが、このせいで不安になってきた私であります。またね。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック