FC2ブログ

    ベスト4の展望なんてとてもとてもおこがましい

     ってなワケで、連日テニスのネタばっかりだね!?専門家でもないんだからいい加減にしておけよっ!!って感じのドフリー・ミュージシャンの鈴木浩憲です。

    “シャルディ・クオリティ”はまさにそのまんまだったと言うか、マレーが盤石過ぎたと言うか……、何の破綻も見せずにマレーは完勝しました。マレーは昼間の試合ばっかりで、何となく見ている方も勝手に“今大会は地味ね”とか思ったりしますが、全然それは勘違いであって、むしろ完勝続きだから目立っていないだけですな。

     フェデラーはラオニッチ戦がウソのように調子が悪く、っていうかツォンガも特別調子が良いわけでもなく、スコア的には大接戦でしたが同時にグダグダ感も帯びているという、このカードの割には面白くない試合だった気がします。最終的には経験値で何とかフェデラーが勝ちを拾ったという感じ。まあ、タイブレークを二つとも獲れたのが全てかな!?
     
     実際のところ、ツォンガ戦のフェデラーの調子では、マレーに勝てるわけないでしょう!?マレーはグランドスラムの大舞台では未だにフェデラーに勝ったことが無いのですが、今回は準決勝だし、既にマレーは昨年の全米でグランドスラムを獲ったワケで、これまでの二人の立場も違ってきていますから、マレー有利でしょうね。もっとも、フェデラーもまたマレー戦ではいきなり調子を上げるという展開も考えられますが……。ただ、現状ではフェデラーが絶好調じゃないとマレーには勝てないかな!?という気がします。う~ん、現状ではマレー押しの私です。

     当ブログではフェレールについてポジティブなことを書くことが多いですが、さすがにジョコヴィッチ戦についてはどうかなぁ~!?対戦成績はジョコヴィッチの9勝5敗と意外とフェレール勝ってるのね!?って感じなんですが、グランドスラムではジョコヴィッチの全勝です。(全豪と全米で2勝づつ)フェレールが素晴らしい選手なのは間違いないのですが、その持ち味が守備力を背景とした安定感であり、他の最強地球人、デル・ポトロ、ベルディヒ、ツォンガ達のような爆発力には欠けるので、どうしても“異星人を破るかも!?”というドキドキ感はありません。きっと、ポイント毎のプレーは非常に競った感じになるけれど、気づいてみるとスコア的にはジョコヴィッチが圧倒している!!といった展開になってしまう気がします。まあそれでもフェレールがどこまでジョコヴィッチの体力を削るか!?ってのが案外決勝戦のポイントにもなるかもしれません。一人のバカテニス・ファンとしては、マレー対フェレールの決勝なんてのも非常に新鮮で観たい気もしますが……、っていうか、これって昨年の全米の時も書いた気がしますわ(笑)。またね。  
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック