FC2ブログ

    Gibson SONEX

     突然思い出したのだ。
     ギブソンのSONEX(ソネックス)ってギターを。
     今日はこのギブソンの幻のギター(笑)についてグダグダ書くことにします。どんなギターか興味のある方は「Gibson SONEX」とかで検索をしてみて頂けると、画像が直ぐに見つかるはずです。

     さて、このギターは製造が1980~1983年ってことで、私が高校生だった頃に発売されました。パッと見は“レスポール”です。で、どういう位置づけかと言いますと、廉価ギターなんですよ。当時のアメリカでは「プアマンズ・レスポール」と呼ばれていたりしたとか(笑)。

     このギターは日本にも入ってきていまして、その発売当時はギター雑誌にかなり大々的にカラー広告が載っていました。その広告の何が最も目を引いたかというと……、その価格でした。当時はレスポール・スタンダードが35万円ぐらいしました。それが言ってみればギター・キッズ達にとっての普通の“ギブソンの値段”だったのですが、そのパッと見レスポールのお値段は……、ゴメンナサイ、……、え~と、はっきり思い出せないんですよ。“最も目を引いた”とか言っておいてこれかよ!?(笑) 10万円台だったのは間違いないんですが……、18万だったような気がするし、12万ぐらいだったような気もするし……、まあとにかく、

    「えっ!?ギブソンがこの値段なの!?」

    と私を含めた世の中のギター弾きが衝撃を受けるような値段だったことは確かです。もっともネックジョイントがボルト・オンというギブソンらしからぬ仕様だったりして、いかにも“安かろう”って雰囲気に満ちていましたが。
     そして予想通りというか何というか、製造が約3年で打ち切られたことでも判るとおり、売れませんでした。私も現物を一度か二度見たことがありますが、遠目に見るとスゲ~カッコイイ感じなんですが、近くで見るとやっぱり安物感がアリアリでして、ギブソンだからと言ってドキドキ感があるわけでもなかったですな。

     ちなみにボディ材なんですが、本来は廃材になってしまうような木材を樹脂でつなぎ合わせるというモノだったようです。まあ低コストを目指したんでしょうな。でも考えように因っては、1本ごとに組み合わさる木材が違ってくるでしょうから、全てが“一点モノ”かもね!?(笑)。

     ところで、このギターはカタログもそうですし、ギター本体にも“レスポール”という名前は付いていません。まあ、レス・ポール氏が、
    「こんなチープなギターに俺の名を使うのは許さんっ!!」と言ったのか、
    ギブソン社が、
    「せっかく低コスト化をはかったのに、あのオッサンにロイヤリティを取られたのではかなわない!!」と思ったのか定かではありません。案外、両者の思惑が見事に合致していたりして。でも、当時の楽器屋の雑誌広告では、
    「ギブソン・レスポール・ソネックス」
    って載せている店もあったという記憶があります。そのせいだと思いますが、私自身もレスポール・シリーズのひとつだったとず~っと思っていました。レスポールという名前がどこにも無いのは、最近調べて知ったんですわ。

     ちなみに、当ブログでも何度か触れている“レスポール大名鑑”にはSONEXの記述は一切ありません。もっともギブソン社はSONEXを“無かったこと”にしたくて、著者に対して、
    「ぜってぇ~SONEXのことは書くんじゃねぇぞっ!!」
    と含みを入れていたのかもしれません(笑)。まあ、マイクロソフトにおけるWindows Meみたいなモンか!?興味がある方は調べてみて下さい。見た目はカッコイイですよ!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    欧州選手権についての雑談

     みなさん、こんにちは!!やっと欧州選手権を観終わりました。でも全米選手権が残っています(笑)。とはいえ、まだシングルしか放送されてないワケですが。っていうか、“遅えよっ!!”って感じですね。だから感想とか書くのはヤメようかな!?とか思ったんですが、けっこう前から、「月末はフィギュアのネタを書けば更新がクリアできるな!?」とか考えていましたので、やっぱり書くことにします。でもオッサンのタダの戯れ言だということを、常に念頭に置いておいて下さい。

     ハビエル・フェルナンデスは圧巻でした!!もう言葉もありません!!素晴らしいの一言に尽きます!!って、言葉も無いって言ったじゃん!?(笑)2位のアモディオ、3位のブレジナはともに久しぶりに良い出来だったねぇ~!!という感じで、表彰台の3人とも非常に嬉しそうでとても良い雰囲気でした。大抵2位か3位の選手のどちらかが微妙に悔しさを抑えた作り笑いだったりすることが多いのですが(笑)、フェルナンデスは言うに及ばず、アモディオは久々のクリーンなスケーティングができたこと、ブレジナは初の表彰台ってことで、それぞれがイイ表情でした。しかしブレジナが欧州で初表彰台ってとても意外ですね。私は気づいていませんでした。

     加えて、ブライアン・ジュベールが偉大な選手であることを示せたことも喜ばしいことです。ところで、余計なことですが、フランスの3番手であるベセリエ選手は、フランスの選手とは思えませんな。フランス人はジャネット、ダンビエール、プレオベール、ポンセロなど、何かしら良いところがあるよね!?というイメージが個人的にはあるのですが、ベセリエはまるでイイところが無いですね。強いて言えば顔がベンゼマ(レアル・マドリー)に似てるぐらいだな(笑)。

     しかしながら、アモディオ・ファンの喜びに水を差すことになっちゃいますが、やっぱりアモディオは“惜しいっ!?”って感じが拭えません。何というか表現に「奥行きが無い」感じと言いましょうか!?いつも“もっと良くなるはずなのに”って思います。誤解を恐れず、判る人だけに判ってもらえればイイやと思いつつ書きますが、アモディオとジェレミー・アボット(アメリカ)は対極の存在ですな。えっ!?全然判らない!?気にするな!!きっと私自身も判ってない!!(笑)

     さて、いい加減にしておけばいいモノを、懲りずに続けますが、ロシア協会はどうするのでしょう!?昨年の世界選手権のガチンスキーの大ブレーキから始まった負の連鎖が止まらない感じです。オリンピックのために世界選手権では何としても2枠獲得の10位以内をゲットしなければなりません。コフトゥンを派遣するのか!?それともコフトゥンは世界ジュニアってことにして、ロシア選手権優勝したからやっぱりプルシェンコね!!ってことにするのか。それよりもプルシェンコは世界選手権までにコンディションが戻るのか!?ってこともありますね。ってなワケで、雑談終わります。 
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック