FC2ブログ

    三角ネックは……

     みんさん、こんにちは!“虚勢を張り続ける日々”の鈴木です(笑)。私、無名ミュージシャンですので、どうかそこんとこ宜しく!!

     ってなワケで、ギター・キッズの方々は相変わらずギターのネックが太いの細いの悩んでいるようです。基本的に私は、「そんなことで悩んでもあんまり意味はないよ!!」ってスタンスで、当ブログに何度かお越し頂いた方なら判っているかもしれません。で、今朝起きたらその意見が変わっていた!なんてことはありませんし、今後その予定もありませんが、今回はムダにネックの形状についての個人的意見を書き連ねてみたいと思います。

     私が一番しっくりくるのは、いわゆるカマボコ型ってヤツで、世間ではUシェイプと言われているモノです。まあ、多分この形がもっとも一般的に採用されているモノだと思われますが、薄いモノや分厚いモノと様々あって、一口にUシェイプと言っても握った感触に個体差があるかもしれません。薄いタイプはフィンガリングがやりやすく速弾きに向いていると言われているようです。ただ私自身の感覚ですと、コードの時に力が入りにくくて、疲れやすい気がします。まあ、私の場合、超速弾きとかやらないし、薄いタイプはなんとなく落ち着かない感じになってしまいます。

     非対称ネックという、ネックの山の頂点が1弦側にずれているタイプもあります。一般的には手首に負担がかかりにくいと言われていますが、う~ん、私はこのシェイプにメリットが見いだせません。“別に”って感じです。もっとも、非常に造りの良いモノを長期間所有したりすれば、その恩恵を感じることができるのかもしれません。

     そしてVシェイプ。三角ネックとか呼ばれるタイプがあります。アコースティック・ギターだとけっこうありますが、エレキだとほとんどストラトにしかないかな!?え~と、私はこれが全然ダメです。握った感触が細く感じるので好き!って人もいるのでしょうが。っていうか、実を言うとこのVシェイプのネックを見るとですねぇ~……、私はどうしても“青竹踏み”をしたくなっちゃうんですよ(笑)。なんか、ギターを裏返してあのネックを踏みつけたら、スゲ~気持ち良いような気がしません!?っていうか、もの凄く罰当たりな発言ですね。でも、ホントはそう思っている人もいるんじゃない!?(いねぇ~よっ!!)そういうワケで、Vシェイプは弾くよりも踏みそうになるので、私は持っていません。っていうか、世間は私にVシェイプ・ネックのギターを持つことを禁じるべきですな。バカ言ってスイマセンね。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    ダメそうな日こそ何かやってみると得した気分

     みなさん、こんにちは!“マジどうにもなんねえぞ!”とか思っている鈴木です。思っているのならどうにかせねばなりませんな。ってなワケで、左側リンクの私の楽曲を宜しくお願いします。

     前回の記事は……、う~ん、伝えたいことが書けていませんよ。もっとぶっちゃけて書けば良かったかなぁ~!?イイワケしますと、前日の夜あまり眠れませんで、非常にアタマが重たかったんですよ。そんな時に、難しい記事を書いてしまったワケです。アタマが冴えている時に上手く書けそうだったら、またいつかトライするかもしれません。

     さて、アタマがそんな状態だったのに、私は新曲の制作を始めてしまいました。ホームページの制作を手伝ってくれている友人が課題を出してくれて、それに応えるべく創った曲です。随分前からアウトラインはできあがっていたのですが、どうにもはっきりとした音像が浮かびませんで、DAWによる実際の制作にはまだ入っていませんでした。ギターを弾いている時にアイデアを確かめるために歌っていたりはしたのですが……。

     で、まあ私がMであることと関係あるような気がしますが(笑)、こういういかにもダメそうな日に半ばヤケクソで無理して制作に取りかかってみることがあります。まあ、逆転の発想のようなモノでして、どうせダメな日なんだから、ちょっとでも何かできれば儲け!!みたいな感じなのですな。

     で、実を言うとちょっとだけ音像が見えてきました。ドラムをラフに打ち込んでみたら、ベース・ラインが浮かんでしまいました。もちろん、完成にはまだまだほど遠く、相変わらず全貌は見えてきませんが、何かイケそうな感じになってきました。うん、無理してやってみるモノです。私もまだまだ捨てたモノでもナイかもしれません。もっとも、発表する機会が無いかもしれませんが(笑)。

     でも、ちょっとだけ良い気分になれました。ムダな一日になりそうなところを何とか回避できましたな。きっとこれは訪問者のみなさまが私に力をくださったのだと思います。イヤ、ホントに思ってますよ!マジで!!

     ってなワケで、ついでですがCLでアーセナル負けましたな。まあ予想していたこととはいえ、かなり残念です。サポーターからは“ベンゲル解任”の声が挙がっていますが、私としては、
    「バカ言ってんじゃねぇ~よっ!!」って感じです。ベンゲルよりも優秀な指導者なんていないだろっ!?またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    ヴィブラートについて思うこと

     みなさん、こんにちは!“どうにかなんないかな!?ホントに”とか思っている鈴木です。まあ、思っているだけじゃダメでしょうが。

     さて、前回は突然ドラマのことなどを書いてしまいましたが、今回は本筋に戻してみましょうか。ギターのヴィブラートについてちょっと書いてみます。

    「ヴィブラートは難しい!!」
    って思っている人はけっこう多いみたいです。どうしてそうなっちゃうのか!?ってことについて考えてみたいと思います。まず、単純に“技術的に音を揺らすのが難しい”ということがあるようです。まあね、ヴィブラートも技術の一つだと考えればそうなるかもしれません。でも私はそちらよりももっと問題なことがあると思っています。

     以前もちょっと当ブログで書きましたが、ヴィブラートについて、
    「ヴィブラートがかかっている=上手い」
    という誤解があると思っています。もちろん、みんながみんなそう思っているとは言い切れませんが、ヴィブラートは決してそれ自体が“素晴らしい表現”ということではなく“表現の一つの手段”でしかないということを理解している人が少ないような気がします。

     つまり、たとえばロングトーンだからって、何でもかんでもヴィブラートをかければ良い表現になるとは限らない!ってことです。その時に表現すべきことが何なのか!?ということが、まず第一に考えられるべきなのです。“ヴィブラートが難しい”と言われてしまうのは、その技術がどうこうではなくて、むしろヴィブラートをかけると表現が素晴らしくなる場面に対する理解不足の方が大きいのだと私は思っています。

     自分のヴィブラートがイマイチだと思った時。そういう時は、それが単にヴィブラートの技術が足りないせいなのか、ヴィブラートの種類が違うのか、それとも、実は表現としてそこにヴィブラートが本当に必要なのかどうか!?もっと考えるべきじゃん!?って感じなんですよ。

     しかしながら、“ヴィブラートをかけるべき時とそうでない時”や“適正な種類のヴィブラート”をどうやって学ぶのだ? って話もあります。実を言うと……、これって多分、決定的な方法なんてありません(笑)。イイ音楽をできるだけ聴くとか、良い映画をたくさん観るとか、良い本を読むとかそういったことが“素晴らしい表現”を理解することに繋がり、それが“適正なヴィブラート”を生み出すようになるんじゃないかな!?とか非常に曖昧で無責任な感じでありますが、弦高バカ高ギタリスト鈴木は思っています。う~ん、私の文章力が足りないせいで、私の言いたいことが理解できない可能性は大ですね。ゴメンナサイ。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    どうでも良いことを嘆く昨今

     みなさん、こんにちは!!“どうなるかサッパリ判らない”鈴木です。あれっ!?これってシリーズ化したのか!?まあそれよりも、左側リンクの私の楽曲が販売されているサイトの方に、気が向いたら訪れて見て下さい!!

     さて、困りましたな。
     非常に残念ですよ。えっ!?何がって!?
     そりゃ、アンタ、AXNミステリー・チャンネルで毎週放送されていた“バーナビー警部”が終わっちゃったんですよ(笑)。いつもムダに楽しみにしていたのに……。おかげさまでギターの基礎練習のツラさから開放されていたのに……。バーナビーの妻、ジョイスの素っ頓狂のようでいて実は的を射た発言が面白かったのに……。英国クオリティとしては美女扱いだけど、舞台がアメリカやフランスだったらきっとそうはならないであろう(とはいえ、ルックスより演技力が英国では重視されるから仕方ないか)、スティーヴンス刑事も好きだったのに……、ジョーンズのすっとぼけた感じもけっこう好きだったのに……。ってな感じで、私には相変わらずイイことがありませんね。ちなみに私は最初の方は観ていませんで、第30話ぐらいからしか観ていません。

     実を言いますと“女警部ジュリー・レスコー”もけっこう好きでして、めでたくまた第1話から始まったんですな。こちらも最初の方は観ていませんでしたので、ちょっとラッキーですね。“バーナビー警部”もそのうち1話からまたやるでしょうか!?ぜひやって欲しいモノです。で、期待してると“ロンドン警視庁犯罪ファイル”がまた始まったりして……(笑)。そういえば来月“REX9”が放送されますね。7と8が酷い代物でしたので、こちらに期待しましょう。何故か舞台がイタリアに変わっているらしいので、ちょっと楽しみです。

     っていうか、なんで突然ドラマの話なんだよ!?って感じですね。
     イイじゃありませんか、タマには。
     まあ、そのぐらい残念だったんですよ。
     でも“華麗なるペテン師たち”があるから、ちょっとだけ安心です。 

     とか言ってるようでは、私の将来も不安がいっぱいですね。
     でも、意外とこういうところに、創作の源が隠れていたりするんですよ!!
     多分……。またね。

    あまり変わらないかもね

     みんさん、こんにちは!“どうにもなんないんじゃね!?”とか思っている鈴木です。いつもご訪問ありがとうございます。左側リンクの私の楽曲を宜しくお願いします。“どうにかなる”かもしれませんな。

     さて、本日もムダさ全開でいきたいと思いますが、インターネットのおかげで最近はちょっとした調べ物が簡単にできてイイですね。今さら何言ってんのよ!?このオッサン!って感じですが、私はこれでも当ブログの記事を書く時に、自分の書く情報が間違っていないか!?ということを確かめるために、それなりにインターネットで下調べをすることがあります。まあ、完全なる個人的意見を書く時は下調べも何もナイですが……。でも、自信があることになっている(笑)、ギター関係のことを書く時でも調べる時はあります。
     
     で、そういう調べ物をしている時に、ついつい脱線して関係ない記事を読んじゃったりして時間を無駄にするのですが……。しかしまあ、ホント便利というか、掲示板とかでは“そんなことまで質問するか!?”ってことまであったりして、何だかなぁ~!?と思うこともしばしばです。質問する前にまだ自分でやることがあるだろっ!?って感じと言いますか。もっとも、そういう質問には、「自分で考えなさいね!!」とか「自分で調べなさいよ!!」とかいう解答が来ますね。まあ当然ですな。

     当ブログも、ひょっとしたら迷えるギター小僧達がおいでになっているとは思いますが……、まあ、大抵は「アテがハズレた!!」って感じだと思われます(笑)。だって、当ブログはミュージシャン鈴木浩憲の宣伝活動がメインであって、カテゴリは“日記”でして、決して“趣味・実用”とかじゃないんですよ!!とか言ってみたりして……。

     とはいえ、「これはひょっとしたらポイントかもよ!?」ってことは、基本的に出し惜しみせずに書くようにはしています。以前もちょっと書きましたが、アマチュアを含めた全ギタリストの平均レベルが上がった方が、自分も評価されるようになると思っているからです。うん!“趣味・実用”カテゴリじゃないけど、みなさんのためになることも、こっそり書いています。バカバカしく書くことが多いので、あまり本気にされないんだよ(笑)。でも、糞真面目に書いてあったら読む気失せるでしょ!?それじゃなくとも当ブログは記事が長目なんだから……。

     さて、本日は何が言いたいのかというと、私のバカな当ブログを含め、ネット等で情報収集するのもイイですが、その点に関してはある意味みんなイーブンですので、そういうことで差はつかないかもね!!ってことです。上手くなる人は大抵、そういう情報とは関係なく上手くなるもんです。ただ、ちょっとだけ考えますけどね。もし私がギターを始めた頃にもネットがあったら、自分は5年かかったことが2年でできるようになったりしたのか!?とか。3秒熟考してみましたが、やっぱりあまり変わらない気がします。
     そんなもんですよ、きっと。ってなワケで、ギタリストのみなさん頑張りましょう!またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック