FC2ブログ

    私とBladeストラトキャスターのムダなお話

     みなさん、こんにちは!“どうにかなんじゃね!?”とか思っている鈴木です。いつもご訪問ありがとうございます。
     さて、今回は私のBlade ストラトキャスターについてです。現在ではこのブランドのギターは日本に代理店がありませんので、新品を普通に店頭で見かけることはなくなりましたが、たまに中古は見かけますね。ちなみに私がこのギターを買ったのには様々な理由があるのですが、知人でこのブランドのギターを持っている人はいません。一時期かなり店頭で見かけたのですけどね。買った時に私は、“このブランドは今後ブイブイ言わすようになるぞぉ~!!”と思ってましたが、全然見当違いでしたね(笑)。

     私がこのギターを購入候補に選んだ一番の理由は、エボニー指板だったからと以前書きましたが、定価15万円でエボニー指板なんて'89年当時でも珍しいモノでした。っていうかストラトでエボニー指板というギター自体が、普通のブランドのレギュラー・ラインにはほとんどありませんけどね。

     加えて、このブランドのボディ・カラーが気に入りました。私のギターは、“ミスティ・ヴァイオレット”という紫色のシースルー・カラーですが、他にも“オーシャン・ブルー”というイカしたカラーもありまして、どちらにしようか悩んだ覚えがあります。

     さらに、アーム・ユニット。まあ私のは使えなくなってますが(笑)、非常に気が利いていまして、フローティングのセッティングをしなくてもアーム・アップできるという構造になっていて、ペグもロック式であって、ナットでロックするタイプには劣るでしょうが、チューニングの狂いがほとんどありませんでした。ロック式ペグは弦交換も早いしね。

     その上アクティブ回路まで載っているという……、まあ、当時の私にとっては“買わない理由を探す”方が難しいぐらいでした。ただ、いわゆる“ストラト弾き”の心は捉えることができなかったんでしょうね。22フレット仕様だったりアクティブ回路だったり新機軸のアーム・ユニットだったりと、イイトコずくめのような感じですが、「こんなモノ、ストラトではないっ!!」って感じの人も多かったのでしょう。

     私は当時、既に東京に住んでいましたが、地元で懇意にしていた楽器屋さんに相談したところ、「そのギターは今のところ在庫はないけど、何なら取り寄せようか? 取り寄せだから絶対買えとまでは言わないけど、気に入ったら×××円にしてあげるよ!!」という提案をしてくれました。そのスペシャル・プライスがかなりスペシャルでしたので(店員さんに因れば“かなり掟破り”)、当然のようにお願いしました。近々地元に帰る予定もありましたから。

     ってなワケで、そのギターと対面したのですが、そのギターはカタログとはカラーリングが違っていました。イヤ、色そのものはイイんですが、カタログですとネックはナチュラル仕上げのはずなのに、ボディと同じ色でネックとヘッドまで塗りつぶしてあるのです。これまでBladeのギターは何本も見ていましたが、そんなのは見たことありませんでした。

    「話が違うじゃん!?」って展開も予想されるでしょうが、私としては“人と違う”というのも含めて、“こっちの方がカッコイイじゃん!!”って感じでして、ほとんど見た目に惚れて即決しました。ロクに弾きもせず(笑)。

     まあ、メーカーからすれば、きっとネックの木目がイマイチだったから塗りつぶしちゃったんだと思うんですが(笑)、私のように有り難がるバカもいるってことです。というワケで、買った当時は非常に幸せな気分でしたが……、正直言ってしまうとこのギターは決して“アタリ”ではありませんでした。むしろ“ハズレ”と言った方がいいくらい。3年間バリバリ弾いても全く鳴るようにならず!10年経っても変わりませんでした。それでも不思議なことに20年目ぐらいから(けっこう最近じゃん?)突然鳴るようになったかな!?っていうか、単に私がこのギターとのつきあい方を習得したのかもしれませんがね。

     まあ、誰も持っていないカラーだし(とはいえ何本かは存在するのかも!?)、アームが根元で折れたままになっているしで、手放そうにもどうにもならないですから(笑)、このギターは棺桶まで持っていくことになるでしょう。私とBlade のムダなお話でした。そうそう!昨日ホームページの“ギター上達術”を更新しました。こちらもよろしくお願いします。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    普通に日記っぽく

     みなさん、こんにちは!!
     今回は普通に日記っぽくいこうかな!?っていうか、カテゴリが日記ですからイチイチことわる方がおかしいんですが、毎日書いているものの、ほとんど日記と言えるエントリはありませんな。さて、連日の寒さに困っている私は、エアコンの効きがイマイチなんだと考えまして、エアコンの掃除をやってみました。ウチのエアコンはそれほど古いタイプではありませんので、一応“メンテナンス・フリー”ってヤツでして自動クリーニング機能が付いています。とはいえ、だからと言って実際にフィルターなどの手入れをしなくてイイということではありませんので、これまでも何度か掃除はしています。

     それで、かなり本気モードで掃除をいたしましたところ……、っていうか案の定フィルターの目詰まりがけっこう酷い有様でして(笑)、これじゃ無理でしょ!?効かないでしょ!?って感じでした。というワケで、ギターを弾く時よりも真剣に掃除をした結果、運転時の動作音が非常に静かになり、部屋もかなり暖かくなるようになりました。きっと電気代も減ることでしょう。そして私の創作意欲も増すことでしょう。

     さて、日記ですからこれで終わりにしてもイイんですが、これでは何のオチもなくて、せっかく訪問していただいた方々を失望させることになってしまいます。もっとも……、失望させているのはいつものことかもしれませんが……。

     実を言いますと昨日は、中学校の同窓会がありました。日々の生活にさえ不安が残る私はもちろん出席しませんでした。私の中学校は生徒数が多くなかったので、同窓会はクラス単位ではなくひと学年全部なんです。総勢120名ぐらいでしょうか!?だから、クラスは違ってもみんな友達みたいなもんです。
     え~と、ホントのことを言うと……、まあ行きたかったかな!?
     別に今の自分の立場を恥じてはいませんが、どうしたって“今どうしてる?”って話になっちゃいますよねぇ~!?そうすると、レコード会社が倒産したこととか話さなきゃならないし、結局自分の宣伝みたいになっちゃうだろうしで、何か“違うよなぁ~!?”って気になりますな。もちろん、そうならないように極力自分のことを話さないという作戦もありますが、ワザワザ出席しているのにそれもないだろっ!?

     まあ、私みたいなヤツは浮いてしまうでしょうな。きっと、周りにとっても有り難くないかもね!?とか余計なことをつい考えてしまいます。でも、次の機会には余計なことを考えないで出てみようかなとか考えてもいます。案外、当ブログを読んでくれている同窓生もいるかもしれないしね!!う~ん、それはナイか(笑)。
     みんな元気かなぁ~……。 またね。

    ムダなエフェクター遍歴

     みなさん、こんにちは!!一筋の光さえ見えてこない鈴木です。こんな私を気にかけていただけるなんて訪問者のみなさまに感謝します。
     さて、今回はエフェクターの話をします。とはいえ、「弦高バカ高ギタリストによる実践的エフェクター講座」のようなモノは期待しないで下さい。まあ、期待していないでしょうが……。そういうのをやるとしたらホームページの方ですので、当ブログは基本的にバカな話がメインだと思って下さい。

     昨日、何を思ったかエフェクターのことが気になりまして、楽器屋さんのウエブサイトで見てみたんですが、まあ知ってはいましたが最近のエフェクターって安いのね。っていうか正確に言うと二極分化なのかな!?“アメリカ製こだわりの復刻版”みたいなのは、相変わらず高いようですので。

     ってなワケで、何を書くかというと、私がギターを始めた当初のエフェクター遍歴のようなモノを書こうと思います。現在、いわゆるギター初心者の方でしたら、いきなりマルチ・エフェクターを買うでしょうね。価格も非常に手頃ですし、現代の技術を考えると安いからって“全然使えない!”ってこともなさそうです。ところで、私がギターを始めた頃ってのはまだマルチ・エフェクターなぞありません。お金持ちの家に生まれた幸運な子女でないかぎり、エフェクターってのは、“コンパクト・エフェクターを1個ずつ買い足していく”というのが一般的でした。しかも30年も前の話だっていうのに、当時のコンパクト・エフェクターの価格はやっぱり9千円~2万円ぐらいしまして、高校生にとっては“ホイホイ”と買えるようなものではありませんでした。

     さて、じゃあ最初の1個って何を買うのが普通でしょうか!?昨日ムダに考えてみたのです。それで出た結論は、やっぱりディストーションだろっ!?って感じです。で、三歩譲ってコーラスかな!?えっ!?コンプレッサーだって!?イヤイヤ、“ヘタだからコンプレッサーを使う”というのは理屈としてはありそうですが、コンプレッサーは音の変化が劇的じゃないから、1個目としてはナイと思います。だってツマランでしょ。

     ほとんどのギターを弾いている知人はディストーションを最初に買っていたと思います。まあ、こう書いたのだからお前は違ったのね!?ってのは予想がつくでしょうが(笑)、私が最初に買ったエフェクターは“フェイズシフター”でした。まあ、フェイザーね!!今考えると“何で!?”って自分でも思います。実はどうしてそうなったのか、あまり覚えていないのです。ただ、あのフェイザーの「ミョ~ン」って音が凄く好きでした。え~と1万4千円だったと思います。上手くセッティングすると“ワウワウ”のような感じになるのも好きでした。しかしながら、フェイザーだけではハードロックはプレイできません。困りましたね。そうしたら友人が“トーン・ブースター”なるモノを譲ってくれました。これってブースターという名前の通りでして、マックスにブーストするとほぼディストーションと同じような音が出ました。これで私のエフェクターは2個になったワケですが、どちらのエフェクターもたとえば既に5個持っている人でも持っていそうにないモノですね(笑)。ちなみに2個持っているとしたら、大抵ディストーションとコンプレッサー、またはコーラスって感じだろっ!?

     さて3個目です。ここがキーだったと思っているのですが、世にランディ・ローズが登場しました。その音は当時としては“ぶったまげ!”というほど歪んでいました。私としてはランディの音を再現したかったのですが、歪み系のエフェクターがトーン・ブースターだけではどうにもなりません。で、当時“ディストーションを2個繋ぐ”ってのもけっこう流行りました。イイ感じにセッティングするには相応のセンスが必要でしたが、「強力な歪みを創る」という意味では正統的な方法かもしれません。

     じゃあ3個目に遂にディストーションを買ったのね!?と思われるでしょうが、何とここで私は“パラメトリック・イコライザー”(以下パラEQ)を買いました。何というか……、天の邪鬼というか、もうどうでもイイわいっ!!って感じですね。でも今にして思えば、このまだ初心者同然の頃にパラEQを使っていたということが、後で非常に役に立ちました。初心者にとってパラEQは最初の難関だと思うんですが、早い時期にパラEQに慣れることができたのは、後々アドヴァンテージとして利いたと思っています。で、パラEQ作戦は上手くいきました。加えて、知人達がどうやってああいう音を出しているんだろうと探りに来るのですが、私の3個のエフェクターを見てもサッパリ判らない!!ということを面白がることができました。(性格悪いね)

     長くなってしまいましたので、いい加減に終わりたいと思いますが、4個目、5個目でやっとコンプレッサー、コーラスと続きました。冷静に考えると私は“遠回り”したような気がするのですが、まあ「急がば回れ」って感じだったのかな!?と納得することにしています。特に役に立たない話だったのに最後まで読んでくれた方感謝します。ご苦労をおかけしました。ご苦労ついでと言っちゃなんですが……、私の楽曲も宜しくお願いします。左側リンクで大絶賛発売中!!です。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    素晴らしい試合でしたね!!

     素晴らしい試合でしたね!!
     っていうか、余裕コイテんじゃねぇ~よっ!!
     って感じですか。まあ、正直言うとそうかもしれません(笑)。
     ついでに、もっと余裕をかましてみますと、マドリーが勝つべきゲームだったかもしれません。でも1-1の引き分けというのは、ユナイテッドにとってラッキーだったとは言えますが、昨年のチェルシーのCL優勝ほどではありませんね。イヤイヤ、チェルシーには当ブログのネタではお世話になっているので、チェルシーの悪口はやめましょうね。すいません。

     しかし両チームとも鋭いカウンターが得意ってことで、攻守の切りかえが目まぐるしくて、“?”な判定も多かったように思います。まあ、ユナイテッドはアウェイだから多少は仕方ないですが、何となくマドリー寄りの判定だった気がします。私のひいき目でしょうか!?でも、今さらなんですがエジルはとんでもなく素晴らしい選手ですね。

     試合前の評論家の予想は、最終結果は何とも言えないけど、ベルナベウではマドリーが勝つというものが圧倒的でした。私は当ブログで何と書いていたかというと、
    「負けることはないかもしれません」
    と書きましたね!?イヤイヤ、私の予想が中ったじゃん!!と言いたいのではなく、サッカーの勝敗予想ってアテにならないよね!?って言いたいだけです。私が四六時中予想を外しているのは、別に気にすることではないよ!と言いたいだけですな。

     しかしながらモウリーニョは相変わらず面白いですな。試合前の会見で、「アナタはサー・アレックスの後継者になるのですか?」という質問に対し、
    「私は70歳まで監督をやるつもりだが、それだとサー・アレックスと引退時期が重なってしまう。だからそれは有り得ない!」
    と答えたそうです。そうかサー・アレックスは90歳まで現役なのか!?もちろん冗談なんですが、モウリーニョ、気が利いてます。

     ちなみにサッカーの前回の記事で、“ギグスは遠征に帯同しないかも”と書いた私ですが、何と途中出場しました。そして、ギグスの登場にはマドリー・サポーターも拍手を送っていました。まあ、どうせだから観たいよね!?ギグスはプレミアでも相手サポーターからブーイングを受けることがほとんどありません。ホームなのに途中出場しても拍手をもらえないモドリッチとはエライ違いです(笑)。まあモドリッチは人生しくじりましたね!?だから言ったじゃん!?って感じです。  

    メロディ楽器だったのだ!!

     みなさん、こんにちは。いつもありがとうございます!!無名ミュージシャンの行く末を気にかけていただいて感謝します。ってなワケで、本日はのっけからATOKがMS-IMEに乗っ取られて1日の始まりとしては最低な感じですが、ムダに勢いだけでいってみましょう。

     さて、昨日は“私流Dコード”などという記事を書きましたが、試してみたギタリストの方はいたでしょうか!?まあ、きっといないでしょうね(笑)。心底バカにされていたりして……。まあそれはイイとして本日も音楽関係の話題にしましょう。ベースの話です。

     私が自分の楽曲で、ベースを打ち込みから手弾きするようになって1年以上が経ちました。途中、ベースの弾きすぎに因るモノと思われる肩痛になったりして、私の“ベース・ライフ”も決して順調とは言えないのですが、最近……、え~と、ちょっと掴んだかもしれません。

     みなさんはベースをリズム楽器としてとらえていますか!?それとも、やっぱり音程もあることだしメロディ楽器としてとらえていますか!?私自身で言うと、まあドラムとベースを一括りで“リズム体”などと言いますので、ベース=リズム楽器と考えていました。

     ただ、最近プレイしていて思ったんですよ!
    “リズム楽器”という括りというか認識ってどうなんだろう!?
     結局はベースだって“唄う”ことが要求されます。
     音楽なんだからリズムがあるとか、合っているということは当然ですから、音程があるベースってのも結局は“メロディ楽器”じゃん!?

     え~と、ベース熟練者の方からすれば「何を今さら!?」かもしれませんし、
    「イヤイヤ、それって全然違うから!!」なのかもしれません。
     というよりベーシストはメロディ楽器派とリズム楽器派という二つのタイプに分かれているのかもしれませんな。

     まあ実際のところは判りません。ただ、私は「ベースだってメロディ楽器じゃん!!」と思ってプレイすることにしました。何かけっこう目から鱗のような感じなんですよ。
     二日連続で馬鹿を晒した怖れがありますね!?
     でも、そんな感じなんですよ。けっこうハッピーです(笑)。イヤ、先のことを考えると全然ハッピーじゃないんですが……。

     どんなモンでしょ!?ベーシストのみなさんいかがですか!?
    「考えたこともねぇ~よ!?」
    って感じでしょうか!?教えていただけたりすると幸いです。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック