FC2ブログ

    レスポールのボディ・カラーについての駄文

     みなさん、こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます!相変わらず先の見えない鈴木です。ムダに毎日更新を続けていますが、日々内容が薄くなっている気がしますな。もうこうなったら、“数”で勝負するしかありませんな。もうヤケクソですな。

     ってなワケで、よせばイイのにギターについて書きます。今回はボディのカラーリングについてです。はっきり言って何が素敵か!?カッコイイか!?は人それぞれです。好きなモノを買えばイイだけです。もっとも、どうしても欲しいモデルなんだけどお気に入りのカラーがないという場合もあります。リフィニッシュしちゃえば良いんでしょうが、余計にお金がかかりますし、ひょっとしたら音も変わってしまうかもしれませんね。

     さて、当ブログは“レスポール・ブログ”として極々ほんの一部の方々から認識されているみたいですので(笑)、レスポールのボディ・カラーについて話を進めます。私はこれまで7万回ぐらい言ってますが、レスポールのボディはいわゆる“潰し”のカラーがカッコイイと思っています。まあ、それはお前がスタンダード派ではなくカスタム派だからだろっ!?って話かもしれません。カスタムは基本が潰しの塗装ですもんね!!とはいえ、私はスタンダードであっても潰しの方がカッコイイと思います。

     何というかいわゆるサンバーストって……、スピード感に欠けると思いません!?えっ!?色の話なのにスピードって何!?って思われた人がほぼ全員かと思われますが、上手い言葉が見つかりませんな。そんな感じなんですよ、私にとって。車とかの話だったら“スピード感”ってたとえでもピンと来るでしょうが……。っていうか、車がサンバースト・カラーだったらスピード感が増すような気がします(笑)。

     書けば書くほど迷路に迷い込む感じになりそうですので、スピード感の話はもうイイや!判ってくれなくてもイイです。実はもう一つ潰しの方がイイだろっ!?ってことがあります。それは、サンバーストだと基本シースルー・カラーですから木目が見えますよねぇ~。で、木目は天然のモノですから同じモノは1本もないのです。1本もないからこそ、“これだっ!!”ってお気に入りのが見つかった時の充足感ってのもあるでしょうが、必ずしもそういう人ばかりではないでしょ!?

     で、“まあまあ”ということで選んだのはイイけど、後でもっとイイ感じのが見つかったりすることがあるような気がするんですよ。ヘタに木目が見えちゃうもんだから、永遠に「隣の芝生状態」が続いちゃうような気がします。これが潰しだったら木目なんか関係ないですからね!!黒なら黒っ!!青なら青っ!!他人が持ってるのも、自分が買った後に入荷したモノも基本的に見た目は同じ。隣の芝生が青く見えることはありません。

     そういう心配がないことに加え、サンバースト好きの人ってあんなにある中から選ぶのが大変そうな気がします。微妙なところに拘りすぎて、悩んでいるうちに狙っていたモノが他人に買われちゃいました!!ということがありそうです。まあもっとも、そうやって選択に悩むことが実は楽しみだったりして、サンバースト好きの人達から、
    「お前はこのどれがイイか悩む楽しみがなくて可哀想だね!!」
    とか言われちゃうかもしれませんな。うん、それもそうですね。私の方が可哀想かもしれません。先も見えないし……(笑)。

    サンバースト好きな人はちょっと羨ましいけど私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    延髄反射で書いた四大陸選手権プレビュー!!

     ってなワケで、どうせ大したこと書かないんですが、四大陸選手権のプレビューのようなモノを……。私はだだの売れないミュージシャンですから期待などなさらぬように。
     
     何と言っても一番の楽しみはアイスダンス!!とか言ってるのは私だけでしょうが、もうほとんどデイビス/ホワイト組とバーチュー/モイヤ組のどっちが金メダルか!?ってところだけですね!!私はデイビス/ホワイト組が今季に関してはかなり優勢なのでは!?と思っています。もっとも世界選手権は……、え~と、開催地がカナダですからね……、まあ、このところカナダについてはいろいろと好き勝手書いている私ですが……、ねえ、どうなるんでしょ!?一応言い訳しておきますが、カナダの個々の選手達は別に嫌いじゃないんですけどね。

     ペアはパン/トン組(中国)もいなければ、デニー/コフリン組(アメリカ)もいないしで、きっとデュハメル/ラドフォード組(カナダ)が勝つことでしょう。ちょっとメンバー的にも盛り上がりに欠けますね。 

     女子シングルは、浅田、鈴木のどちらかが優勝しなければいけないと思いますが、それ以外ではケイトリン・オズモンド(カナダ)、グレーシー・ゴールド、アグネス・ザワツキー(アメリカ)と村上がどう絡むか!?って展開です。オズモンドはアウェイの状態でどこまでやれるのか注目です。ええ!ちょっと意地悪な気持ちが入っているのは否定しません。ここは日本だからね(笑)。

     男子シングルは、ワン・ツーは高橋、羽生で決まりだと思います。どっちが上になるかは当日の調子次第ってことで。熾烈なのは表彰台最後の一つであって、普通に考えればマイナーと無良、レイノルズの争いですか!?マイナーが個人的には一番ツマラナイですが同時に一番安定している気がします。あとマックス・アーロンはどうなのか!?ってのも注目です。全米の勢いが本物であればここに絡んでくるでしょう。あと中国の昨年の世界ジュニアチャンピオン、Han Yanには期待しています。う~ん、やっぱり男子シングルは見どころが多いですね。まあ私が勝手に盛り上げているだけかもしれませんが……。ついでに書いておきますが、Abzal Rakimgaliev(カザフスタン)はねぇ~、私的にはけっこうマイ・ブームなんですよ。まあJ SPORTSでの放送じゃないと観られないと思いますが、一昨シーズンからムダに注目している選手です。でも、え~とフィギュアを長く観ている方ならご理解できると思いますが、注目しているとは言ってもかつてのヴァフタン・ムルバニゼ(グルジア)のような感じで注目しているだけです。スイマセン、ちょっとコアになってしまいました(笑)。

     というワケで、毎日ムダなことばかりを書き連ねている私ですが、四大陸選手権の前に欧州選手権のペアとアイスダンスの放送があるので、そちらも観なければなりませんな。え~と、ほとんど大脳を使わないで書いたような本日の記事でした。失礼します。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック