FC2ブログ

    勢いを取り戻そうとして失敗した小ネタ2本

     え~と、このところブログの文章に、“勢いが無いっ!!”と友人に言われました。そうですねぇ~、内容はともかくも“勢い”だけはこれまであったかもしれません。というワケで、せめて勢いだけでも取り戻そうと、強引に本日2回目を書いてみましょう。そしてきっと更新した後に、「ヤメとけば良かった!!」って思うことでしょう。

     先ほどちょっと出かけたら、近所の歩道のところに腰かけて、タバコを吸っている人がいました。何か見た目にスゴ~ク違和感を感じたので、よく見ると未成年っぽい感じだからだな!?と思いました。実際にどうかは知りませんが……。そこでふと思ったのですが、この少年がもし高校の制服を着ていたら、むしろその絵姿にこれほどの違和感は無かったかも!?とか思いました。高校生がこっそり制服姿でタバコを吸っている図……っていう方が、むしろ自然な絵姿として我々は認識しているかもしれません。まあ、私だけの感覚かもしれませんが、本来は制服姿にタバコって方が明らかなタブーですけど、実際には“私服姿の少年がタバコを吸っている図”の方が見た目の違和感としては強いんじゃないか!?とか思いましたな。何が言いたいのか判りませんかね!?とりあえず、私は喫煙者だから説得力はありませんが、タバコは吸わないにこしたことはないです。っていうか注意すべきだったかも!?逆に狩られちまうかもしれませんが。

     マンチェスター・シティがアウェイでサウサンプトンに負けました。スコアは3-1であって、シティの3失点はすべてミスがらみ。じゃあ内容はシティの方が良かったのか!?って普通は思うのですが、内容の方もほぼサウサンプトンが圧倒してまして(笑)、妥当なスコアどころか、もっと差がついてもおかしくなかったくらい。一体シティはどうしちゃったんでしょう!? “きっとこのままシティはユナイテッドに差を拡げられていく!!” と私は予想しましたんで、そのとおりになっているのですが、私の予想が中るのもちょっと不気味な感じがします(笑)。シティはマトモに動けていたのはサバレタだけ。ミッドウィークにムダに代表戦があったことも関係しているかもしれません。でもサバレタは代表戦出場していたけどねぇ~。それにしてもユナイテッドが本日ホームのエバートン戦に勝利すれば、その差は何と12ポイントになってしまいます。まあエバートンですから勝ち点3を計算できる相手とはとても言えませんがね。それにしてもレアル戦がミッドウィークに待っているユナイテッドとしては、大きなボーナスをもらった感じです。

     ってなワケで、勢いを取り戻せぬままに終わります(笑)。  
    スポンサーサイト



    『ケヴィン、ゴメン!!』と友人が言った

     みなさん、こんにちは!!更新しか取り柄がないんだからとっと更新しろよっ!!って感じの鈴木がお送りします。最近イチイチ言ってますが、私の楽曲もどうぞ宜しくお願いします。

     ってなワケで、四大陸選手権についてゆるめに書きますが、え~と、放送についてですが、約3時間の放送枠で女子シングルSPが2時間で男子シングルFSが1時間ってのはちょっと酷すぎますね。フリーで2位だったマックス・アーロンの演技は観たかった方々も多かったのでは!?人気面で仕方ないのですかね。当ブログでも何度か書いていますが、競技としては男子シングルの方が面白いんですが……。まあ女子シングル・ショートが非常に歓迎すべき結果だったという理由もあるかもしれませんが。

     というワケで……、信じられない番狂わせってほどではないですが、ケヴィン・レイノルズがフリーで3度の4回転を決めて逆転優勝しました。ショートでは2度ともアンダーでしたが、フリーでは見事に決めて見せました。レイノルズおめでとう!!彼を最初に観たのは17歳ぐらいの時の世界ジュニアだったと思いますが、当時はスケーティングもヘタでルックスも垢抜けなかったし、成長期の途上だったせいでやたらとアタマがデカイ印象しかありませんでした。うん、ジャンプが跳べるってだけの選手でした。正直言ってここまで成長するとは思ってませんでしたな。フィギュア・ファンでもある私の友人が、

    「ケヴィン、ゴメン!!直接会って謝りたいぐらいだ!!(笑)」

    と言っていましたが、素晴らしい成長ぶりを見せてくれました。Han Yanもフリーではやや失速した感がありましたが、3位表彰台をゲット!!もうちょっと笑えよって気がしますが(笑)、今後が大変楽しみな選手です。中国は世界選手権の男子シングルの出場枠が一つしかありませんが、Nan Songとどちらが代表なんでしょ!?ちょっとだけ気になります。

     日本人選手に関しては……、あまり多くを語りたくないですな。まあ、“語らんでイイよっ!!”って感じかもしれませんね。羽生は“1位か2位”という義務を果たしたとも言えますが……。無良はショートの時からやや身体が重そうでしたが、フリーでもそれは変わりませんでした。高橋はショートのプログラム変更の影響が決して少なくなかったんだと思われます。まあ日本人選手は国内選手権にフィジカルのピークを一度もっていかねばならないという、特殊事情……、まあ強豪国の選手はどこでもそうかもしれませんが、代表争いが他国よりも熾烈というのが尾を引いてしまった!!というのが理由なのかもしれません。フィジカル面でアドヴァンテージになるはずの地元開催の利を、全くと言っていいほど生かせなかった感じがします。

     ってなワケで、レイノルズとHan Yanおめでとう!!と言っておいて、戯れ言は終わります。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック