FC2ブログ

    レスポール・スタジオについてのムダな意見

     どうも、存在価値が日に日に少なくなってきている鈴木です。せめて当ブログぐらいは存在価値を得たいと思っていますが、どうなることやら……。

     というワケで、当ブログは“レスポール・ブログ”ですので(笑)、本日はレスポール・スタジオについての私の想いをムダに書いてみたいと思います。ご存知のようにレスポール・スタジオ(以下、面倒だからスタジオってことで)は、ギブソンのレスポール・シリーズのエントリーモデルです。アメリカではお金があまりない学生向けってことで、“スチューデント・モデル”とか呼ばれています。日本でのお値段は、8~14万円ってところです。

     さて、これは私の印象ですが、“スタジオ”は所謂ギブソン派の人達にとっては、極端に評価が分かれている気がします。つまり、スタジオであろうとも所謂ギブソンのサウンド、むしろ良い意味でのギブソンのいい加減さというか“ザックリ感”が全開のギターであって、これはこれじゃん!?大体この価格のギターに何を求めるのだ!?という肯定派の評価と、イヤイヤ、フレットの仕上げとかも粗いし、っていうかギブソンの悪い意味での粗さ全開であって、同じ金出すのなら日本製のギターを買った方が全然良い!!という評価ですね。

     さて、私はどちらの意見か!?というと、これがどちらでもありません。私がスタジオを見る時に、そんなことはどうでもイイのです(笑)。ギブソンらしさについては、まあギブソンらしい音ってのはあるんでしょうけど、ギターのサウンドを決める決定的要因は所詮プレイヤーのピッキング・タッチです。ですから私にとってはギブソンらしさとか言っても、あまり関係ないかなと思います。

     仕上げが粗くて、同価格帯の日本製ギターの方が良い!という意見はまあほぼ事実です。っていうか、電化製品、車、楽器などを買おうとする時には、日本人であることを感謝しましょうね!!みなさん!!って感じであって、日本製のギターは素晴らしいです。品質にこだわるのであれば、そもそもギブソンなんか上位機種であっても買うべきではないかもしれませんよ!!(笑)

     じゃあ、私はスタジオの何を気にかけているのか!?
     それは豊富なカラー・バリエーションですな。これまでにギブソンで採用されてきたカラーのほとんどが存在します。ここが非常にニクいところです。ギターはやっぱり見た目だよね!!えっ!?お前は以前、上達したければ良い道具を使えとか言ってなかったっけ!?って話もありますが、見た目のカラーが最高に気に入って、とりあえず弾いてみて問題が無ければ、それはもう既に“良い道具”だぜってぇ~のっ!!

     まあ、ボディとネックはスタンダードと一応同じ材(とはいえグレードが違うのでしょうが)だし、バインディングが無いだけじゃん!!とか考えて、あまり見かけない強烈なカラーを身に纏ったスタジオをガシガシ弾くってのもアリじゃん!?とか思っています。まあ私は歳も歳ですので、似合わないからやりませんが(笑)。まあ、誰の役にも立たないでしょうが、これが私の“レスポール・スタジオ”に対しての意見です。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック