FC2ブログ

    ディストーション・サウンドの“粒の大小”

     みなさん、こんにちは!“普通の人なら躓くはずないどうでもイイことすら上手くいってない気がする”鈴木です。私の楽曲を宜しくお願いします。

     さて、今回は“長年の謎に終止符を打つ!”ぐらいの気持ちでとりかかろうと思うんですが、ギターのディストーション・サウンドの“粒”の話をしたいと思います。そもそも粒って何のこと!?って人もいるかもしれませんが、え~と、ディストーション・サウンドって、その“歪み具合”の他に、その音の“粒”の大小ってのもあると思いません!?

     まあ非常に曖昧な表現になってしまいますが、「粒の細かいディストーション」とか「粒の粗いディストーション」ってのがあるでしょ!?まあ、けっこう個人の主観になってしまいそうですが……。まあ、ここで「うん、うん!!」と頷いた方が仮に全体の1%だろうと95%だろうと話は進んでいくんですけどね(笑)。

     私はギターを弾き始めた極々初期の段階で、このことに気づきました。っていうか、気にしていた時期があります。友達のディストーションを借りてみて、自分なりにムダに検証してみたことがあります。当時検証できたことは、まあ私の主観ですしサンプルも少ないですが、
    「ボスとヤマハのディストーションではボスの方が“粒”が粗い!!」
    ってことぐらいです。もちろん、どちらが良いか!?って話ではありません。好みの方を使えばイイだけです。ちなみに私はヤマハの“粒が細かい”方が好みでした。

     さて、じゃあ粒の大小はそのエフェクターやブランドのテイストによって決まってしまうのでしょうか!?うん!若い頃は単純にそう考えていました。ただし、それは自分が上達するに従って次第に考えが変わっていきます。何故か!?まあ、私自身のことなんですが、それなりに上達したら、自分のディストーション・サウンドは基本的に“粒が粗い”モノになっており、そのニュアンスは機材が変わってもいつも同じになりました。

     だから“粒の大小”は結局、その人それぞれのピッキング・タッチで決まってしまうのではないか!?ということです。ええ、科学的な検証ができなかったとしても、「そういうモンなんだよっ!!」ってことで終わりにしちゃってもイイ流れですな。しかしそれなら考えてみて下さいよ!!ということはつまり、意図的にピッキング・タッチを使い分けることができればディストーションの“粒の大小”もコントロールできるはずじゃん!?
     
     ってなワケで、以前これをやってみたんですよ。ところがですねぇ~、そうはならないんだよなぁ~。ピッキングを軽くしたり、ピックをあてる角度を変えてみたりしても、ディストーションの“粒の大小”のニュアンスまでは変わらないんです。っていうか、少なくとも私は変わりません。できる人もいるのか!?

     で、私はムダに考えました。もう各機材メーカーが総力を結集したりして、ディストーションの“粒の大小”について徹底解明して、それをシミュレートできる回路を開発し、ディストーションのツマミ(パラメーター)を従来のDriveとかToneに加えて、

    「粒!!」

    ってツマミ(パラメーター)を新たに加えることができたら凄くないか!?っていうか、バカ売れするんじゃないか!?っていうか、アナタも買っちゃうでしょ!?

     で、ギター・キッズ達が会話するわけですな。
    「お前ってセッティングどんな感じ?」
    「ああ、俺はDriveは7で粒は3かな!?」
    「へぇ~、俺はDriveは5で粒は8だな。お前ってけっこう粗弾きじゃね!?」
    みたいな……。ソーセージかよっ!?って感じですか!?

     え~と、“長年の謎に終止符を打つ!”とぶち上げておいてこの有様です。まあ、ある程度は予想していた方もいると思うんですが……。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2013/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック