FC2ブログ

    ユニゾン・チョーキング

     相変わらず毎日書き続けていたら、いつの間にか記事数も600本とかになっていて、最近自分でも何を書いたか把握しきれなくなってきている鈴木です。いつもご訪問ありがとうございます! 実を言いますと、音楽にサブカテゴリを作って、もう少し細かく分類したら……、たとえばレスポール、作曲、ネックとかに分けたら訪問者の方々も記事を探しやすくなるだろうし、自分でも把握しやすくなるかなぁ~!?とか思っているんですが、なかなかやる気が出ませんな。まあ、いつかやるかもしれませんが……。

     さて、以前“私流Dコード”って記事を書きましたが、こいつホームページでギター講座とかやってるのにそんなんでイイんかい!?って思った人もいたかもしれません。でも、そういった自己流ってのがムダに自信になっていたりして、決して悪いことではないのよ!!ってことが言いたいんですよね。さて、今回は自己流って話ではありませんが、私がギターを初めて間もない頃に、“これだっ!!”って思った経験を書きます。もちろん、いつものように大したことではありませんが……。

     ギターにはユニゾン・チョーキングって技があります。まあ、技ってほどではないかもしれませんが、たとえば人差し指で1弦12フレットを押さえ、同時に2弦15フレットを薬指とかで1音チョーキングすると、1、2弦ともに音程は同じEになります。これを同時あるいは交互に弾くと異なる2つの弦から同じ音程の音が出ます。片方の弦(隣り合った低い方の弦)をチョーキングして同じ音(ユニゾン)にするからユニゾン・チョーキングってわけですね。これはギターならではの奏法であって、ピアノとかでは絶対にマネできない奏法ですな。

     私はこれをある日、自力で発見しました。ホント、まだYAMAHA SF-7000を手に入れて数日とかのことでした。何となくギターを弾いていましたら、この1弦のポジションより3フレット上の2弦をチョーキングしたら同じ音になることに気づいて、1、2弦を同時に弾いたんですわ。

    「!!!」

     え~とね、その時のシーンって、30年以上経った今でもはっきり覚えています。何か、「スゲ~ッ!!」って感じでした。当時の私にとっては、まさに“発見した!”という想いでしたな。

     もちろん、それからほどなくして、それが私独自の発見などではなく(笑)、既にみんながやっている奏法だと知りましたが……。まあ、しかし、
    「俺はユニゾン・チョーキングは教えてもらわなくても、自力でできたもんね!!」
    という、非常にムダな自信になりまして、今日までギターを弾き続けてこられたことの何らかの力にはなっていたと思っております。ほとんど自慢にもならないアホな話かもしれません。そして、きっと誰の参考にもならないでしょう。でも自分にとっては、けっこう重要な出来事だったと思っているのであります。(敬礼!!)
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    リフレイン

     とっとと更新しなさいね!!
     とか自分に言ってみた鈴木です。昨夜のスポーツの結果があまり思わしくなかったので脱力しているワケでもないですけどね。え~と、サッカーは関係ないです。だってW杯出場を逃すとは思えないから……。

     というワケで、ホントは音楽関係と雑記を増やそうと目論んでいる鈴木です。ですから今回は、ムダに自分の曲について書きます。っていうか、昔からよく言われるんですが、私の曲はリフレインが少ないそうです。まあ確かにそうかもしれません。まあ最近そうでもなくなってきたような気がするんですが、古めの曲だと、“1回きりしか出てこないメロディ”というのもけっこう使ってました。

     で、そういうのを創ると友人とかに、
    「この部分をさぁ~、もう一度っていうか、もっとリフレインしたら良くね!?きっとみんなもっと聴きたいと思うぞ!!」
    とか言われますな。実を言うと、そのことについてはアタマでは判っているのです。ただね、制作者のヒネタ(?)感覚で言わせてもらいますと、

    「だったら最初からもう一度聴けばいいじゃん!?」

    って感じです。これってどうなんでしょう!?アリなんでしょうか!?もっとも、「そういうのはナシ!!」って言われても困るんですけどね。何というか私的には、

    「1回きりだからこそ素敵なんじゃん!有難味が有るんじゃん!?どうしても聴きたければもう一度最初から聴いてくださいね!!」という感じなんですよ。何か文章として書いてみたら、凄く傲慢に思えてきました(笑)。やっぱ、この方法論は通用しないでしょうか!?みなさんのご意見をお待ちしています(笑)。

     ちなみに私は長い曲というのもあまり好きではありません。できればいつも4分以内にまとめたいところです。っていうか、ホントのことを言うと3分半ぐらいかな!?そういうこともあり、時にはギター・ソロもナシでイイかなぁ~とか思うこともあります。でもそういうことをやると友人に、

    「何でギター・ソロないのよ!お前はギター無かったらゴミ同然じゃん!?」

    と、まあここまで酷くは言われないにしても、言外にそういったニュアンスを秘めたことを言われます。まあ、確かに倒産したレコード会社の社長も、
    「アナタはギターを常にフィーチャーしなければダメだ!!」
    とか言ってたな。

     ってなワケで、私の楽曲にリフレインが少な目なのは、
    「最初からまた7万回ぐらい聴いてくださいね。お願いします!!」

    というメッセージでもあるのです。と、ここまで書いてアップするのヤメようかなぁ~!?とか思いましたが、書き直しているヒマも気力もないのでそのままにします。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    カヴァーするとしたら

     毎日ネタに困っている私なんですが、例の“変な牛舎の友人”が、っていうか、当該記事を読んでくださった方にしか判んないだろっ!?って感じですが、「お前、カヴァーやるとしたら何!?」というネタをメールしてくれましたので、今回はそれについて書きましょう。イヤァ~、持つべきモノは“変な牛舎の友人”だよ!!もっとも、誰も知りたくないかもしれませんが……。

    AC/DC “Riff Raff”
     アルバム『POWERAGE』からですね。AC/DCで一番好きってワケじゃないですが、カヴァーするならこれかな!?ドライヴ感がスゲ~好きです。でも自分じゃ歌えないな(笑)。

    AEROSMITH “Janie's got a gun”
     エアロスミスって有名な曲がいっぱいあるのですが……、この曲はアレンジも最高ですね。だからカヴァーするのは非常に大変でしょうが。

    The CARS “Magic”
     歌詞も好きだし、メロディも最高だし、いつ聴いてもハッピーになれる曲。リック・オケイセクの途轍もない才能を感じますわ。ダラダラやってもそれなりに聞こえちゃうかも!?それ故に完璧なアレンジでカヴァーしなくちゃ意味ないかもしれません。

    THE DOORS “The Crystal Ship”
     イヤ、絶対無理だと判ってますよ!!(笑)言ってみただけです。私が歌うなんて畏れ多いですわ。

    GEORGE MICHAEL “One more try”
     うん、これも自分で歌うのは無理ですな。っていうか、ジョージ・マイケルってワム!の人だよね!?って意外に思われた方がいるかもしれませんが、私、実は大好きです。以前、バンドをやっていた頃、対バンのギタリストに、
    「鈴木さんはいつも何を聴いているんですか!?」と訊かれたので、何も考えずに素で、「ジョージ・マイケルとか……」と応えましたところ、
    「また、またぁ~(笑)」と本気にしてもらえませんでした。

    JEFF BECK GROUP “Definitely maybe”
     この曲はインストで、ベックはワウワウとスライドという私にとってのタブーを駆使しているのですが、私はそれを使わないでやってみたいです。まあ、やれるかどうかは別ですが(笑)。

    RUSH “Different Strings”
     この曲は初めて聴いた時から……、いつかこういう曲を自分でも創りたい!!と思っている曲です。人の心に響くってのは、こういうことかな!?とか思っている曲なんです。

    STING “Seven Days”
     スティングの才能は広く認められているワケでして、名曲の類はたくさんあるのですが、この曲はもう私にとって“有り得ない!!”と感じるほど素晴らしいモノです。初めて聴いた時にホント感動しました。

    TODD RUNDGREN “A Dreams goes on forever”
     ホームページでも触れていますが、ロック・ポップス系の曲では一番好きな曲かもしれません。だからきっとカヴァーなんかしたら、「自分にガッカリ」する羽目になりそうですな。ヤメテおいた方が賢明でしょうな(笑)。でも音楽好きの人には一度ぜひ聴いていただきたい曲であります。(敬礼!!)

     ってな感じです。「えっ!?このオッサンこれ好きなんだ!?」とかピンときた人は、ぜひ私の楽曲を左側のリンクより聴いていただけると嬉しいです。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    横を通る度に心配なんです

     本日は特にネタがありません。
     ですから、ブログの更新をしないうちに買い物に出かけてしまいました。
     そう、買い物の途中で何かネタが見つかるかもしれないという魂胆です。
     でもそう簡単にはいきませんでした。
     ってなワケで、実は先日ネタにしようかな!?と思っていたけど、ちょっと弱いな!?と思っていたことを書きます。そうね、“ネタメモ”にも書かなかったぐらいの話ですわ。

     ウチの近所に……、まあ、ごく普通の舗装はしてあるけど屋根ナシという月極駐車場があります。まあ、そんなモンどこにでもありますね。で、そこに……、
     フェラーリが止めてあるんです。
     屋根ナシの普通の駐車場にですよ。
     何か、スゲ~違和感なんですが……。

     普通、そういった高級車ってのは、邸宅の敷地内とか、高級マンションの地下駐車場とかに置いてあるモノじゃありません!?大丈夫なのか!?私だったら、フェラーリ持ってたら、きっと部屋に入れておくと思うんですが(笑)。

     最初に気づいた時は……、たまたま友人の家に訪れて、それでその時にその家の駐車場が何かの事情で空いていて、(奥さんが車で実家に帰っているとか)そこに止めたんだろう!?とか勝手に考えていました。でも気づいて以来、ずっとそこに止めてありますな。

     まあ、現在大邸宅の改築中で、当座、駐車場を借りたのかもしれませんがね。
     っていうか、そうじゃないと変ですよね!?
     そうに決まってますよね!?
     
     ってなワケで、私はその駐車場の横をよく通るのですが、その度に心配で思わず見てしまいます。でも冷静に考えると、私は人の車の心配なんてしてる場合じゃないわな!? 自分の心配をしろよっ!!って話なんですが(笑)。
     ギターでも弾くことにしますね。またね。

    世界フィギュア2013アイスダンスの感想

     別に誰の役にも立たないし、きっと正しい意見ってこともないでしょうが(笑)、世界選手権のアイスダンスの感想を書くことにします。フィギュアの記事をこれまで何度か書いてきましたので、無意味な義務感からです。

     カナダでの開催でしたので……、心配していました。っていうか、諦め半分だったというか……。でも、良かった!!正義がなされましたな。っていうか、これでは文句のつけようがナイか!?デイビス/ホワイト組(アメリカ)は圧巻の演技でした。ショートダンスの素晴らしさを、シーズン当初から私はムダに書いていましたが、フリーダンスもねぇ~……、ほとんど“鳥肌もの”の演技ですよね。いつもアッという間に終わっちゃう感じです。2分ぐらいにしか感じませんな(笑)。私はこれまでアイスダンスで一番好きなカップルはデンコヴァ/スタビスキー組(ブルガリア)だったんですが……、デイビス/ホワイト組に宗旨替えしようかと思います。

     バーチュー/モイヤ組(カナダ)はホームタウンでしたが、ショートダンスの時点で既に3点以上のひらきがあり、デイビス/ホワイト組が余程の失敗をしない限り逆転は不可能になってしまいましたな。だって、デイビス/ホワイト組がクリーンに滑ってしまえば、逆転できるだけの点数が残らなくなるから(笑)。とはいえ、以前も書きましたが、フリーダンスの「カルメン」を観る度に思うのですが、メリハリに欠ける感じなんですね。もっとも、退屈って意味のメリハリがナイってことじゃなくて、ハイライトの連続って意味なんですが。フルコースでデザートまでたいらげてお腹いっぱいなのに、またメインディッシュが出てくる感じとでも言いましょうか!?「カルメン」ってフィギュアのプログラムとして使える部分ってたくさんあるんですよ。たとえば「白鳥の湖」とか「ドン・キホーテ」だとプログラムで使うところが、けっこう限られてくると思うのですが、「カルメン」は選び放題!!(笑)っていうか、どこをどう繋げるか!?ってのがいくらでもやりようがあると思われます。で、バーチュー/モイヤ組の今季のプログラムは、その音楽の構成に問題があったと私は思っています。う~ん、偉そうにこのオッサン。

     3位にボブロワ/ソロビエフ組(ロシア)。初の世界選手権のメダル。フリーはイマイチだったような感じでしたが、欧州選手権で得たヨーロッパ・トップの地位を守りました。実際のところアイスダンスはこの3番手を狙うことが現実問題となっていまして……、まあ上の二組は異星人ですから(笑)、というワケで、おめでとうございます!!

     4位のカッペリーニ/ラノッテ組(イタリア)。やったね!!と言わせてもらいましょう。フリーダンスは3位でした!ってことは地球人では1位か!?とにかくフリーダンスの「カルメン」はとても音楽的表現に優れています。技術的にはともかくも、とても観ている者を引き込む素敵なプログラムですね。今季のフリーダンスでは最も好きなプログラムだと言っておきます。こちらがあるので、私はバーチュー/モイヤ組の「カルメン」の構成がより気になってしまうのでしょうな。

     ペシェラ/ブルザ組(フランス)にとっては残念な結果になってしまいました。私は今季のプログラムでは銅メダルの定位置は難しいかも!?と以前書きましたが、う~ん、実際にはブルザの体調が万全であったのなら、銅メダルを守れた感じですね。来季に期待しましょう! 

     今季大躍進のイリニフ/カツラポフ組(ロシア)は9位でしたが、まあ、こんなもんじゃないでしょうか!?と偉そうに言っておきます。まだまだ彼らには将来がありますからね。

     シブタニ兄妹組(アメリカ)について、いつも思うことをムダに書いておきます。兄のアレックスについてなんですが、何というか演技中、強引に感情のスイッチを“オン”にしているように見えます。“入って”いるのは判るんですが……。まあそれが採点上のマイナスにはなっていないかもしれませんが、妹のマイアは非常に自然にできているんですけどね。もっと自然に感情のスイッチがオンになれば、もっと上に行けることでしょう。技術は確かですし……。とはいえ、既に世界選手権の銅メダル持ってるんだけど。

     とかムダに書いたら例によって長くなりましたね。ところどころ偉そうですが、バカなミュージシャンの感想ですから……。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック