FC2ブログ

    4台目のアンプ

     みなさん、こんにちは!オイオイ3月だよ、いい加減どうにかしなきゃなんねぇ~ぞっ!って感じの鈴木です。今回は、どうせここまで書いたんならってことで、私の4台目のアンプについて書きます。

     さて、オールドタイプのマーシャルはまあ気に入っていました。あのアタック感とかはスゲ~良かったんですが、歪みの感じが私にとって“ベスト”って感じにはちょっと足りなくて、また100Wゆえにヴォリュームを上げないと“イイ感じ”にならないからちょっと扱いにくいということが気になり始めました。私もまだ若かったので、今に較べれば物欲や探求心がありましたので、「もっとイイものがあるかも!?」とか考え始めてしまいました。

     で、それを例のプロジェクトの練習の時に軽い気持ちで話したら、さあ大変!!
     その例のプロのドラマーの人が、
    「だったらベストなモノを探すべきだ!!俺も一緒に考えてやるよ!」
    みたいに異常に盛り上がってしまって(笑)、しかもその人はいろいろとコネがあるから、楽器屋さんとかに聞いて回ったみたいです。

     で、もちろん自分でも探したのですが、候補に挙がったのが「メタルトロニクス」というブランドのアンプです。これは、もともとプロのマーシャルのカスタマイズを請け負っていたリー・ジャクソンが起ち上げたブランドで、コンセプト的には“チューンアップされたマーシャルの製品版”みたいな感じ。発売当時はザック・ワイルド、ポール・ギルバート、ジョージ・リンチ、高崎晃などそうそうたるメンバーがエンドゥーサーとしてカタログに載っていましたが、ホントに使っていたのかどうかは知りません(笑)。

     ところで、この記事を書くにあたって、私は「メタルトロニクス」についての記事を検索してみました。イヤァ~、少ないですね(笑)。しかも、どの記事も、
    「ご存知の方は少ないと思いますが」って但し書きがしてありますね。私、マイノリティーですわ。

     で、いつの間にやらトントンと「メタルトロニクス」の試奏がドラマーの方によってセッティングされており、それどころか価格交渉まで終わっておりまして(笑)、っていうか本人不在かよ!?まあ、面倒見のイイ人なんだわ。で、某日某所にて、私は「メタルトロニクス」を試奏しました。

     え~と、その今回検索して見つけた記事では、このアンプに対してネガティブな意見はほとんど無かったんですよ。っていうか、スゲ~アンプなのよ!実は。とにかく歪み方が半端じゃなくて、尚かつ太い音なんですよ。4ヴォリュームなんですがね。それらの組み合わせによってけっこうな歪みのバリエーションが創れるし……。

     ってなワケで惚れましたよ!!以来ずっとライブや練習で使い続けています。買ったのはヘッドだけだから、純正のキャビネットだと違う音かもしれませんが、まあ、私のサウンド探求の道は終止符を迎えました。セッティングも“シールド直”になっちゃいましたし。実際にはもっと良いアンプもあるかもしれませんが、ワザワザ探す気にはなれないくらい気に入ってます。ちなみにマーシャルは“パリ~ン!!”、フェンダーは“キラ~ン!!”、ブギーは“クチュ~ン!!”と言いましたが、メタルトロニクスは“ズゴ~ン!!”って感じです。

     ちなみにこのアンプにマニュアルが付属していまして、英語なんですがパラパラと読んでみました。そうしたら、何というか“アメリカ人って”って感じの笑える記述がありまして、直訳すると、
    「このスイッチをオンにすると雷鳴のようなサウンドにアナタは包まれるだろう!!」
    とか書いてありましたな(笑)。日本人だったらこうは書かねぇ~だろっ!?

     私がそんなに気に入っていても、今まで一度も対バンでこのアンプを使っている人を見かけたことがありませんし、練習スタジオに置いてあるのも見たことがありません。一度だけスタジオの広告の機材一覧に載っているのを見たことがあるだけです。全然売れなかったんですね。その理由を考えたんですが、当時としてはマーシャルよりけっこう割高だったことと、デザインがねぇ~……。まあ検索すると写真が見つかると思うのですが、うん、自分で持ってるけどお世辞にもカッコイイとは言えないな。でも、もし中古とかで15万以下だったりしたら、メタル系の歪みが欲しい人は“買い”だと思います。責任は取れませんが……。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック