FC2ブログ

    フィギュア世界選手権についての憶測と過去の記事のお詫び

     さてフィギュア世界選手権についての戯れ言です。
     ここで謝らなければならないことがあります。世界選手権及びオリンピックの出場枠について以前当ブログで書きましたが、「出場が1人の場合、成績が2位以内ならば翌年の出場枠は3人」ってのが抜けていましたな。っていうか、恥ずかしながら私はこのことを認識していませんでした。ず~っと、そうでしたっけ!?って、一体誰に訊いてるんだよっ?このオッサン!って感じですが、私はバカですね、っていうか無知ですな。とても反省してます。ですからず~っと以前に書いたロシアの男子シングル出場枠についての考察も間違いですな。いちおうオリンピックの出場枠については、ロシア男子シングルも3枠の可能性が残っていることになります。とにかく間違った記述に対してお詫びを申し上げます。ゴメンナサイ!もっとも、私がアホなのはフィギュア以外の記事において既に証明されている気がしますので、誰も気にしてないかもしれませんが(笑)。当該記事については後日修正するかもしれませんし、“もうイイや別に俺がアホだって思われるだけだから”という感じでもあります。

     で、ロシアの男子シングルの代表はコフトゥンになりましたね。ロシアの目論見としては、今季の1枠しかないところをプルシェンコによって、オリンピックでの出場枠をできれば3人、悪くても2人にするのが狙いだったと思われます。当初は欧州選手権の出場者3人、プルシェンコ、ヴォロノフ、コフトゥンの最も成績が良かった選手を世界選手権に派遣することになっていました。ところがプルシェンコが怪我を悪化させることになり棄権してしまい、しかも今期絶望。「普通にやればプルシェンコが世界戦へ」という思惑が崩れてしまいました。

     で、コフトゥンになったワケで……、まあこれは欧州選手権の結果からすれば“フェア”な決定なんですが、実はコフトゥンは欧州選手権の出場については、本来国内選手権3位のメンショフが出場するのが妥当であったのに、“将来性を買われて”5位だったのに出場した経緯があります。(ちなみに4位はガチンスキー)まあ将来性というのは事実でしょうが、タラソワさんの政治力も無関係ではないでしょう(笑)。

     とか勝手なことを書いていますが、コフトゥンでは現実的に考えて2位以内は有り得ないし、10位以内(2枠獲得)も難しいでしょう。まあ17歳ですから大会に出る度に成長していくことは充分に考えられますが……。余計なことですが、私的には素人考えながらガチンスキーを派遣した方が良かったような……。
     
     ついでにロシア女子シングル、3人目は誰になるのだろう!?とムダに気にしていたのですが(笑)、結局レオノワになったんですね。まあ、3枠獲得の立役者でもあることですし、実績的にも妥当だと思われます。もっとも、3人目が誰であろうとロシア女子シングルは3枠は余裕で獲れそうですもんね。でも個人的にはコロベイニコワが良かったかな!?まあ、どうこじつけても今季の成績からは、彼女が出場できる理由は見つからないんですが(笑)。でも一応補欠にはなってますね。

     というワケで、今後は細心の注意を払って書きたいと思いますが、やっぱり間違うかもしれません。そんな時はご指摘くださると幸いです。重ねて申し訳ございませんでした。
    スポンサーサイト



    シルバー・バースト

     さて、今回はギターの話である。しかもギブソン・レスポール・カスタムの話である。ハイハイ、そこのアナタ!、決して身を乗り出したりしないように!!何故ならきっと別にどうでもイイ話だからである(笑)。

     レスポール・カスタムのカラーについての話です。世の中のレスポール・フリークの方ならきっと気になるカラーだと思うのですが、“シルバー・バースト”というカラーについてです。え~と、このカラーは1980年頃に数量限定として登場しました。現在でもそこそこ存在するようで、「どうしても手に入れてやるぜっ!!」という強い意志を持っていれば、手に入れるのは可能だと思います。もっとも日本の楽器屋さんですと、数本のシルバー・バーストを弾き比べた末に買うというのは無理でしょうが。さすがにこのカラーだと複数本の在庫がある店はないかな!?

     で、まあ、このカラーを見たことない方は、ぜひウェブ検索で見て頂きたいと思いますが、どうですか!?何かスゲ~カッコよくありません!?“これだっ!!”って感じがするでしょ!?

     そうです。私はこのカラーはカッコイイと思っています。ただし、何かねぇ~、このカラーってその日の気分によって、印象が変わるんですよ。ある時は、「もう次にカスタム買うんならこのカラーしかないでしょ!?」とか盛り上がれたりするんですが、別の日には、

    「何かこれ、ペンギンみたいじゃね!?(笑)」

    みたいな気分になったりします。概ねカッコイイとは思っていますが、何というか微妙な感じでもあります。一応世間的にはクールなカラーってことになっているとは思うのですが、その割にはあんまり見ないのは、実は私のように……、イヤ、“ペンギンみたい”と思っているかどうかではなく、微妙に感じる人も多いのかもしれませんね。つまり、結局売れないから限定に留まっているというか……。

     じゃあカスタムで一番カッコイイのはどのカラーか!?っていう個人的な話をします。まあ世間的には元々のオリジナルである“エボニー”(黒)が一番なんでしょう。っていうか、私もそれがメイン・ギターだわ。で、次が“アイボリー”(クリーム、白)って感じだと思います。まあ、そもそもカスタムってこの2つの色が軸なのかな。

     ってなワケで、その軸の2つを持っている私なんですが、ホントのことを言うと一番カッコイイと思っているカスタムのカラーはこのどちらでもありません(笑)。「何だよ!?結局コイツは自分が持ってるのがカッコイイってか!?」という非常にツマラナイ結論にしても別に良かったんですが、違うんだな!実は。

     え~と、私が一番カッコイイと思っているカラーは “ワイン・レッド”です。やっぱこれでしょ!?カスタムは。ちなみにこのカラーはシースルーですので木目が見えます。私としてはトラ杢が出ていないプレーンな感じのメイプル・トップでワイン・レッドってのがベストだと思っています。で、当ブログを熱心に読まれているギター・フリークの方なら気づいてしまったかもしれませんが、私は以前、
    「レスポールは潰しの塗装の方がカッコイイ!!」
    とか書いてますね。ですから何か矛盾してますね。でも、ちょっとカスタムのワイン・レッドは例外ってことにして頂きたいです。それ以外については、やっぱり潰しがカッコイイと思っていますし、今後その意見が変わる予定も無いですが……。

     ってな感じです。最後まで読んでくれた方々、感謝します。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック