FC2ブログ

    ムダにスポーツ雑感3本

     プレミアリーグの優勝がほぼ決定しましたので、サッカーの話題が少なくなりつつありますね。ところで、レディングがブライアン・マクダーモット監督を解任し、後任に先日サウサンプトンを解任されたナイジェル・アドキンスを招聘したのは、アドキンスを気にかけていた私としては朗報です(笑)。しかしながら、どうしてこのタイミングでマクダーモットが解任なんでしょうね!?クビを切るならもっと早い時期だったのでは!?っていうか、もう今季いっぱいはマクダーモットでいくと思っていました。

     さらに、こちらは……、まあ噂が無かったワケではありませんが、サンダーランドのマーティン・オニール監督が解任されました。後任の発表はまだありません。オニールもサンダーランド就任当初は素晴らしい成績を残して、絶賛されていましたが……。まあ、よくあることっちゃよくあることですが……。

     マスターズ1000マイアミは、私がハースのことを書いてしまったこととは関係ないはずですが(笑)、結局決勝のカードはマレー×フェレールという、何というか“よくあるような”カードになってしまいました。まあ当ブログでは両選手ともけっこう“押し”てるじゃん!?だからもうちょっと喜べば!?って気もしますが、準決勝でそれぞれ負けてしまったガスケとハースの決勝になっていたら、面白いという意味では断然こちらの方が上だったのに……。まあ順当な結果なんですけどね。ちなみにマレーとフェレールは対戦成績がマレーの6勝5敗と競っていますが、ハードならマレー、クレーならフェレールというように棲み分けている感じでして(笑)、マイアミはハードですからマレーが優位でしょうな。まあマレーは久しくマスターズを獲っていませんので、そろそろですか!?先日私も「マレーは出る大会全部勝つぐらいのつもりで!!」とか偉そうにヌカしましたので、イイ流れなのかもしれません。

     とはいえ、本日私の最大の関心事はツール・デ・フランドルだったりするわけです。しかしながらジルベール出ねえじゃん!!(笑)先日、“フランドルはジルベールに勝って欲しい”とか当ブログに書いた私は、またもやスベッてますね。ってなワケで、やはりカンチェラーラ、サガン、ボーネンあたりの争いになるのでしょうか。サガンが勝っちゃったりしたら、もう既に言われ始めている、
    「カンチェラーラは終わった!!」
    って意見が加速しそうですが、私はそんなことないと考えています。チーム力よりも結局個人の力が無いと勝てないフランドルですが、天気の方も気になりますな。

     ってな感じで、ムダにゆる~くスポーツ雑感でした。またね。
    スポンサーサイト



    GARY MOORE 『Corridors of power』

     私はオッサンですので、ロックを聴くようになった当初、世の中にはまだアナログ盤しかありませんでした。で、特にお気に入りのアルバムは、アナログ盤を持っていても、後々CDで買い直すということを続けてきました。ところで、先日CDラックをざ~っと見ていたら、持っていると思っていたCDが何枚か無かったのです。いろいろ考えてみましたところ、友人に貸したままになって既に回収不能と思われるモノや、買ったつもりで実は買っていなかったモノがあることに気づきました。

     ちなみに私はあまり国内盤は買いません。両方入手可能な場合は、ほぼ輸入盤を買いますな。だって大抵の場合、アメリカ盤が出ているモノは国内盤よりかなり安いですし、国内盤についているライナー・ノーツなんて別に読まないもの……。まあ、輸入盤はケースがかなり粗悪な造りだったりしますが(笑)。

     ってなワケで、先日ネット通販で何枚かの“これは持ってなきゃヤバイだろっ!?”ってCDを注文しました。ちょうどセール期間だったようで、お目当てのアルバムが700円で買えたりしました。その中の一枚が、
    GARY MOOREの『Corridors of power』であります。(敬礼!!)

     まあね、ロック・ギター弾いてて、このアルバム持ってないのはマズイよね!?まあ、もちろんアナログ盤は発売当時にソッコーで買いましたし、彼の初来日公演も観たんですけど、何故か?ずぅ~っとCDに買い換えていませんでした。っていうか、自分では当然持っていると思っていましたな。何かの加減で漏れてしまっていました。だってゲイリーのその後のアルバムはほとんどCDラックに並んでいますもん!!

     で、本日CDが届きました。久しぶりに聴いてみましたよ!!1982年のアルバムなんですが……。え~と、ゲイリー・ムーアはキャリア晩年はブルーズになっちゃいまして、それらのアルバムも何枚か持っていますが、やっぱり、このロック時代の方が良いギターを弾いていると思いましたわ。何というか、すんごいムキになって弾いている感じに聞こえるんです。で、それがスピリット剝き出しって感じで、時には制御不能で誰にもマネできない感じ。やっぱりブルーズ時代になってからはリラックスした感じで、もちろんそれが「肩から力が抜けていてイイ感じ」って意見もあるでしょうが……、うん、やっぱりモノを創るのにリラックスしていてはダメなんじゃないかな!?とか思いました。もちろん、ゲイリーがどういう気持ちでプレイしていたかなんて、私には知りようもないですが……。

     ってなワケで、本日ゲイリーの昔のアルバムを聴いて思ったことは、
    「やっぱり人間、ムキになることも必要だな!!」
    って感じです。オイオイ、お前ギタリストなんだからもうちょっとギター・プレイのこととか細かく書けよっ!!って意見もあるかもしれませんが、これが一番感じたことなんですよ!!またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック