FC2ブログ

    ナダルに可愛げが出てきたような……

     さて、熱戦が続いているマスターズ1000モンテカルロですが、
     途中まではけっこう波乱があったりしましたが決勝は予想通りのジョコヴィッチ×ナダルということに。

     マスターズやグランドスラムの時には、ムダに“異星人テニスブログ”と化す当ブログなんですが、ことモンテカルロに関しては、
    「やる前から誰が勝つか決まってるじゃん!?」
    って感じでして、実は昨年は一度も触れませんでした(笑)。
     まあ今年は、“もうカップに名前が彫ってある”とかふざけたことをヌカしましたが、ナダルの9連覇まであと1勝です。ちなみにナダルはマスターズの最多優勝者なワケですが、その数の3分の1以上がモンテカルロってのは、ちょっとどうなんでしょう!?まあ仕方ないことですし、文句をつけるところでもナイような気がしますが……。

     アホな私は、ナダルと対戦する相手には、1セットを取るどころかタイブレークに持ち込んだ時点で勝ちというハンデをヤレよ!!とヌカしましたが、その“特別ルール”を採用しますと、準々決勝のディミトロフ戦、準決勝のツォンガ戦はナダルの負けです(笑)。 まあしかし、ナダルの試合を観ていて思いましたが、何というか以前より“面白くなった”気がします。まあ冷静に考えると、単にナダルの調子が完全ではなく、ことクレーコートであっても、相手にもチャンスが出てくるからだ!!という感じでもありますが、以前のナダルの“強過ぎて、結果として試合が非常にツマラナイ!!”というのとは別の何かをナダルに感じます。いつものように上手く言えませんが、ナダルに“可愛げ”が出てきたような……。

     ってなワケで、ナダルの連覇を止められるとしたら、ジョコヴィッチしかいないと思うのですが、彼もここまで“圧倒的”に勝ち上がったワケではありません。何と!4試合で2セットも(?)落としています(笑)。ところでジョコヴィッチのヘッドのCMは相変わらずイイ感じですね。何というかああいうところは好きです。希望としては、ジョコヴィッチに勝って欲しい私です。でももうカップには名前が彫ってあると思いますので、どうせならそのまま渡して欲しいですね。で、ジョコヴィッチが1週間ぐらいしてから、
    「あれっ!?名前がラファになってるじゃん!!」
    ということに気づく……みたいな。

     いつものようにムダなことを書き連ねていますが、本日の重要なスポーツ・イベントはモンテカルロ決勝だけではありません。サイクルロードレースのリエージュ~バストーニュ~リエージュもありますし、F1も、そしてスパーズ×シティ戦もあり、見事に時間もかぶりまくりです。で、リエージュ~バストーニュ~リエージュなんですが、先ほど公式HPに行ってみましたところ、まだライダー・リストが出ていませんでしたが、クリス・フルームが出るようですね。みんな好きでしょフルーム(笑)。まあ本命は今度こそジルベールだと思うんですが、今回もグランツール総合を狙う選手達が大勢エントリーしています。アンディ・シュレクはまたもや集団から遅れていくのでしょうか!?ムダに注目ですな。またね。
    スポンサーサイト



    Tokai ST-60

     更新がいつもより遅い上に、当ブログとしてはかなり異例なんですが……、何と3日間連続でストラトキャスターの話題です。あれっ!?当ブログは“レスポール・ブログ”じゃなかったっけ!?イヤ、レスポール・ブログでもねぇ~し!(笑)

     ってなワケで、一体どうしたことか?実は古くからの友人が、
    「高校の時に買ったTokaiのストラトがあるんだけど、もう20年もほったらかしでホコリを被っている。で、もう使わないからお前にあげるよ!」
    って話がありまして、そのストラトが私の元へやってきたのです。

     その友人は「買ってから10年ぐらいは使ってたけど、その後20年はギター・スタンドに立てかけたまま、部屋の片隅にオブジェとして置いていた!」模様。タマにはクロスで拭いたりしてたけど、う~ん、このところはどうだったかなぁ~!?ってレベルだったそうです。

     さて、そのギターなんですが、ネットで調べたところ多分Tokai ST-60だと思われます。色は一見黒に思えるのですが、“メタリック・ダーク・ブルー”ってな感じでしょうか。何故この色なのか!?と友人に訊きましたところ、
    「青いギターが欲しかった!!そしてその店には青いのはそれだけだった!!」
    だそうです。ウンウン、最初にギターを買う理由としては合格ですな(笑)。
     
     そのギターはとても汚れていましたので、まず錆びた弦を外して、ボディを掃除することから始めました。どのように掃除したかは書きません。何故ならギター愛好家の怒りを買うような方法も使ったからです。でも大丈夫だよ!!ストラトなんだから!!ってことでご了承頂きたい。ところでそのスペックなんですが、あろうことか(?)、メイプル指板であって、さらに……、まあこれはオールド・フェンダーのコピーだから当然なんですが21フレットですな。私自身が買う可能性は基本的にゼロですな(笑)。でも、だからこそ面白いかも。

    “20年放置”ってことが非常に気がかりでして、実際には演奏不能な状態であっても不思議はナイと思われましたが、ネックは全く反っていません!!全然大丈夫!!むしろほぼ完璧と言って良いくらいで、私の持ってるギターよりイイんじゃない!?って感じ。その他のブリッジやペグといった可動部品もホコリがけっこう詰まっていたりしましたが、まあ大丈夫。ってなワケで新しい弦を張ってみることに……。

     通常ストラトには09~42のゲージを張る私ですが、10~46を張ることにしました。どうしてかって!?10~46のストックの方が大量にあったからですよ!!ってなワケで弦を張り変えまして弾いてみました。う~んネックが太い!!何というか“幅広い”ぞ。そしてその生音なんですが……。

    「!!!!」

     イヤ、これは誇張じゃなくてスゲ~イイ音!!音量バカデカ!!ボディ共振しまくりな感じですね。まあしかし生音がでかくてもアンプからの出音が結局は勝負どころです。友人は「実際20年音出してないから音出ないかもよ!!」と言っていました。で、今度はローランドのプリアンプに繋いだのです。でオリャーって感じで弾きましたが……、音出ませんわ(笑)。ここで“弦を張り換える前に、まず音が出るか確かめるのが先だったのでは!?”というツッコミは、多分正解です(笑)。そうね、順番違うかも。

     ってなワケで、あちこちのノブやスイッチをゴチャゴチャといじってみると、音が出ました。どうやらヴォリューム“7”ぐらいのところでだけ音が出るようです。で、その音が出る状態で、トーンやセレクターをいじってみましたらこちらは正常な様子。うん、ピックアップも3つとも生きてます。つまりヴォリューム・ポットがよろしくないのだな。

     で、とりあえずその状態で出音を聴いてみました。え~と、非常に聴き慣れた“ストラトの音”という感じ、私的にはとても“アメリカン”な感じとでも言いますか。Bladeのストラトってけっこう上品な感じの音ですが、こちらはワイルドだな。でも多分一般的に知られているストラトの音のイメージは、きっとこちらのTokaiの方が近いでしょうね。でもイイ音だよ。まあいわゆる“ジャパン・ヴィンテージ”世代のギターだからね。

     ってなワケで、一度電装系を見てみようと思っています。まあ、私はこういうの得意じゃないんですよ。変な牛舎の友人がこういうの得意だったから、一度相談してみようと思います。上手くいったら、私の音のバリエーションが増えそうだよ~ん。まあ、経過はそのうちまた報告します。誰も待ってないでしょうが。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2013/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック