FC2ブログ

    9連覇ならず!!

     ってなワケで、昨日はスポーツ・イベントかぶりまくりで、どのチャンネルを観るべきかてんてこ舞いだった鈴木です。“幸せな人ね!?”って感想は……、え~と、そうでもないです。将来のこと考えると……。
     
     まあ軽くサッカーから行きますと、スパーズがシティに勝ちましたので、本日ユナイテッドがホームでアストンビラに勝ちますとリーグ優勝が決定いたします。まあその可能性は非常に高いと思われます。億が一、引き分けだったり負けちゃったりすると次節以降に持ち越しですが、まあホームだし決めてしまってもイイんじゃないか!?

     リエージュ~バストーニュ~リエージュは、またもやジルベール不発。ダニエル・マーティン(ガーミン・シャープ)が優勝しました。え~とですね、このダニエル・マーティンについて私はいつも、

    「強いのは認めるけど、イイトコまでしか行かないんだよね。」

    と考えていました。しかしながらここでビッグ・タイトル獲得ってことは、今後さらにもう一皮剝けるのかもしれません。ゴメンね、マーティン!!私はアナタを侮っていました。ちなみにアンディ・シュレクはまたダメでした。大丈夫なんでしょうか!?っていうか、アシストの選手達はやってられないのでは!?

     さて、今回最大のトピックは“異星人テニスブログ”としてはモンテカルロです。せっかく優勝カップにナダルの名前を彫ったのに(笑)、ジョコヴィッチがナダルのモンテカルロ連覇を8でストップしました。私はナダルのモンテカルロ連覇は、ナダルが引退した時に途絶えると思っていました!!(笑)しかし昨日のジョコヴィッチはほぼ完璧!!相変わらず奇跡の体幹ですね。ファースト・セットはあわやベーグル!!ってとこまでいっちゃいましたな。まあしかし、この2人の対戦はクレーコートにおいてはベスト・カードですね。中継を観ていて、
    「ウソだろっ!?」「有り得ねぇ~!!」「おかしいだろっ!?」
    などと1人で言葉を発していたのは、ストラト弾きになった鈴木です。ええ、もちろんストラト弾きになったというのはウソです。
     
     それにしても、ナダルの調子がどれほどなのか今一つ掴めませんが、バック・ハンドの威力が無くなったというか、エラーが増えたというか……、そんな感じに見えました。でもまあ、意外とナダルも試合後はサバサバしていたというか、連覇の重圧から解放されたかにも見えましたね。ただ、今後の全仏までのクレーコート・シーズンにおいて、この日の勝敗が影響してきそうな感じもします。とか偉そうに言ってみます。

     ってなワケで、ギターが直るかどうかやってみます!!またね。
    スポンサーサイト



    自分の限界にムダに挑戦してみた

     どうも、“ストラトキャスター・ブログ”の鈴木です(笑)。ってなワケで、Tokai ST-60の意味のない続報です。ところで、先日“音がちゃんと出ない!”と当ブログに書いたわけですが、例の
    変な牛舎素敵な牛舎の友人”から、こちらが頼む前に早速様々な解決策についてのメールがありました。本日よりそれらをいろいろと試してみるつもりであります。(敬礼!!)ホント、有り難いことです。やはり彼は特別仕様の牛舎を所有しているだけあって、そういう方面には強いようです。彼と再び連絡が取れるようになっただけでも、ブログをやっていた甲斐があったかな!?と思っています。(涙)

     ってなワケで、音が出ないエレキ・ギターとはいえ、私はどうせ普段はアンプに繋いだりしませんので、昨日はほとんど終日と言ってイイほどそのストラトを弾いていました。しかし、以前も当ブログに書きましたが、あのヴォリューム・ノブの位置はどうにかならないでしょうか!?みんな邪魔じゃないのか!?私は1、2弦を弾く時にはもうダメです。以前ネットで、
    「ヴォリューム奏法には最適じゃん!?」
    って意見を見たことがありますが、あんなに近くなくてもイイだろっ!?近ければイイってモンでもないんだよ!!ヴォリューム・ノブも駅も(笑)。

     さて、私は“弦高バカ高ギタリスト”として狭い世間で知られていますが……、最初はそのストラトもいつも通りの弦高にセットアップしたのです。まあしかし、ネックの状態が良好だし、半分ネタの意味も含めて試しに“普通ぐらいの弦高”にセットアップして弾いてみようと思い立ちました。で、標準と言われる
    「6弦12フレット上で2ミリ前後」とかにしてみたのですな。え~と、……別にビビリとか出ませんが、何かギターを弾いてる感じがしませんな。エア・ギターってこんな感じか!?(笑)何というかフィジカル的な感覚に乏しいです。それとヴィブラートとプリングとハンマリングとチョーキングが非常~にやりにくいです。えっ!?それってほとんど全部じゃん!?(笑)

     ってなワケで、まあ通常レベルは無理だわ!ってことになりましたよ。まあコードは楽だけど。そこで、
    「じゃあどの程度なら許容範囲なのか!?」
    というのを探ってみようと思いました。自分自身も含めて誰の役にも立ちゃしない気もしますが……。

     そこで一度下げた弦高を徐々に上げていくことに……、ストラトは弦高が個々に変えられるのは良いけど(まあ指板にアールがついてるからだけど)、その分面倒だなとか思いながら。ちょっとだけ上げて弾いてみる、プリングできない!!またちょっとだけ上げて弾いてみる、チョーキングですべる!!ということを繰り返すこと数回。やっと自分にとっての演奏限界レベルの弦高に到達。うんうん、けっこういつもより低いかな!?やればできるモンだな!?とか思いながら、それがどのぐらいなのか6弦12フレット上にピックを重ねて挟んでみることに。

     自分としては「これは3ミリ弱ぐらいじゃないだろうか?」と思っていました。そこで、愛用ピック厚さ1ミリジャストを3枚重ねて挟んでみました。
    ……、え~と、あっさりスルッと落ちましたな(笑)。4枚なら止まりますね。もっとも通常弦高でも4枚なら止まるっつぅ~の!!

     え~と、ですからイイトコ3.3ミリとかそれぐらいかな!?通常は3.8ミリぐらいだと思われます。

     ってことで、やっぱり弦高は低くできないようです。でもこのストラトはこのまま「やや低目」で弾き続けようと思っています。それだけです。長々と失礼しました。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2013/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック