FC2ブログ

    やっぱり切れるように

     先ほどタバコに火を点けようとしたら、ジッポーのオイルが切れているようだ。
     実はパソコンのところにジッポー・ライターは2個置いてあるので、もう1個の方を手に取ってみる。……こちらもオイルが切れている。え~と、もともとはオイル切れの状態にならないように2個置いておいたのだが……。つまり、最初のイメージでは切れた方は順次オイルを補給して常にどちらかは使える!!……だったはずなのだが。
     結局は一つが切れると切れていない方を使い続け、そのうち2個とも切れて2個同時にオイルを補給するということを繰り返している鈴木です。2個置いてある意味が全然ありませんな。こういうことって、みなさんはありませんか!?

     さて、「ありませんか!?」じゃねぇ~よっ!!って感じですが、この前置きは今回の記事とは多分関係ありません。このところ初夏らしい感じになってきましたね。私は基本的に暑いのは平気ですので、歓迎ムードであります。(敬礼!!)CDプレーヤーもすっかり顔見知りしなくなったし……。

     しかしながら、昨年から何度か当ブログで駄文を綴っているように、暑いとギターの弦が切れやすい疑惑(というか事実!?)が、私の生活を蝕みます。実を言いますと昨年の11月ぐらいから……、まあ、つまり寒くなってから今年の4月までの約半年で、別名“6弦切れ切れギタリスト”であるはずの私は、その記憶が確かであるのならば「2度しか」6弦を切っていませんでした。

     ところが、この1週間で6弦を3度切った鈴木です(笑)。
     ちなみにYAMAHA SF、白レスポール、Tokaiストラトとそれぞれ別のギターで切りましたな。まあ考えように因っては同じギターで週3回切るよりはマシですが……。

     どれか1本の弦が切れてしまえば、その都度全部の弦を交換することにしているのですが、この時に正直言って3弦とか2弦とかは全然死んでませんな。セコイ話ですが、
    「6弦だけ換えることにしちまおうか!?」
    とか考えることがありますな。っていうか、「そうすればイイじゃん!?」と同意してくれる方もいるかもしれませんね。

     しかしながら、そうなると6弦のスペアってのを用意しておかねばなりません。つまり通常、弦はセット単位で買いますが、それとは別にバラで6弦を買っておくということです。しかしながら賢い読者の方はお気づきと思いますが、このバラ売りってのが難儀なのです。たとえばアーニー・ボールは1セット500円程度ですが、その6弦のバラ売りは1本400円程度します。バラ売りだとスゲ~高いのです。っていうか、誰でもそう感じるでしょうが、6弦を1本だけ買うお金にあと100円足せば他の5本も手に入るとか考えると非常ぉ~にバカらしいですよね。

     これが“普通に”よく切れるのは1弦だ!という場合だと随分状況が変わってきます。1弦でしたら100円程度で買えますので、「スペアとして買っておく」という気にもなります。実は若い頃私もそうでした。昔は切るとしたら人並みに1弦だったのに……。

     ってなワケで、「6弦スペア購入作戦」ってのは実行不能なのです。バカバカしいのです。でもホントのことを言うとフェルナンデスの6弦だと200円ぐらいで買えますので、試しにやってみたことがあります。でも、フェルナンデスというメーカー自体をけなす気は全然ないですが、その弦は酷いモノです。「6弦だけフェルナンデス」ってのはやってみると判りますが、とても哀しい気持ちになります。

     とまあ、ズラズラとムダに書いてきましたが、私の場合は切るのは大抵6弦ですので、全部換えようが6弦だけ換えようが、コスト的にほとんどメリットがありません。ですから1~2週間で6弦が切れてそれを機に全部換えるってのは、「まあそんなモンだろ!?」ぐらいに考えることにしています。

     さて、弦の話を書きましたので、ついでに書いておきましょう。実はホームページに一度書いた話なんですが、こっちにも書いちゃお!!
     “コーティング弦”についての私の意見です。以前はエリクサーとかだけだった気がしますが、今では各社から出ていますね。この弦は要するに弦の表面にコーティングが施してあって、非常に酸化しにくくそれ故弦自体の寿命が長いというものです。その分多少高価ですが。で、既に自分の技術がそれなりに達していて、「俺の勝手でしょ!?」って言う人には何も言うつもりはありませんが、“上達途上であって、もっともっと上手くなりたい!!”って人には私はお奨めしませんな。え~とですね、何故なら「弾いているうちに徐々に弦がヘタレていく!!」っていうのを感じ取るのもギターの上達には必要だと思うからです。良い音とそうでない音を知るというのは感性にとって重要です。コーティング弦だと中々音がヘタレないから、その「良い音とそうでない音の違い」を知る機会が激減しちゃうでしょ!?だから、上手くなりたければ普通の弦を使った方が良いと思っている鈴木です。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    やっぱり燃え尽きたぜ!

     本日はちょっとした屋内の配線工事がありまして、それが午前中の予定でしたので、それが来る前にってワケで、1本目のブログの更新はやや急いでやってみた鈴木です。で、もう1本書くつもりでした。まあそれが本記事ってことになるわけですが、いつまで経っても工事業者が来ませんな。じゃあもう1本も書いちまうか!?とか思って書き始めたんですが、そうしたら業者が来ましたな。そんなモンですな。立ち会い工事だと面倒ですね。予定が立てられませんな。もっとも、工事中にブログを書いていたって別にかまわないでしょうが、後ろからディスプレイ覗かれたらイヤですな。

     ってなワケで、ジロ・デ・イタリアが終わりました。
     私は燃え尽きました!!毎年この時期に一度燃え尽きることになっていますので、みなさん、心配しないで下さい。(してねぇ~し!)
     予想通りヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)が総合優勝!!おめでとうニーバリ!!リーダーなのに自分から仕掛けるなんざぁ、非常に男前です。もうほとんど圧勝と言ってイイくらいでしたが、表彰式の国歌吹奏の時には涙が……。イヤ、マジでニーバリ時代が来るかもしれません。

     そして2位のリゴベルト・ウラン(スカイ)。しかしまあスカイというチームは凄いですね。エースの“もみあげナシ”のウィギンスがリタイアしたというのに、ウランが2位に入って、チーム総合も獲っちゃうんですから。しかしウィギンスは不完全燃焼でしたからツール・ド・フランスではムダに頑張りそうですね。今季はクリス・フルームがエースの予定ですが、何かねぇ~……、楽しみですよね(笑)。

     そして3位は「ツールに向けての調整」のはずのエヴァンス。最後の最後であの愛すべきハイトーン・ヴォイスが聞けて嬉しいバカな鈴木です。カヴェンディッシュも念願のジロでのポイント賞おめでとう!!イヤァ~、平坦ステージでの強さはやはり別格。
     
     ランス・アームストロングの大スキャンダルがありましたので、今年のジロは盛り上がるのかなぁ~!?とムダに心配していた鈴木ですが、むしろ例年よりも沿道の観客は多いように感じましたね。まあイタリア人が活躍したからってのもあるでしょうけど。ついでに書いておきますが、今年のジロのポディウム・ガールは非常にキレイな人が多かったように思います。鈴木はいつもジロのポディウム・ガールはイマイチだなと思っていましたので(笑)。

     さて、ロードレースはこの後 クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ、ツール・ド・スイス、そしてツール・ド・フランスと続きます。私は大変です。イヤ、大変なのは選手ですね。ちなみにツール・ド・スイスは日本で放送があるステージ・レースでは、景色が最も美しいレースです。流しているだけで、もう旅行番組として通用しそうなほどです。ついでにポディウム・ガールも毎年一番キレイだと個人的には思っています。機会が有ったら見てみるとけっこうラッキーな思いをするかもしれません。ってなワケで、一度燃え尽きましたが全仏オープンのためにリセットする鈴木です。またね。

    “レスポール・ブログ”に戻してみる

     さて、最近ストラト弾きになった鈴木です。
     イヤ、もちろんウソです。しかしながらこのところストラトの話ばかりですので、“レスポール・ブログ”であったはずの当ブログ本来の姿に今回は戻してみましょう。

     さて、私はこれまで当ブログで何度か“欲しいギター”について言及しました。買えるかどうかはみなさんに懸かっています!!というのは実はウソで、ホントは自分に懸かっているってのは理解してます。で、まあ次に買うとしたら多分ギブソン・レスポールなんだけど、きっとカスタム・ショップ製は買わないだろうな!?自分で買うならギブソンUSAにするだろうな!?とかムダなことを書いてきました。

     ところで、カスタム・ショップ製については買わないと言いつつも、「買ってもらえる(笑)」としたら欲しいのが3本ほどあるんだよ!ということも書きました。そうしたら、その欲しい3本のうちの1本がソッコー売れちゃいました。これは当時バラしませんでしたが、ヒスコレ57年モデルのトップがレッド・スパークル、バックがナチュラルというとんでもなくイカしたカラーのレスポールでした。

     で、どうやら残った2本のうちの1本も売れちゃったようです。イヤ、ひょっとしたら明日とかに私の家にプレゼントとして届くのかもしれませんが(ねぇ~よっ!!)、当ブログの“57年モデル”という記事でネタにした、ブルー・マイクロ・スパークル・トップにナチュラルバックという気絶しそうなほどイカした仕様のレスポールです。

     この記事を書いたのは昨年の11月ですから、私は約半年の間ムダに片想いをしていたことになりますな。まあ、君との恋が叶うとは思ってなかったけどさ。私の感覚からすると、これまでこんなに長い間売れないでいる方が不思議でしたから……。この世に幸せな人が増えたことを祝福しますよ。

     ってなワケで、私にギターを買ってくれようとしている方達にお知らせですが(笑)、私が欲しいのは残り1本ですよっ!!で、この残りの1本とは“何故売れないのか謎である”という記事でネタにしたパープル&シルバー・スパークルのレスポール・カスタムです。これはず~っと売れませんな。入荷当時の価格からプライス・ダウンされましたが、それでも売れません。でもスゲ~カッコイイじゃん!?

     とか思っているんですが、実は素敵な牛舎を持つ友人からメールが来まして、
    「お前が欲しがってるレスポール・カスタムを見てみたが……、お前は大阪のオバちゃんか!?」
    と言われましたな(笑)。イヤ、彼には大阪のオバちゃんをけなす意図はナイと思われますが、とにかく
    “有り得ねぇ~!!”とか言われました。
     そうか!?……、でもここまで売れないってことは、そういうことなのかな!?
     ってことは、私の手元に来るのがギターにとっては幸せなんでしょうね。ですから我こそは!!と思ったみなさん、お急ぎ下さい!!(バァ~カ)

     最後になりましたが、昨日ホームページが更新されました。こちらもどうぞよろしくお願いします!!またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    おめでとう、バイエルン!!

     正直言ってチャンピオンズ・リーグの決勝ってのは、意外と退屈な試合になりがちです。
     でも、素晴らしい試合でしたね!!
     私がこれまで観た決勝戦ではベストかも。
     これほどお互いの持ち味を出し切る試合というのは、準決勝までのホーム・アンド・アウェイならいざ知らず、一発勝負では難しいのではないでしょうか!?
     
     とにかく、バイエルン優勝おめでとう!!
     今季のバイエルンは長年にわたってあった“退屈さ”のイメージが微塵も感じられなくて、素直に祝福したい気持ちであります。(敬礼!!)
     試合を観ている間は、「ドルトムントがやっぱり勝つんじゃないか!?」とか思っていましたけどね(笑)。
     でもね、リベリとロッベンがあの調子では……、やっぱり勝つのは難しいか!?
     まあ、ある種の“正義”だったのかもしれませんね。

     ドルトムントのGK、ヴァイデンフェラーは素晴らしかったですね!!
     それとドルトムントのサポーターは……、彼らはいつでも素晴らしい!!
     このサポーター達がいるから、ユルゲン・クロップがどこか別のビッグ・クラブへ“栄転”するのはヤメタ方がイイ!!と思っているんですけどね。ドルトムントはそのサポーターを含めて“世界有数のビッグ・クラブ”だろっ!?別に“栄転”しなくて良くね!?まあ、でも世間的にはそういうワケにもいかないんだろうな……。

     ってなワケで、バイエルンはドイツ・カップの決勝も勝てば3冠ですね!!このままの勢いで達成しそうですな。そして来季グアルディオラに途轍もないプレッシャーがかかるというわけですね!!バカなオッサンの根拠も意味もナイ私見っていうか、ムダな予言を述べておきますが、バイエルンは5年後ぐらいに、
    「あの時ヘタにグアルディオラに監督を代えなければ良かった!!」
    って言うことになるぞ!!きっと。

     とまあ、最後はバカな結びになっていますが、話は変わってジロ・デ・イタリア。ニーバリの総合優勝が確定しました。まあ予想通りだけどね。でもニーバリは私のみならず世界中の人々を驚かせるほどの強さを見せたような気がします。あんなにタイムトライアルの能力が向上しているとは!!ニーバリは近い将来間違いなくツール・ド・フランスのウィナーになるだろうなと確信しましたよ。ツールだと“テクニカルな下り”ってのもけっこうあるしね。それと“ツールに向けての調整”で出場したはずのエヴァンス。昨日はタイムを失い、総合3位になってしまいましたが、きちんとその役割を果たしたというか底力を見せつけたような気がします。ステージ中止などというアクシデントに見舞われたジロ・デ・イタリアですが本日が最終日です。私は毎年のことですが、今晩、
    「ジロとともに燃え尽きる!!」
    予定です。またね。

    結局上げちゃうんだな

     このところ夜中にブログの更新をまったくしなくなった鈴木です。
     そのせいで、目覚めてからのプレッシャーはけっこうなモノです。
     まあ自分で勝手にやっている決め事とはいえ、更新するまでは気持ちがザワついてしまいますね。

     ってなワケで、もう午後じゃん!?ってことで“空振り”をさせてしまった訪問者のみなさまにはお詫びを申し上げます。謝ればイイというモノでもありませんが、それなりに気にしているのです。

     さて……、どうして更新が午後になってしまったか? というと、チャンピオンズ・リーグ決勝を観ていたからだ!!ということをご理解願いたいところです。でも、今回の記事ではそのことは書きません。(何で?)

     で、実は今回はギターの戯れ言を書くのです。
     昨日の記事でTokai ST-60の弦を09~42に換えたら、
    「もうテンションがユルユルに感じちゃって、まるでエア・ギターのようで、弦高を自分的な限界まで下げていたんだけど無理だからやっぱ上げる!!」
    と宣言しましたが、それを実行しました。これまではこのTokai ST-60に関しては6弦12フレット上で
    “3mm強”程度の弦高にしていたワケですが、イヤね、それでもけっこう高いだろ!?ってツッコミがあるのは理解できますが……。私は“弦高バカ高ギタリスト”として世界的にはまだまだ無名ですが、狭い世間では多分知られているんですよ。

     ってなワケで、スーパーライトでも私的に充分な弾き心地を得られるレベルまで弦高を上げることに。ちなみに私のギター達はBladeストラトが最も高い弦高にセッティングしてありまして、これが大体6弦12フレット上で4mmジャストぐらい。うん、1mm厚のピックを4枚重ねてピッタリぐらいだな。レスポールはもうちょっと低目で、3.7mmぐらいかな!?

     で、まあ弦を軽くしたとは言っても、ちょっとだけ上げるに留めてレスポールよりは低くしようと思っていましたが……、う~ん、無理だな。それではまだ全然左手のリアクションが軽すぎる。じゃあ、レスポールと“ほぼ同じ”ぐらいでは!?ストラトの方がスケールが長い分テンションがキツクなるはずだから、これでいけるかと思いましたが……。まだ無理だよ(笑)。で、結局Bladeストラトと同じぐらいになっちゃいましたな。え~と、スーパーライトとレギュラーってこんなに硬さに違いがあったっけ!?

     ダダリオの09~42だったら硬く感じるからもうちょっと下げられたかも!?うん、この前買ったスーパーライトはアーニー・ボールだったのよ。っていうか、冬からこれまでにかけては弦がほとんど切れなかったので、アーニー・ボールしか買っていなかったのです。このところ気温が上がってきたら、やっぱり弦が切れやすくなってきましたので、今後はまたダダリオとアーニーを半々ぐらいで買うことにしようかな!?

     もっとも、この暑くなると弦が切れやすいとか、ダダリオの方が硬く感じるし弦が切れにくいってのは私個人の感想ですからね。決して鵜呑みにはしないで下さい。ってなワケで、スーパーライトだとどうしても弦高を上げてしまう鈴木ですが、きっと賢い方なら気づいていると思いますが、これほど弦高を上げてしまうとどうしてもオクターブ・チューニングが厳しくなりますな。うん、3弦と6弦はねぇ~……、まあギリギリまで駒を後ろに下げても微妙に無理ですな。ホントのこと言っちゃうとね(笑)。それじゃダメじゃん!?とか言われちゃうと、返す言葉が無かったりしますが……。まあ気持ちで何とかするってことでご容赦願いたい!!またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック