FC2ブログ

    実は持っていたんだよ……、ハムバッカー・ストラトを!

     さて、スポーツ・ネタばっかりじゃん!?って声は別に聞こえてきませんが、今回はギターの話です。しかも私はかつて“ハムバッカー・ストラト”を実は持っていたことがある!!という話です。

     まだ私が上京して間もない頃の話。以前当ブログで書きましたが……、とは言ってもその記事の記憶がある方がどれほどいるのか? って話ですが、友人の知り合いのリペアマンにレスポールのピックアップ換装とフレットの打ち換えをやってもらったことがあります。で、そのリペアマンさんが、
    「実は手放したいギターがあるんだけどよかったら買わない?」
    と、その友人を介してギターを持ってきました。

     そのギターは、とあるギタリストがESPでオーダー・メイドしたギターで、2ハムバッカーのストラト。ストラトとは言ってもボディ・タイプはフェンダー系ではなくて、ジャクソン系の“メタル仕様”のギターでした。エボニー指板で24フレット、ファインチューナー機能が付いたフロイドローズ、そして色は、あのレスポールの“シルバー・バースト”みたいな感じでした。

     20年以上前の話ですが、多分最低15~20万円はしたでしょうね。で、どうしてそのリペアマンさんがそのギターを持っていたのかというと、その元々のギターの所有者にお金を貸していたのだけれど、
    “借金のカタ”ってことで手に入れたそうです。その金額が一体いくらだったのかは知りません。

     で、友人が私の家に持ってきてくれましたが、私の第一印象は、
    「自分のタイプのギターじゃないけど、それなりに高そうなギターだな!」
    というモノでした。まあ“妥当な値段”、たとえば中古だから8万とか言われたらきっと買わなかったでしょう。ところが友人曰く、
    「お金が直ぐに必要らしくて、3万でイイらしいよ!!」

     えっ!?このギターが3万だったら……、楽器屋の店頭にあれば、きっと最初に見つけた人が買うだろうな!?(笑) ってなワケで、あまり考えずに買うことにしました。

     さて、実際に弾いてみてどうだったか!?ってのは、私がこのギターを既に持っていないことから推して知るべしって感じですが……(笑)。
     私は当ブログでも書いていますが、アルダーやアッシュのボディにハムバッカーというのはどうにも……、まあ“良くない”と言うと語弊がありますから“好みではない”ってことにしておきましょう。さらにエボニー指板なのは良かったのですが24フレットあるのがフロント・ピックアップの良さを殺してしまっています。加えてフロイドローズはブリッジミュートがとてもやりずらい。ファインチューナーが付いているのがさらにそれを加速するって感じ(笑)。

     ってなワケで、もうほとんど3日ぐらいで弾きこなそうという気がなくなりましたな。一応せっかく買ったのだからということで、ケースにはしまわずスタンドに立てておきましたが……、でもほとんど手に取りませんでしたな。

     そしてこのギターがどうなったのかというと、当時“そのプロジェクトをヤメタ理由”という記事で書いたプロジェクトをやっていたのですが、そのリーダーであり、本職はドラマーだけどそのプロジェクトではギタリストの方が私の家に遊びに来た時に、

    「えっ!?何このギター!?こんなのお前持ってたか!?」

    ってなワケで興味津々。私は入手した経緯を説明して、買ったのは良いけど弾かないんですよねぇ~、好みじゃないんですよねぇ~、という話をしました。するとそのリーダーが、
    「じゃあ、借りていってもイイか!?」
    と言いましたので、まあ快諾。そして話は急展開で、そのプロジェクトの次の練習の時に、リーダーは私の貸したギターも持ってきていまして、
    「気に入ったので売ってくれないか!?」と言いましたな。

     ギターはやっぱり“弾いてナンボ”ですわ。私の手元にあったところでどうせ弾かないのは目に見えています。もちろん売ることにしました。私の手元にあった期間は2~3か月というところですね。やっぱり気に入った人が持っている方がギターも幸せですよ。いくらで売ったのかって!?そのままスライドして3万ですよ。リーダーは「ホントにイイのか!?」とか言ってくれましたが、入手した経緯もバラしちまいましたし、お世話になっている人だし、土地じゃあるまいしギターを転がすワケにもいきませんな。

     もっとも、私がこのギターを売ってしまったことを、私に売ってくれたリペアマンさんは後に知って怒っていたらしいですが……。だって“貰った”のならともかくも、私は“買った”のだからその後どうしようと私の勝手でしょうに。しかも“儲け”だって出てないしね。きっと、私が“一儲け”したと思ったのでしょうね。

     ってなワケで、非常にムダに長くなりましたが、こういうことがあったので“ハムバッカー・ストラト”には全く興味がナイ鈴木です。これが狙ったオチなんだとしたら、もっと簡単に書く方法はいくらでもあった気がします。読んでくれた方お疲れ様でした。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック