FC2ブログ

    ヤ○○・ギタ○のせいで受けた屈辱

     いきなり何故か判らないんですけど、突然昔のことを思い出しまして、それを書いてみます。確か私が高校3年生だった頃の話ですわ。Thin Lizzy(シン・リジィ)という偉大なるハード・ロック・バンドをご存知でしょうか!?はっきり言って私はこのバンドにかなり影響受けてます。黒いレスポールがメインギターなのも、ブライアン・ロバートソンの影響が大だったりします。でもプレイの影響は受けてません。(何じゃそら!?)ジョン・サイクスじゃなかったのか!?って意見もありますが……。

     ってなワケで私は高校時代からず~っとThin Lizzyは好きなんですよ。で、実はこのバンドの『Black Rose』ってアルバムは、確か私が買った2枚目の洋楽ロック・アルバムです。ちなみに1枚目はマイケル・シェンカーの『神』で、3枚目はU.F.Oの『U.F.Oライヴ』だったと思います。

     で、このアルバムのギタリストはゲイリー・ムーアとスコット・ゴーハムなんですけど、Thin Lizzyってのはツイン・リード・ギターが売りですから、いずれのギタリストもソロをとります。このアルバムに入っている「Waiting for an Alibi」(邦題:アリバイ)って曲は当時シングル・カットもされており、バンド小僧達には人気の高かった曲なんです。

     さて、この曲でソロをとっているのはスコット・ゴーハムです。そのトーンやフレージングは“どう聴いても”スコットのギターです。きっと逆回しにしたって判るはずです!!ですから、私はこの曲について友人達に、
    「この曲のスコットのソロはイイよねぇ~!!」
    と言ったのですが、友人達はそれを理解してくれずに、
    「えっ!?このソロってゲイリー・ムーアじゃないの!?」
    とかヌカしやがりました。っていうか、このソロは確かに、

    “スコットにしてはハデと言うか速弾き”

    であったのが影響していたとは思います。

    「イヤイヤ、この音とフレージングは何度聴いてもスコットでしょ!?」
    と私は主張し続けたんですが、あえなく多数決で(笑)このソロはゲイリーということにされちゃいました。

     しかもそのちょっと後、とある雑誌に、まあ仮にヤン○・ギターとしておきましょう。この当時の高校生にとってはヤング・○ターって雑誌は大層よく読まれていた雑誌です。言ってみれば、ギター小僧達にとってはヘタすりゃ“世論”みたいなモンですわ。お~っと、伏せ字の場所を間違えちまったよ。(ワザとだけど)で、このヤング・ギ○ーにその『Waiting for an Alibi』のスコアが載ったわけです。で、当然奏法解説が付いているワケですが、よりによって「このゲイリーのギター・ソロは……」とか書いてありまして、私は友人達に、

    「ほ~ら!?やっぱりゲイリーのソロだって書いてあるじゃん!?だってヤング・ギタ○に書いてあるんだぜっ!!」

     とか言われましたな。私はそれでも○ング・ギターが間違ってるんだよ!!と強弁をかましましたけどね。

     月日は経って、その後にライブ・ビデオ等々で、あのソロはスコット・ゴーハムが弾いていたというのは判明しているのですが、あの当時に受けた苛立ちと屈辱を、つい先日私は思い出してしまいました。まったく!!これが原因でイジメとかに発展していたらどうしてくれる!?

     でも……、よくよく考えてみるとそういったガセネタはいっぱい転がっていた気もします。その当時は今のように、オンタイムでネットから情報を得るなんてことはできなかったからね。ってワケで、久しぶりに思い出した瞬間には“訴えてやる!!”とか思いましたが、昔はそんなモンだったよね!!ってことで許すことにします。またね。

    昔はガセネタもけっこう有ったのよ!!楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    狙いはイスコだろ!?きっと

     ウィガンのプレミアリーグからの降格が決定しました。
     イヤね、実は前回プレミアのCL出場権と残留のことに触れた時に、
    「アーセナルがCL(4位)になって降格はサンダーランド」
    ってパターンはナイのかなぁ~!?って考えていたんです。っていうか、私、ディ・カーニオはむしろ好きでサンダーランドも嫌いなワケじゃないんですが……。だってねぇ~、アストンビラは一度もトップリーグから降格したことナイのだから、何もサー・アレックスが辞めた年に降格することナイじゃん!?とか、やっぱりウィガンは最後の最後で残るのが面白いでしょ!?とか、アーセナルがCL出ないのはマズイでしょ!?とか勝手に自分の希望というか都合を模索していたのです。

     でもね、そのパターンはどうやっても起こり得ないことに気づきまして……、そのパターンがあったのなら書いていたと思いますが。だから最後に“よく判らん、調べてね!”とか適当にお茶を濁しました。っていうかその希望パターンが起こり得ないことに気づいた時に、
    「ああ、ウィガンは降格するんだろうなぁ~」
    と覚悟しました。まあ、私が“覚悟”するってのも変な話ですが……。

     さて、ウィガンの監督、ロベルト・マルティネスは来季エヴァートンに決まり!!みたいなムードが流れていまして、もちろん“それはそれ”というか仕方がないと思いますが、どうせだからマルティネスは留任して、来季のチャンピオンシップをブッチ切りで優勝してもらいたい!!とか、ELで“ウィガン旋風”を起こしても良くね!?とかも思っています。でもあれか!?コネとかディ・サントとかマローニーとかいなくなっちゃうのか!?

     来季の監督と言えば……、何だかパリはアンチェロッティを手放したくないので、やや混沌としてきましたね。モウリーニョもチェルシーに行くのなら違約金がどうのとかって話になっていますし……。
     何か “……” が多いな今回は。そしてシティの監督には現マラガのペジェグリーニが有力らしいのですが、実はシティ、ペジェグリーニなんかどうでも良くて、イスコをセットで連れて来てもらうのが狙いなんじゃないのか(笑)。イヤ、きっとそうに決まってる!と勝手に考えている鈴木です。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック