FC2ブログ

    ローマ大会もベスト8

     ってなワケで、性懲りもなくエントリを量産する鈴木ですわ。
     何でそんなにムキになるの!?とかって別に誰も思っていないかもしれませんが、
    当ブログは私、鈴木浩憲の知名度を上げることが主目的であって、大筋では、
    「このオッサン一体何なの!?」
    と思わせることはその目的に適っています。もっとも、ただ単に“書いているだけ”ではその目的も達成することはできませんので、それなりに考えてはいますが……。

     さて、現在ATPマスターズ1000ローマ大会が進行中ですが、私は当ブログが“異星人テニスブログ”であるにもかかわらず、数日前に、
    「どうせ準決勝でジョコヴィッチとナダルが対戦して、その勝った方が優勝だよ!!」
    と大変やる気のない記事のみで本大会をスルーしていました。
     イヤね、観てるんですけど……、と言いたいところですが、実は今大会は今年放送があった大会では一番観ていないんじゃないか!?ってぐらい観ていませんな。結果はキチンと追っていますが。だってジロとかもあるし、サッカーもこのところ色んな話題が続いていたじゃん!?これではテニスまで観ているヒマなんてナイっての!!

     しかしながら、ベスト8が出揃ったこともあり、ちょっとだけ触れておきたいカードがあります。それは、フェデラー×ヤノヴィッチだな。ヤノヴィッチはクレーはダメだと思っていたんですが、今大会ツォンガとガスケを続けて破るという “何が起きた!?” という感じでして、観てないからサッパリ判らないんですがね(笑)。まあサーブは好調みたいですが……。

     で、まあそんなヤノヴィッチと対戦するフェデラーなんですが、スタッツだけを見る限り
    “絶好調か!?”って感じです。3回戦は前からやや苦手としているシモンが相手だったのですが、なんか圧勝してますねぇ~。

     ってなワケで、2人にとって一番得意というワケではないクレーコートでの対戦ですが、ヤノヴィッチが “今後どうなのか?” ってこと、フェデラーは “どれだけ残っているのか?” ってことをムダに占うには面白い対戦かな!?と思われます。もっとも、フェデラーはビッグ・サーバーを意外なほどにアッサリと片付けてしまうことも多いですので、ぜ~んぜん盛り上がらないままに試合が終わるということも考えられますが……。でもまあ注目してもイイかと思われます。ロクにここまで観てもいないのに無責任ですが。

     トップハーフの二つ準々決勝は、ジョコヴィッチ×ベルディヒ、フェレール×ナダルといういつも見るようなカード(笑)ですが、最強地球人の2人には頑張って欲しいと思います。っていうか、ベルディヒもフェレールもここで勝ったら優勝でもイイよ!!って感じですわ。ハイ、無責任の極みのような記事でしたね。ちょっとだけ心が痛みます。またね。
    スポンサーサイト



    ベッカムとランパード

     デビッド・ベッカムが引退を表明しました。
     う~ん、パリSGはもう1年の契約延長をオファーしていたようですし、私はギグスもまだ現役を続けるのだから、もう1年やるんじゃないか?と思っていましたけどね。
     どうやら引き際は美しくってことのようです。サー・アレックス・ファーガソンの引退と時を同じくしてというのもイイかもしれません。っていうか、サー・アレックスの引退も多少は影響しているのか!?

     ここで、ベッカムについてず~っと思っていたことを書きます。
     ベッカムは……、人気と実力が見合っていませんでしたよね!?
     ハイハイ、そこのアナタ!!私がきっと“ベッカムは過大評価だった!!”って書くと思ってるでしょ!?イヤイヤ……、全然逆ですわ。ベッカムってあまりにも人気があり過ぎて、むしろそのサッカーの実力が正当に評価されていなかったと思っているのです。むしろサッカー選手としては “過小評価” だったと思います。

     私のサッカー好きは周囲に知られていましたから、ベッカムの人気が絶頂だったころに、それほどベッカムをよく知らない人達から、

    「ベッカムって実際には大したことないんでしょ!?」

    と訊かれることが多々ありました。そんな時に私は、面倒でなければですが(笑)、「ベッカムはね……(以下略)」というように(手抜きだな)、むしろその実力が正当に評価されていないことを蕩々と述べたりしました。まあね、妬みによるアンチ・ベッカムも沢山いたからね。そういう意味で、「ベッカムは可哀想だな」とか思っていた時期もあります。もっとも、あれほどのセレブとなったベッカムをつかまえて「可哀想」ってことはない気もしますが(笑)。私の方が可哀想ですな。

     まあとにかく、ベッカムお疲れ様です!!右サイドから繰り出される、
    「そりゃねえだろっ!?」とも思える、美しい軌道を描くクロスがもう観られないのはとても寂しいです。

     さて、フランク・ランパードがどうやらチェルシーと新たに1年間の契約を結んだようです。冬の移籍では結局動かず、“これはクラブ最多ゴール記録を狙っているんだな”と思っていました。そして、その記録は達成されましたので、逆にもう契約はナイかな!?とも思っていましたよ。チェルシーのフロントの一部には、ランパードの政治力をよろしく思わない人達もいたようですから……。まあモウリーニョが来ることになれば、選手としては強大になり過ぎたその政治力も巧くコントロールできるだろっ!?ってことですかね。きっとそうでしょ。ってことは、モウリーニョの招聘に目処がついたってことでしょうな。あっ!?そうだ、チェルシー、EL優勝おめでとう!!またね。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック