FC2ブログ

    ジョコヴィッチは温存か!?

     ってなワケで、ムダにまた登場します。
     オッサン、お前大丈夫か!?他にやることナイのか!?
     って意見もあるかもしれませんが、けっこう大丈夫ではありません!?でもブログの記事を1本書く時間なんて大したことありませんな。まあ、大したこと書いてないからですが(笑)。人生は長いんだよ!!うん!?私はもう余生か(笑)。

     そういうワケで、サク~っと書いちゃいますが、マスターズ1000ローマ大会の準々決勝でベルディヒがジョコヴィッチに勝ったことを無視できる私ではありません。まあ今季のベルディヒは掲示板で“空気”と揶揄されるような存在感の無さを払拭したのか!?と勘違い(笑)するぐらい存在感があります。もっとも、ジョコヴィッチは負傷してるじゃん!?再来週から全仏が始まるからそちらに向けて、体力温存したんだよ!!って意見もあるでしょう。実を言うと私もそれにほぼ同意なんですが……。

     もう一つのトップハーフの準決勝はナダルがフェレールに勝ちましたが……。流石にナダルは復帰後ほとんど負けてないから疲労が溜まってきたか!?でも最近の何というか、

    “どことなくヒョロい印象のナダル”

    ってのは私嫌いじゃないな。でも以前も書きましたが、それがかえってナダルを負けにくくしているような気がしてなりません。これで準決勝は得意としているベルディヒが相手なんですが、やっぱりトップハーフの準決勝の勝者が優勝するという意見に変わりはありません。

     ボトムハーフはフェデラーがヤノヴィッチに勝ちましたね。準決勝の相手はパイユだからやっとこさ今季初の決勝進出か!?って感じですが、フェデラーもこのところサッパリ判りませんからね。今大会は非常にドローに恵まれた感じもしますが……。このローマ大会のタイトルをフェデラーは持っていませんので、実はけっこうなモチベーションはあるのかも。でも正直言って、この全仏前のローマの決勝のカードがフェデラー×ナダルになったとしたら……、どうなのよ!?って感じもしますが。まあそうなれば、それはそれで盛り上がるか。

     ムダに記事の本数を増やすのもアレなんで、ジロ・デ・イタリアについても触れておきます。昨日のステージ、ライダー・ヘシェダルとブラッドレー・ウィギンスはともに未出走でリアイアとなりました。2人ともツール・ド・フランスに向けて再調整することでしょう。うん、ある意味予想通りという感じもします。ウィギンスはもうちょっとやるんじゃないか?と思ってましたがね。でも当ブログでは開幕前に、
    「優勝候補らしいですがウィギンスはどうかなぁ~!?」
    と書いている私です。でもまだエヴァンスが残っていますので、ニーバリを逆転する可能性は非常に低いと思われますが、まだまだジロは楽しめます。さて、この週末は山岳ステージですが本日の第14ステージはコースがカットされるかも。雪が残っていて非常に危険らしいです。観る側からすればちょっと残念ですが、選手の安全を考えれば仕方ないですね。マリア・ローザのニーバリにとっては“勝負どころ”が減るのは歓迎でしょうな。ってなワケで……、今月は50本を目指しているワケじゃないですよ!!またね。
    スポンサーサイト



    珍しいモノが……

     ひょっとしたら珍しいモノが観られるかも……。
     プレミアリーグは最終節を残して既に優勝と降格は決定しているのですが……。
     3、4、5位は決定してません。そしてこの順位というのはそれぞれ来季のヨーロッパ・カップ出場に関して意味合いが全然違ってきます。ご存知の方も多いと思いますが、プレミアリーグは4位までチャンピオンズ・リーグ(以下CL)の出場権が与えられます。3位ならばCLグループリーグ本戦にストレートで出場できますが、4位ですと本戦出場の32チームに残るための予備戦を戦わねばなりません。そして5位ですとヨーロッパ・リーグ(以下EL)ということになります。

     ってなワケで、“2位と3位”であればリーグの配当金の額の違いだけで済むかもしれませんが、“3位と4位”および“4位と5位”ではエライ違いです。さて当該チームはチェルシー、アーセナル、トッテナムです。トッテナムに関しては得失点差の関係上3位になることはほとんど不可能です。彼らは最終戦のホームでのサンダーランド戦にとにかく勝って、アーセナルが引き分け以下の結果であることを祈るしかありません。サンダーランドは残留が決定しましたので、トッテナムはまあ勝つかな!?

     “珍しいモノ”が観られるかも!?というのは、実はチェルシーとアーセナルは同勝ち点で同得失点差、さらには総得点も同じになる可能性があるからです。今季の当該チーム同士のリーグ対戦結果ですとチェルシーの勝ちなんですが、プレミアリーグは当該チーム同士の対戦は関係無いみたいですな。で、たとえばチェルシーが0-0でエヴァートンと引き分けて、アーセナルがニューカッスルに2-1で勝つとそれが起こり得ます。要するにチェルシーが引き分けて、その試合のチェルシーの得点よりアーセナルが2点多く取って尚かつ1点差で勝った場合にそうなります。うわっ!?説明入れたらかえって判りにくくなったか!?

     まあこのケースに当て嵌まる可能性は……、う~ん、それなりに有るかもしれません。実際プレミアリーグは、一応3位決定プレーオフの日程を発表しました。チェルシーは日程的にもEL決勝があった上に、モイーズ最後の指揮となるエヴァートンが相手。けっこうドキドキですね。いつもの中らない予想をする勇気も起きませんな(笑)。チェルシーにとってマイナスなのは、負けてもCL出場権を失う可能性がないこと。このことが、
    “勝たないとかなり高い可能性でCL出場権を失うアーセナル”
    とのモチベーションの差として出ちゃうかもしれないことですね。

     しかしトッテナムは結局、最後になって自力によるCL出場権がなくなるなんて……。以前当ブログで触れた、英国内での「4位を逃すチームはどこか?アンケート」結果が、当時絶好調だったトッテナムに58%もの票が投じられたのは、こういうことなんだな!?
     ってなワケで大変申し訳ないですが、ユナイテッド・ファンの私は高見の見物ってことで。希望を言えばアーセナルに3位になって欲しいけど……。またね。  
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック