FC2ブログ

    スペイン2強はねぇ~

     さて、歌詞の“オチ”を鋭意考慮中なハズですが、2本目いきます。まあ、ホラ、こうして指を動かしていると何か思いつくかもしれないしね。ってなワケで、ムダに元気に今度はスポーツネタで。

     イングランド・プレミアリーグ、ストークシティのトニー・ピューリス監督がクラブと合意の上で退団することになりました。まあやたらと“放り込む”スタイルのフットボールがこのところサポーターからも批判を浴びていました。前半はけっこう勝ち点を稼いでトップ10に位置していましたが、後半失速して一時は降格争いまで順位を下げていましたからね。ブリタニアの熱狂的なサポーターは、常にピューリスの味方なんだと思っていましたが、それも“結果ありき”って話なのね。さすがに「ツマラナイ内容の上に結果も出ない」のでは支持できないか!?確かにストークのスタイルは褒められたモノではなかったかもしれませんが、私はこういうクラブが一つや二つあってもイイと思ってましたけどね。まあそれも、「だってお前はストーク・サポーターじゃナイだろっ!?」って話ですが……。でも私はピューリスのベンチにいる時のトレーニング・ウェアに眼鏡姿と、会見の席での眼鏡を外したスーツ姿の“まるで別人!!”というギャップがとても好きでした。イヤまあ、見た目だけの話ですが(笑)。

     マドリーの監督はやっぱりアンチェロッティなのか!?
     あの……、気を張らないでゆる~く書きますが、アンチェロッティはねぇ~、監督キャリア初期のパルマの監督をやっていた頃に、

    「1対0で勝つというのが私のベスト・スコアだ!!」

    って言っていたと思うんですが、その発言以来私的には、
    「このオッサンはもうイイや!!」
    って感じなんですよ。まあ現在はそこまで極端な感じではナイでしょうし、当時のパルマの選手のタレントにも起因していた発言だとも思うんですけど……。基本的に“退屈”な戦術をとる監督というイメージはありますね。まあでも、結果を出すには最適かもしれないし、彼は人心掌握には非常に長けていると評判でもあります。きっと他人に気配りのできる人格者なのは間違いないのでしょう。ですから選手もフロントも一緒に仕事がやりやすい人なんでしょうね。きっと情に厚いタイプなんだろうな。そんな人がチェルシーで監督をやっていたってのは、ある意味ほとんどギャグですよね。さすがにチェルシーを解任された時は同情しましたわ。

     ってことで何が言いたいかというと……、アンチェロッティがどうこうじゃなくてマドリーって結局、「監督は誰でもいいのか?」って感じがしますよね!!ってことですわ。
    あのタレントなら誰がやっても結果はそれなりに出るだろうしね。イヤ、悪意はありません。ゆる~い感想です。

     マドリーついでに……。ネイマールがバルサへ!!ってのも、
    「何だかなぁ~!?」というか、「ハイハイ、そうですか!?」って感じですね。まあバルサ・ファンはワクワクしていると思いますが、端から見てると全く面白味がナイ展開ですね。まあサッカー・ファンの端くれとしてメッシとのコンビネーションは観てみたいかな!?ってのはありますが……、う~ん、巧く言えないですがとにかく、

    「ハイハイッ!!」って感じですね。そうとしか言えませんな。またね。
    スポンサーサイト



    謎の商売道具

     みんさん、こんにちは!!いつもご訪問ありがとうございます。最下層ミュージシャンの鈴木です。とはいえ、自分では“知名度がナイだけで、ホントは凄いんだからね!!”とか思っていたりしますが、そういうのは結局世間様が決めることですので、自分で思っていてもほとんど意味がありません。ただ、それを確認する意味も含めて私の楽曲などを左側リンクより聴いてみたりして頂けると、鈴木は大変感激です。感激ついでに書いておきますが、どうやら過去のエントリもけっこう読んで頂いているようでして、それって……、何か……スゲ~嬉しいです。イヤァ~、もう自分でも何書いたか忘れてるモノもあるんですが(笑)、バカみたいに書き殴ってきて良かった!!と心底思っております。それと同時に、“遂に世間も俺を無視できなくなったか?”とか一瞬アタマをよぎったりするのですが、それは調子に乗りすぎだと思われますので、謙虚な気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。

     さて、久しぶりに前置きが長くなりましたな。
     この二日間は仮歌を録音していました。ちなみに私は歌録りの時、ノドを潤すのにグレープフルーツの
    100%果汁をお伴にするのが多いです。まあ、人によっていろいろあるのでしょうが、経験上私にとっては今のところこれがベストなようです。で、いつも行く近所のコンビニでこのジュースを買った時、店員さんに、

    「実はこれって商売道具なんですよ!!」
    と言ってみました。店員のお姉さんの反応は、

    「えっ!?飲むんじゃないんですか?」
    でした。まあ確かにこんな風に言われればこれが普通の反応かもしれません。私は、
    「実は“あぶり出しの絵”を…………、イヤ、ウソです。飲むんですけどね。」

    と言いましたところ、店員さんは、

    「ちょっと信じちゃいましたよ。お客さん絵を描いている雰囲気もありますから。」

     イヤ、実は絵も描いてるんだけどね!!と一瞬言おうかと思いましたが(笑)、私のホームページの絵はとても“描いている”などと言える代物ではありませんので、思いとどまりましたわ。さて、別にその店員さんにとって、この毎日タバコを買いに来るオッサンの正体など別に興味は無いというのは判っていますが、本日先ほど行った折にはコーヒーを買い、

    「同じ飲み物でもコイツは商売道具じゃないんですよ!!」

    と余計なことを言った鈴木です。すると店員さんはオッサンのムダな一言に惑わされたのか、鈴木は千円を渡したのに、
    「まず大きい方、四千円のお返し……」
    もちろん鈴木は、「イヤイヤ、俺渡したのは千円ですよ!」と正直に言いましたよ。ゴメン、お姉さん!!アホなオッサンの話に付き合ってくれて……。

     という2度目の前置きもソコソコに(笑)、そうだっ!仮歌の話ね。ってなワケで、歌詞の手直しをしながら2日間、まあ時間にしたら3時間ぐらいなんですが、一応通しで歌が録音されました。この記事を書きながら先ほどからプレイバックしているワケですが、歌詞が全体的に抽象的なんです。まあ、もう聴き手に全てを委ねるって方法もないワケじゃないですが、やっぱり全体を抽象的にした場合には、最後にある程度、解答というか明確な“オチ”が欲しいところです。で、この“オチ”のフレーズが弱いなぁ~!?と思っている鈴木です。きっと、いつも“鬼ディレクター”と化している友人に聴かせたらそこを突っ込まれるだろうなぁ~。

     だから本日は“オチ”を捻り出す予定です。とはいえ、鬼ディレクターに聴かせたらオチだけじゃ済まないような気がしますな。彼にとっては、私がどれほど這いつくばったかなんて関係ないですからね。歌詞のオチを考えなきゃならないから、今回の記事のオチはまあ特にナイってことでご勘弁を。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック