FC2ブログ

    スイスも終わったか

     連日サイクルロードレースのツール・ド・スイスという言ってみれば、
    『“勝手に”世界の車窓から』
    が放送されておりましたが、みなさん、観てましたか!?
     いや、きっと観ておられた方は少数派だとは思ってますけどね。サイクルロードレース自体がまだそんなにメジャーじゃないだろっ!?

     ってなワケで、何でスタート時間が遅いんだよ?ライブで観てると生活リズムが狂っちゃうだろ? ですから半分以上は録画してから翌日に観ていたヘタレな鈴木ですが、ツール・ド・スイスのスタート時間がイタリアやフランス開催のレースより遅いのにはキチンと理由があるようです。そうすることによってゴールの時間が現地時間の18時以降ってことになって、美味しいところはちゃんと退勤後にテレビで観られるってワケ。つまりは、
    「仕事はサボらずにちゃんとしようね!!」
    ってことだと思うんですな。スイスの国民性ってヤツでしょうな。

     マティアス・フランク(BMC)は……、残念でしたね。何気に応援していたんですが地元の大声援も空しく最終日の個人タイムトライアルで逆転されることに……。まあツール・ド・スイスって最終日に個人タイムトライアルになることが多くて、これまでも最終日にリーダーが逆転ってことはしばしば見られたんですが……。

     優勝したルイ・コスタ(モヴィスター)はツール・ド・スイス連覇です。おめでとうございます!!今回のスイスはドーフィネの方に大物が出場してしまった関係で、今一つメンバー的に物足りなかったのですが、それでも連覇は大したモノです。私的には、クロイツィゲル(チームサクソ・ティンコフ)が本命視される中で、

    「イヤ、クロイツィゲルはいつも結局ダメだぞ!!」

    とか思ってましたので、ある意味私の思惑通りです(笑)。
     もっとも、今回のツール・ド・スイス最大の見どころは、中間ポイント賞の表彰時に出てくる巨大な
    “HARIBO”君であって、ポディウムのゲートを通る時に必ず頭がつっかえる!!というモノでしたね。毎日楽しみにしていまして、それを映してくれないと、
    「ウワッ!カメラ気が利かねぇ~!!」とか叫んでいた私です(笑)。

     ここ数年のことなんですが……、どうもドーフィネとツール・ド・スイスは直後に各国で国内選手権があって、そしてツール・ド・フランスと続くということもあって、それなりに大きな規模のレースにしては、どうしても大物選手に“調整ムード”が漂ってしまって、緊張感がやや足りない感じに思えますな。イヤイヤ、昔からそんなもんだろっ!?って感じかもしれませんが……。

     ところで、いよいよツール・ド・フランスまで2週間を切りました。今年は100回大会ということもありまして、異常に盛り上げているのは判るんですが……。あのね、ジロ・デ・イタリアの放送の時に書こうと思っていたのですがね……。J SPORTSは大人の事情があるのかもしれませんが、ムダにツール・ド・フランスの宣伝入れすぎ!!特にジロの放送時、ゴールした直後に今年のツールのステージ紹介とかを入れていましたが、全然意味不明!!あれがとてもウザかったんだよ!!何でたった今、ジロのステージが終わってその戦いの余韻も冷めやらぬウチにツールのステージ紹介とか入れるのよ!?ホント、アレには腹を立てていた私です。ジロ期間中に書けよ!!って話ですが、書くのを忘れていましたので今回書いておきます。またね。
    スポンサーサイト



    やっと今季初優勝!

     ってなワケで、ウィンブルドンまで1週間だってことで、今回は異星人テニスブログであります。しかしながらいつも思うのは、“グラスコート(芝)”の試合が少ないよね!?ってことですな。ウィンブルドンの2週間を含めてもたった4週間で5大会。選手は最大でも3大会にしかエントリーできません。よってこのところ顕著になりつつありますが、芝だとベテランが強い傾向にありますね。若手はいつもと違った芝の感触をつかむ間もなく敗退!!って感じ。まあ芝の大会が少ない理由として、

    「球足が速いのでラリーが少なくポイントがあっという間に決まって、観ていて退屈」っていうのと、
    「グラスコートの維持が大変。コストが他のコートに較べてかかりすぎる」

    ってことが挙げられるんですが、コストの方はともかくも、延々と続くラリーの方が必ずしも面白いか!?っていうとそれも違うような……。

     ってなワケで、やっとのことでフェデラーが今季初優勝だよ~ん。
     ドイツ、ハレのATP250ゲリー・ウェバー・オープン決勝でユーズニーを破り優勝。ちなみにフェデラーは対ユーズニー、これで15連勝。まあ準決勝で昨年の同大会決勝で敗れたハースに今年は勝てたのが全てか!?ちなみにフェデラーは優勝回数がこれでマッケンローと並んだようです。

     もう一つのロンドンでのATP250エイゴン・チャンピオンシップスはマレーが優勝しました。マレーは以前も当ブログで書きましたが、昨年の全米で念願のタイトルを獲った後、“トント~ン!!”と勢いに乗るのかと思われましたが、けっこうタイトルを獲ったことでムダに安堵しているかのように見えます。多分、本人的には絶対そんなことはナイと思われますが……。今年のウィンブルドンは優勝を期待しておりますよ!!

     芝シーズンは二人の異星人の優勝で幕を開けましたが(とはいえ直ぐに幕は閉じるんだが)、残る二人の異星人はこの芝の前哨戦にはエントリーしていませんな。まあナダルは比較的芝は得意ですけど、ジョコヴィッチはどうなの!?ってちょっと気になります。もっとも“ぶっつけ”でもきっと大丈夫なほどのアドヴァンテージがあるとは思いますが。一番気になるのは第5シードになるであろうナダルがどの山に入るか!?ってところですな。きっとマレーのところではナイと思いますがね。う~ん、イマイチ気合いが入らない私ですが、またね。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2013/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック