FC2ブログ

    長髪をヤメタ理由

     私は18歳ぐらいから20年以上長髪でした。
     だってロッカーだからね。
     コンビニの店長時代もず~っと長髪でした。ある時は長髪で茶髪ってことも。

     以前、一緒に働いていたバイト君に言われたことがあります。
    「バイトの面接に来た時に、初めて店長に会った時、“マジか!?”と思いましたよ!」
     そんな私も5年ぐらい前にバッサリと髪を切りました。別にコンビニの本部から注意を受けたとか、店のオーナーから言われたとかではありません。それにはワケがあるのです。

     その当時は都心のある店で働いておりました。店には社員の副店長が私の下に一人おりまして、その彼は大変やる気に満ちた若者でした。で、ある日バイトの募集の電話がかかってきまして、その応対をしたのが副店長の彼でした。

     で、後日面接ということに。当然のことですがバイトの面接は店長である私がします。しかしながらこの時はその副店長が、

    「店長、今回の面接は僕にやらせて下さい!!」
    と言い出しました。いつもはそんなこと言わないのに……。何で?と訊いてみましたら、

    「あのですねぇ~、あの声は絶対にカワイイと思うんですよ(笑)」

     電話の声ってアテにならなくないか!?
     一応この副店長のキャラを書いておきますが、彼は決して女の子に縁が無いタイプではありません。それどころかむしろかなりモテる方だと思いますな。基本イケメンだし、電話の声がカワイイとかで騒ぐようなタイプではありません。そんな彼がワザワザ確信を持って言うのも面白いな!?とか思いましたな。

     まあね、彼は社員だし動機が不純ではあるけれど、本人がやる気を見せてるからそれも良かろうと思い許可しました。

     しかしながら、私自身も含めた他のスタッフ達は、
    「声だけ聞いて絶対カワイイとか多分無いよねぇ~!」
    という反応でして、きっと実際に面接に来た時にがっかりするぞぉ~!!と思っていました(笑)。まあ普通そうだろ!?

     しかしながら驚いたことに、面接に来たその子は非常にキレイな子でしたよ。うん、正直言いますと私がそれまで一緒に働いた中では一番かも!?

     さて、副店長が面接をするワケですが、実際にその子がキレイだったこともあり、舞い上がった感じでして、不測の事態に備えて(?)私は様子を窺うことにしました。まあ、脇にピッタリと張り付いてという程ではなく、他の仕事をしているふりをしながら、それなりに近い距離を保って行方を見守るという感じ(笑)。

     端から見ていて……、う~ん、何かアイツ仕事と関係ない話ばっかりしてるぞ、大丈夫かな!?これは本格的に介入した方がイイか!?とか微妙に悩みながらも結局は任せてしまったのですが……。

     “キレイですね!!”とか言ってるのが聞こえたし、身長とかも訊いていたぞ(笑)。何かヤツだけムダに盛り上がってねえか!?……。とはいえ、彼は初出勤の日取りを決めて満面の笑みでその彼女を送り出しました。うん!?一応来ることになったのだな。

    「店長、○日の○時に来ますよ!!」と副店長は上機嫌。
    「ねっ!!絶対にカワイイって言ったでしょ!?」
     うん、確かに。それについて君の眼力には恐れ入った(笑)。しかしながら、

    「あのさ、お前が盛り上がっているところに水を差してスマナイのだが、きっと彼女来ないと思うぞ。お前さぁ~、何か関係ないことばっかり話してなかったか? 彼女は引いていたように見えたぞ。」と私。

     すると彼は、
    「イヤイヤ、全然そんなことナイですって!!絶対良い職場だって思いましたって!!」
    と自信満々。そして続けて、

    「彼女が来なかったら俺坊主にしますよ。もし来たら店長その長髪をバッサリ行きましょうよ!!」

     実は私その当時、“髪を切っても良いかなぁ~”と思っていました。ただ、まあ中々踏ん切りが付かないというかキッカケが無いというか……、そんな感じでしたので、その“ヘア・マッチ”を受けることにしました。

     そして運命の日。彼女はキチンと定刻に現れました。
     そして私は長髪と別れを告げました。その後、彼女は重要な戦力となりましたし、私の短髪の評判も上々でした。もっとも陰では何言ってたか判らんが(笑)。でも後悔はしてません。これが長髪をヤメタ理由です。長々とムダに失礼しました。またね。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2013/07 | 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック