FC2ブログ

    達人の域

     観て良かった!!
     まあ、私は舞踊家っていうかダンサーが絡むテレビ番組は大抵チェックしているのですが……。まあ“ハズレ”もいっぱいあるワケでして、それほど期待しないで観始めたのですが。

     NHK ETV特集「人を動かす絵 田中泯 画家ベーコンを踊る」
    という番組なんですが、9日(金)に再放送もあります。
     え~と、プロ・アマ問わず芸術系の創作をやっている人は必見かも!?
     とか私が言ってもイマイチ信用がナイかもしれませんが……。

     とにかく田中泯氏のインタビューが、とても頭脳明晰、“キレキレ”な印象でとても興味深いものでした。ここにどういう感じの内容だったか!?とか書くと、下手な伝言ゲームと化してしまいますので書きません。興味があったら再放送を観て下さい。

     ハイライトは6月の豊田市美術館での「フランシス・ベーコン展」における田中氏のダンスなのですが、何か凄いな……、圧倒されました。テレビ画面でもアレなのだから、その場に居合わせた人達が受けた衝撃はもの凄いモノだったでしょうね!?もう完全に、
    「あっち側へ」行っちゃった感じに見えました。

     ところが、私が本当に書きたいのはここからです。
     そのパフォーマンス終了後の田中氏のインタビューですが、

    「途中から自分のコントロールを超えそうになった!!」

     オイオイ!!凄すぎだろっ!?「超えそう」って!?超えてはいないのね!?端から見ていると、もう完全にイっちゃってようにしか思えませんでしたが、あれでもまだ自分のコントロール下なのか!?

     つまり私が言いたいのは、単にイっちゃうことなら、誰でもとまでは言いませんがそれなりの人ならできるんですよ。コントロールを放棄して登り詰めるのはそんなに難しくないんですな。若手の気鋭のクリエイターとして評価されている人達の中には、そういう人も少なくない気もします。でもイっちゃってしまうだけだと、もうほとんどただの“変な人”と変わらないだろっ!?。

     田中泯氏のパフォーマンスが凄いのは、どんなにイってしまっているように見えても、それでもきちんと自分のコントロール下に置かれているからなんですね。まあそれが、
    「達人の域」ってヤツなんでしょうが。うん、これが今回の言いたいことです。またね。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2013/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック