FC2ブログ

    “お客様満足度”の真実(推測)

     私はギターの基礎練習をやっている時には、大抵録画しておいた海外ミステリーなどを流しているのですが、その間いわゆる通販のCMがよく流れます。基本的にCMは早送りをするワケですが、そうするにはリモコンを操作しますからギターを弾く手を止めねばなりません。とはいえ、スケール練習を快調にやっていて手を止めるのもアレだな!?という場合もそれなりにありまして、そのままCMを観てしまうことがあります。

     さて、これらのCM。商品をアピールするためによく使われるのが、
    「お客様満足度!!」
    ってヤツです。

     で、このお客様満足度は、それが保険であろうとダイエット食品だろうと大体同じぐらいの数字です。もちろん、ウソをついては“誇大広告”になってしまいますので、これが事実だという前提で話を続けますが……、ほとんど判で押したように“92~93%”じゃありません!?

     最初は私も、
    「じゃあ7、8%は不満なのね!?そっちの意見が聞きたいな!!」
    とかちょっとひねくれた思いを抱いていました。しかしながらある疑問も浮かびました。それは、
    「これだけ色々な商品が有るのだから、タマ~に満足度98%!!とか有ってもイイよな!?」
    ってことです。でもね、注意して見ていると判るんですが、絶対にそこまで高率の商品はナイのですよ。

     そこで私はある結論に至りました。まあ、別にそんなに大層なことじゃないですが(笑)。 何故“お客様満足度”を売りにする商品は、いかなるジャンルであろうと92~93%であって98%にはならないのか? それはきっと、世の中にはどんなことにも文句をつけるような“クレーマー”層がいて、その割合が7、8%なんじゃないのか?

     だからきっとメーカー側にすれば92%ってのはそもそも最大の目標値であって、それはほぼ100%を達成したのに等しいんじゃないでしょうか!?
     あるメーカーではお客様満足度が“97%”になってしまって、

    「それは有り得ない!!そんなに高いワケないだろ!?きっとどこか間違ってるから計算し直せ!!」

    みたいなことになってたりして(笑)。

     とか勝手な推測を書いてみました。実にムダな記事でしたな。ですから私も自分の楽曲に関しましては“お客様満足度”の目標値を93%に設定することにします(笑)。まあ実際のところ80%とかでも大したモノですが……、またね。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2013/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック