FC2ブログ

    ピーナッツバター

     私のいつもの朝食はトーストとコーヒーです。
     コーヒーはペーパードリップで淹れるのですが、絶対に1杯分を淹れることはしません。 
     ご存知の方も多いと思いますが、コーヒーを淹れる時にはより大量に淹れた方が美味しくなりますな。だから絶対に2杯以上を一度に淹れてしまいますな。まあ料理だって大量に作った方が美味しくなりますね。
     ちなみに知人の話なんですが、ある日コーヒーが美味しいと評判の店に行って、その店自慢のブレンドを注文したところ、20分以上待ってもコーヒーが来なかったらしいです。で、「どうなってんのよ?」とマスターに訊いたところ、

    「お客様以外に、ただいまブレンドのオーダーが入っていないのです!!」

    と言われたそうです。その店は流行っていましたから、こういうことは滅多に無く、多分その知人は相当運が悪かったと思われますが、10分ぐらい経って他にオーダーが入らなかったら、とりあえず淹れてお客様の分はお出しして、残りは自分で飲むなり捨てるなりしろよっ!!と言いたくなるところではあります。

     さて、実を言いますと本題はコーヒーのことではありません。トーストの方です。みなさん、トーストはどのようにして食べるでしょうか? 私は基本的に3パターンでして、最も普通にやるのが、パンにマヨネーズを塗ってハムとスライスチーズをのせる“マヨハムチーズ・トースト”ですな。ちなみにスライスチーズは決して“とろけるチーズ”は使いません。あれってムダにとろけすぎる上に、味が薄くありません!?で、2つ目のパターンは単にジャムを塗る場合。ジャムはその時にあるモノで、ブルーベリーだったりアプリコットだったりマーマレードだったり……、要するに何でもイイのね(笑)。そして3つめが……、ピーナッツバターです、これが本題。

     私はピーナッツバター好きなんですけどね。でもアレって量の加減が凄く難しくありません!?どうしても「う~ん、どうにも物足りないな」という少なすぎる状態か、「ウワッ!!甘っ!!」という塗りすぎの状態になってしまいます。これがジャムの場合だと、仮に少なくても、「まあもう歳なんだからこのぐらいでイイだろ!?」と思い、多すぎても、「自転車ロード選手が車上で食べてるのはこんな感じか?」とか勝手に納得するのですが、ピーナッツバターだとその量によって味の振れ幅がムダに大きく感じられて、いつも残念な感じですな。程よい味になる量のレンジが非常に狭く感じられますな。ってなワケで、毎回ピーナッツバターの量に悩んでいる鈴木です。

     ピーナッツバター大好きのアメリカ人に、“正しいピーナッツバターの量”をそのうち御教授願おうかな!?とかムダに考えましたが、きっと、
    「ホラ、これぐらいだよ!!」
    と言って示された手本が、私が多すぎると思う量より絶対多いんだろうな!?と思いましたのでヤメテおきます。次こそは“程よい量”を目指しますわ。私の戦いは続くのです。またね。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2013/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック