FC2ブログ

    オッサン仕様の周波数特性?

     みなさん、こんにちは!私の楽曲はいつでもムダに発売中です。きっとアナタの人生を豊かにしてくれると確信しておりますので、どうぞよろしくお願いします。左側のリンクよりどうぞ!!

     ってなワケで、今回はヘッドフォンのムダな話です。
     私は耳というか耳殻周辺のカタチがあまり一般的ではないようです。
     何故ならいわゆる“インナーイヤータイプ”のヘッドフォン、っていうかイヤフォンと呼ばれるモノが、まったく耳にフィットしません。これまで色々なモノをトライしてみましたが、“シックリくる”モノが一つもありませんでした。たとえばiPodに付属しているイヤフォン。音が論外なのは置いておいても、私はアレが全然巧く装着できません。ちょっとアタマが動いただけでも外れてしまったりします。

     ですから現在、私が所有するヘッドフォンは全て密閉型です。まあ普通のカタチのヘッドフォンですな。さて、以前、“ヘッドフォン・マニア”という記事でも触れましたが、私は4個のヘッドフォンを持っています。グレードは様々であり、仕事用にメインで使っているモノはデノン製でこれはお値段もそれなりですので、大変バランスの良い音がします。そして価格的にそれに次ぐのがSony製のヘッドフォン。もうこれは
    20年以上使っています。音もけっこう良いのですが、難点があって、長時間付けていると耳がスゲ~痛くなります。20年以上現役でいられたのは、実は耳が痛くなるからあまり使っていなかった!というのも理由ですな。

     AKGのコンパクトタイプがそれに次ぐお値段です。これは密閉型なんですがホントに小さくて折りたたみもできます。基本的に外出時に使うために買いました。装着時のストレスはほとんどなくてイイ感じなんですが、小さいクセにやたら低音が出るというか、高音域が出ないというか……。“ヘッドフォン・マニア”で登場した一緒に働いていたスタッフ君も、

    「アレは高音域が出ないですよねぇ~」

    と言っていましたから、多分間違いありません。

     一番安いのがオーディオテクニカ製で、これはデノンの四分の一ぐらいの価格ですが、その割には良い音というか、コスト・パフォーマンスは一番良いかもしれません。とても元気な音で、クラシックは辛いけどロック・ポップスだったら、
    「これが一番イイ音!!」と感じる人もいるかもしれません。このヘッドフォンはアーム部分が非常に気の利いた創りになっていまして、装着感が最も良いです。ズレたりしないし、かと言って圧迫感もないですから耳が痛くなるということもありません。

     さてズラズラと4つのヘッドフォンの特徴を書きましたが、私は寝る時にヘッドフォンをしたまま寝ることが多いです。身体にはあまり良くないんじゃないか!?ということは、ヘッドフォンをしないで寝た時の朝の目覚めが良いことから、実は気づいています(笑)。 でも習慣になっているのです。やめられませんな。で、この時にどれを使うか?って話ですが、デノンはパソコン周りに常に置いてあるので、寝る時にワザワザ持ってきたりはしません。Sonyは……、耳が痛くなるから寝る時には最悪です。AKGは小さいから良いんですが、高音が出ないのがなぁ~!?それにそもそもこれは外出用に買ったんだな。ってなワケで、ズレにくいし圧迫感も無いオーディオテクニカは寝る時用には最適です。

     しかしながら、夏の暑い時期に密閉型のヘッドフォンを付けるというのはけっこう不快です。しかも今年は8月になってから猛暑が続きましたね。暑さで身体も弱っているし、ヘッドフォンして寝ると身体も休まらないからヘッドフォン無しで寝ろよ!!というのが正解なんですが、私は暑さ対策として、密閉型とはいえ大変コンパクトなAKGを睡眠のお伴とすることにしました。ホントこれは小さくて暑い夜でも平気でした。

     しかしながら前述のように、このヘッドフォンは高音域が弱いです。最初のうちはそれがどうしても気になっていました。曲によってはかなり印象が違ってきます。でも暑いよりはマシだろうと連日寝る時にはAKGを使っていました。

     ひと月ぐらいそれを続けておりましたら……、う~ん、不思議なことに最近はこの音が好きになってきたりして(笑)。先日、涼しかったので久しぶりにオーディオテクニカを着けてみましたら、高音が非常にうるさく感じましたな。もう耳が痛ぇ~よ!!ってくらいに。 

     人間の聴力は加齢とともに高音域が聞こえにくくなってくるのですよね!?
     だからAKGは「どうせ聞こえないんだから!」とばかりにシニア向けの周波数特性だったりして(笑)。オッサンの私に向いているのかも。ん!?逆に高音域が聞こえにくいのだから、むしろより高音域を“盛って”もらった方が良いのか!?

     ということで、散々書き散らしたのですが一体私は何が言いたいのでしょう!?
     自分でもよく判りませんな。私の耳が既に“オッサン仕様”になってしまったかどうかは定かではありません。でも話は変わりますが、私の楽曲を聴いてくれた方は気づいたかもしれませんが、私の声って若いでしょう!?よく「オッサンとは思えん!」と言われます。ほっといてよ!!って感じですが、まだ聴いたことない方は一度確かめてみて下さい(笑)。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

     
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2013/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック