FC2ブログ

    ニーバリ、ダメかぁ~

     ニーバリがマイヨ・ロホ(リーダー・ジャージ)を失った。
     もちろん奪回したのは、“驚異のオッサン”ホーナーです。
     その差は僅か3秒。総合争いの場としては実質的な最後のステージとなる、本日の第20ステージを前にして3秒って……、ホントにブエルタは面白いですな。

     しかもその第20ステージはアングリルだ!!
     斜度20%越えの激坂が見られますな。
     ここ数ステージの調子を考えると、ニーバリの再逆転は難しそうに思えます。
     昨日のJ-SPORTS解説菊田氏の、
    「ニーバリ三味線説」ってのがありましたが……。
     
     じゃあホーナーが獲っちゃうのか!?
     やっぱりリーダーってのは作戦的に最も有利ですからね。
     ホアキンが調子良さそうですが、差がちょっと大きいし、ホアキンの脚質的には最後の上りはちょっと距離が長いか!?
     じゃあバルベルデなのか!?う~ん、これは私の偏見と言ってしまえばそれまでですが、バルベルデだけは無いような気がするんですよ。

     冷静に考えると……、ホーナーが獲るのかもしれません。
     まあそれもイイか。最年長記録だし……。
     でも正直言って全然判らないというのが本当のところです。
     だってブエルタはそもそも“冷静に考えられる”ようなレースじゃないんですよ。
     明日私は“屍”状態で、ブログの更新もできないかもしれませんよ(笑)。
     でも、楽しみですね。またね。
    スポンサーサイト



    繰り返しとか甘かったわ

     昨日は新曲の制作をしておりました。
     今後はコンスタントに新曲を発売していこうかな?とか目論んでいます。
     さてその新曲、もう完全にギター・パートに関しては“コレ!!”というのが天から降ってきています。そしてその天から降ってきたフレーズは既に弾ける状態になっています。で、昨日はドラム・パートの打ち込みをやっていました。

     自分としてはこの曲、“メロディよりもリズムが鍵”みたいなイメージです。ですからドラム・パートは命を懸けねばとか思っていますな。じゃあいつもドラムは手を抜いているのか!?という意味ではありませんが……。

     ドラムももちろん、その音像は天から降ってきています。
     しかしながら、その習熟度の違い故に、ギターほどには明確な音符として認識されているワケではありません。ちょっと曖昧です。でもとりあえず、キック(バス・ドラム)の入れ方が肝だな!!という感じはしています。

     いつもは最初にドラム・パターンから打ち込むのですが、ベストなキックのリズムを確かめるために、最初にリズム・ギターを仮録りしてから始めることにしました。リズム・ギターが鳴っていれば、最もカッコイイ!!キックのリズムが判りやすいだろ!?という配慮ですな。

     自分としては、ギター・リフとの兼ね合いによるベストなキックのパターンを見つけて、それを4小節パターンとかで毎回ループ、つまり同じパターンの繰り返しをすればイイ!!と思っていました。で、“これかも!?”というパターンを思いつき、それを繰り返すという感じにしました。

     でもね、何か違うんだな。ワンコーラス目で聴くとまさに“コレだ!!”って感じに聞こえますが、それが延々と繰り返されていると徐々に印象が変わってしまいます。

     そこで、今回のパターンに似たようなリズムの有名アーティストの曲、もちろん私が好きな曲ってことになるんですが、それらを何曲か聴いてみました。別にパクルつもりはありませんよ。それらがどういうキック・パターンだったか実際に確かめてみたワケです。

     そうしたら……、全然繰り返しじゃなかったんですな。イヤ、いかにも打ち込みって感じのリズム・パターンだから、曲中ずっと同じパターン、つまり“コピー・ペースト”みたいな感じで創ってあるような気がしていたのですが、そんなところはほとんど無くて、様々なパターンが使われていました。ちなみにこの参考にした数曲は、もちろん洋楽です。

     J-POPだと、4小節パターンを創ってそれを全部繰り返してそれだけ!!とかいう曲をけっこう耳にしますけどね(笑)。あっ!?ムダに私喧嘩売ってますかぁ~!?でも私が愛する曲達は、非常に緻密にキック・パターンが変えられていました。

     もちろん、延々と同じリズムが続くことが気持ちイイ!!という曲もあるんですけどね。私の場合は普通のロックであって“ユーロ・ビート”とかじゃないんだから、そういう手法は使えないんだな。うん、甘いんだな。ディテールにこだわることにします。きっと誰もそんなところを聴いてないかもしれないけれど(笑)、そうしないときっと悔いが残るでしょう。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2013/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック