FC2ブログ

    残すところはポルターガイスト

     今日、レスポール白でまた6弦を切りました。
     別にイイワケではないですが、弦はもうけっこう死んできていたし、仮に切れなくても交換時期だと思っていたから、“ちょうどイイや!!”ってなモンです。
     ただし、ワザワザこのことを話題にするには理由があります。
     つまり、どうやって切ったか?ってことなんですが。

     みなさんもそうだと思いますが、たいてい弦が切れるのは“弾いて”いる時です。
     もちろん、チューニング時に“何故か!?”切れてしまうことや(そういう時はそもそも弦が不良品なんでしょう)、音を合わせている弦と違う弦のペグをウッカリ回して切ってしまうこともあります。そんなバカなって!?イヤイヤ、私は生涯で確か3回ぐらいはありますよ。みなさんも1度ぐらいはあるんじゃないですか?

     で、本日私が弦を切ったのは、弾いていた時でもチューニングしていた時でも、いずれのパターンでもなかったんですよ!!
     
     それは基礎練習を終え、クロスでギターを拭いていた時のことです。
     私は最後の仕上げとばかりに指板を拭いていました。指板を拭いているということは、当然弦にも触れますね。で、指板の6弦と5弦の間になるところをゴシゴシと拭いておりましたら、6弦がブッチィ~ンと切れましたわ(笑)。う~ん、生涯で初めてですよ。

     別にそんなに必死になって、つまり6弦をムリに引っ張るような感じではなかったです。だって指板を拭くだけですもの、そんなに力は入れてませんよ。まさかこんな風に切れるとは思っていませんでしたので、最初は弦がナットかブリッジの溝から外れたのかと思いました。

     だからどうした?という話ですが、この事実は私が瞬間的に妙な力を入れたり変な角度でピッキングをするから弦を切るワケではないことの証明にはなるかも。まあね、弦を張り換えて3日以内とかでは切らないからね。変なピッキングのせいで切っているのだとしたら、新品時でも切りそうなものですよ。

     何!?俺は別にピッキングがヘタなワケじゃないんだよって言いたいのかって!?イヤイヤ、別にそういうワケじゃ……。だってヘタも何もそんなことは私の楽曲で判断されちゃうでしょうに。

     ってなワケで、遂にそこまで来たか!?(笑)ってことで、残すところはただスタンドに置いていて手も触れていないのに6弦が切れるってパターンか!?流石にそんなポルターガイストみたいなことは起きないか!?またね。

    弦のストックは豊富にあるけど、いくらあってもイイってことで楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2013/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック