FC2ブログ

    化学変化!?

     今回は作曲の話です。
     私も昔はバンドをやっていました。で、オリジナルをやるようになって以来、ず~っと楽曲は私が一人で創っていました。バンドだったりすると、メンバーであれこれアイデアを出し合って作曲することも多いと思いますが、私はそういうことをこれまでにやりませんでした。

     もっとも、誰かと共作するということをかたくなに拒んでいたワケではありません。何度かトライしたことはあります。
     でもねぇ~……、何度やっても巧くいかないんですよ。っていうか、共作することによって楽曲ができることを、“素晴らしい化学変化が起きた!!”とか言うことがよくありますが、私はその化学変化ってものを実感できなかったんですな。

     もちろん、その化学変化なるものを否定するつもりはありません。きっと実際にそれは起きるのだと思います。ただし、世の中で思われているほどその化学変化が有効だとは、私が思っていないんだよ!!って話なんですけど。

    「三人寄れば文殊の知恵」って言葉があるように、ただ一人で考えているよりは、いろんな人の意見が合わさることによって、より高次のアイデアが思いつくというのは、作曲以外だったら私も実体験があるのですけどね。

     でも作曲はどうかなぁ~!?まあ完全なる私見ですけど。
     その化学変化は必ずしもポジティブな方向ばかりとは限らないというか、むしろネガティブな方向に向かってしまうことの方が多い気がします。たとえば、とてもシャープな(う~ん、表現する言葉が不適切かもしれない)アイデアをヴォーカリストが持ってきたとするじゃないですか!?で、それをギタリストと一緒にこね回すとするじゃないですか!?で、その結果、それがより先鋭になることよりも、むしろだんだんと角が取れていくことの方が多いんじゃないかな!?とか思ってしまいます。ある種の閃きはそのファースト・インスピレーションを、閃いた人のみの手によって突き詰めて行く方が、より輝くような気がするんですよ。

     まあお前が単なる自己中なんだろ!?とか、優れた共作者と出会えなかっただけだよ!とか、“あの共作で起きる化学変化を感じられないなんて可哀想なヤツ”とか色々と言われそうですが……。うん、作曲は一人でとことん苦しんでやった方がイイや!!と思っている鈴木であります。でもきっと、

    「うん、実は俺もそうだ!!」

    と思う人も相当数いるという確信もあります。またね。

    だからと言って他人の意見に耳を貸さないワケじゃないんだよ!楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    あるパン屋の謎

     これまで何度か当ブログでムダに書きましたが、私はパンが好きです。
     油断していると、毎日のようにパン屋に行ってしまいます。しかしながら、パンというのはけっこうカロリーが高いので、基礎代謝が下がってきたオッサンの私としては、かなりヤバイ代物ですな。ですから、以前も書いたようになるべくガマンしています。

     ってなワケで、今回は毎日でもOKだぜっ!!というパン屋の話です。しかし、あらかじめお断りしておきますが、いつものように非常ぉ~にムダな話です。さて、近所にお気に入りのパン屋が3軒あるのですが、そのうちの1軒の話です。そのパン屋は……、え~と、ひょっとして私がいかにそのパン屋のパンが美味しいか?とか書くのだろうと思ってません!?バカな!!私がそんなマトモな切り口で話を進めるはずがナイじゃないですか!?他人と視点が違う(ズレている)のが鈴木だってことをお忘れか?

     で、そのパン屋は……、店員さんはすべて女性なんですが、揃いも揃ってみ~んな顔がスゴ~ク小さいのです。ちょっと小さいというレベルでは無くて、スゴ~クですからね。ある店員さんは身体がとてもゴツくて(失礼)、身長も鈴木よりデカかったりするのですが、顔のサイズは鈴木の半分ぐらいしかありません。

     何故こんなことを書いているのかというと、鈴木はこのパン屋に10年ほどコンスタントに通い続けてまして、その間当然スタッフは多少入れ替わっています。で、思い返せば既にいなくなった人達も、みんな凄く顔が小さかったのです。このパン屋で、顔が小さくない店員というのは私は見かけたことがナイのですよ。

     ちなみにスタッフ募集の張り紙を見たことがありますが、もちろん「顔が小さいこと」というのは条件にはありませんでしたけどね(笑)。

     鈴木は、何故なのか?ということを例によってムダに熟考してみました。絶対に
    「偶然顔が小さい人ばかり集まった」という話ではナイと睨んでいます。
     
     そして鈴木が出した結論はこうです。
     観光地などに記念写真用に、顔のところに穴があいていて、そこから顔をのぞかせる張りぼてがあるじゃないですか!?顔以外はその地の名士とか伝説の人物の絵や写真になってるヤツね。で、このパン屋にはきっとそれと同じような「パン屋の店員ヴァージョン」が事務所に置いてあって、そしてそれは顔の穴のサイズが極小になっていて、採用のための面接の時に、
    「ちょっとそこに顔を入れてくれますか?」
    と言われて、顔が入ったらめでたく採用!!みたいな感じなんですよ、きっと!!
     うん、そういうことでもなければ説明がつきません!!(そうか?)
     っていうか、一体何を鈴木は書いているのでしょう。大丈夫なのでしょうか!?またね。

    ムダなことを書こうが書くまいが楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2013/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック