FC2ブログ

    タイムカード押しそうだな

     待っている人がいるいないに関わらず、フィギュアスケートのメジャーな大会がある度にムダな戯れ言を書いてしまう鈴木です。みなさん、ご機嫌如何ですか!?いつもご訪問ありがとうございます!!

     さて、非常にバカバカしくグランプリシリーズ・スケートアメリカの女子シングルの感想を書いてみます。えっ!?女子が最初ってのは珍しくね!?ということは誰も気にしていないかもしれませんが、男子はBSでこの後FSの放送があるし、男子を書くとすればちゃんと観てからなんですよ!!ええ、女子シングルはフィギュアスケートの4種目のうちで一番気合いが入らないのですな。だから地上波分でもうイイのです(笑)。

     さて、いきなり舐めたスタンスですが、表彰台の3人はもうほとんど予想通りでした。まあその順番については……。
     ってなワケで、リプニツカヤが優勝しました。これは競技会ですから別に何も文句はありません。私がここで言うまでもなく、極めて妥当な結果でした。

     しかしリプニツカヤ……、え~と、彼女についてアホなオッサンがいつも思うことを書いてみます。彼女はいつ観ても“楽しそう”ではありませんな。イヤイヤ、楽しそうじゃなくて“苦しそう”だったり“哀しそう”でもイイんですが、とにかく彼女の演技には“情感”を感じませんね。滑りは昨シーズンよりも滑らかになってきましたね。でも感情表現は相変わらずです。何か滑り終わったらタイムカードを押しそうだな(笑)。

     まあ15歳の女子に何を望むのだ!?とか言われそうですが、同じ土俵に立っているワケですから、「観ていてもつまんないんだよね!」と言うのは許される気がします。あの誰にもできないスピン・ポジションは、感心するけど感動はしない感じ。っていうか、スゴイのは判るけど、それが視覚的に美しいかどうかは別問題なんですよ。

     鈴木選手は音楽と一体になることに関して、女子シングルでは多分世界一です。
     彼女の滑りとそれに伴う表現は、“音楽とは瞬間を連続的に捉える”ということを意識させられます。そう、音楽は途切れることがないのよ!!素晴らしい瞬間が延々と続いていくのです。彼女のスケートを観ているといつもそう思います。

     グレーシー・ゴールドはアメリカ女子ではほとんど唯一好きな選手です。今年はコーチがフランク・キャロルなのね!?フリーではジャンプがヘタレましたが、きっとワグナーを追い抜くだろうなと鈴木は思っております。

     ってな感じで、熟考すること無しにヘロっと書いてみました。またね。

    瞬間の連続を!楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2013/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック