FC2ブログ

    ミディアム・スケールである理由

     さて、新年最初のギターの戯れ言を書きたいと思います。
     お待ちかねでしょ?えっ、そうでもない!?まあどっちにしろ書きますけどね。

     レスポールはミディアム・スケールです。
     ところで、「ロング・スケールのレスポール」ってのは、本家ギブソンはもちろん、各社のコピーモデルにもありません。別にあっても良くねぇ!?と思っている人っているかもしれません。イヤ、いなくてもイイんですが、どうしてロング・スケールのレスポールってのが無いのか?という理由をムダに書いてみます。私の想像ですけどね。ちなみに私個人の意見を書いておきますが、

    「レスポールでロング・スケール?バカ言っちゃイケナイ!!」

    ですな。だから私はロング・スケールのレスポールがこの世に無いことについては、全くの無問題だと思っております。

     ではレスポールの一番良いところは何でしょうか?
     もちろんレスポールには良いところがたくさんありますので、“一番”がどれかってのは各人で違うだろ?とも思いますが、私は当ブログの“レスポール日和”という記事でも以前書いた通り、「弾いた時のレスポンスの良さ」だと考えています。

     賢明な方はお判りのように、スケールが長くなったら、当然音の起ち上がりは遅くなります。つまり“レスポンス”はミディアム・スケールより悪くなります。ですが、サスティーンは良くなりますし、チューニングも安定します。

     ここで考えて欲しいのは、レスポールってのは元々サスティーンがあるギターです。当ブログで「サスティーンはいくらあっても良い」と書いている私ですが、だからと言って現状のレスポールのサスティーンは演奏上不満が出るレベルではありませんな。充分ですな。

     チューニングが安定することについても、そもそもレスポールはアームユニットが付いていないのが普通ですから、現状でもそれほど問題はありません。まあ3弦とかタマにイラッとする時あるけどね。

     つまり、レスポールをロング・スケールにしたところで、良くなる部分ってのは現状では特に不満が無い部分であって、失われる部分は「最も良い部分」なんですよ!!最も良い部分を失ってまで別仕様にする理由は無いよね。だからレスポールにはロング・スケールが無いんですよ!っていうか、無くても良いのです。私はそう思っています。

     ところで、ついでというか比較対象としてミディアム・スケールのストラトキャスターについても書いておきます。こちらについてはソコソコ存在します。ところでストラトキャスターの良いところは何ですか?ってことを考えると存在理由が見えてきます。まあザックリ言いますけどストラトの一番の魅力は、「シャープなサウンド」であると私は考えます。実はこのシャープなサウンドってのはスケールを短くすると、失われるどころかより増すワケですな。もちろんサスティーンは短くなるし、チューニングも不安定になるんですが、こちらの仕様変更については、「一番の魅力がさらに良くなる」方向なんです。だからストラトのミディアム・スケールってのは存在理由があるのです。

     とか考えています。別にこれが正しい意見だってワケではなく、私がそう考えているっていうだけですけど……。終わります。またね。

    買っていただくと戯れ言が加速します(笑)。楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2014/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック