FC2ブログ

    ペアが終わったね

     ムダに2度目の登場です。
     一応フィギュアスケート・ペアの結果が出ましたので……。
     今回は録画を忘れませんでしたが、全滑走が放送されたワケじゃないのね。まあ、あの状況だと仕方がないのか。

     金メダルは予想通り、ボロソジャール/トランコフ組(ロシア)でした。
     当ブログで今シーズンの初め頃に、彼らの調子があまりにも上がりすぎている感じがしまして、“最初からこんなに上げていて大丈夫なのか?”とか書いた気がしますが、やはり途中で一度調子が落ちてしまいまして、グランプリ・ファイナルでは久々の敗北を喫してしまったワケです。でも何とか、再び上げることができたようです。ピーキングって難しいのですね。

     それにしてもビックリなのは、銀メダルにストロボワ/クリモフ組(ロシア)だったことか?私にはちょっと予想できませんでした。ユーロで調子が上がっているのは知っていたけどこれほどとはね。っていうか、地元での開催ってことと、団体戦のフリーで“プロモーション”しておいた成果が出たという感じなのでしょうか!?

     カナダは序列が逆転か!?もっとも僅差であってこの結果でどうこう言うことでもないですかね。でも私はムーアタワーズ/モスコヴィッチ組のプログラムの方が好きですから、これでイイような気もします。私ごときが“イイような気がする”とか言ってもまったく意味なんて無いですけど。

     サフチェンコ/ショルコビー組はまたもや銅メダルか……。お疲れ様でした。
     でも最後にスロー・トリプルアクセルにトライしたのには意地を見ました。
     彼らの2011-2012シーズンのフリー“ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち”はとても好きなプログラムであります。(敬礼!!)それとその前年のエキシビション、“Barbie Girl”もショルコビーがあまりにも似合っていなくて好きでした(笑)。

     ってなワケで、単にムダ記事を増やした感じですが、またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    穴ぼこだらけだが

     先日ギブソンUSAの2014年の新ラインナップについて、ムダに色々(というかほとんど見た目についてだけだろ?)役に立たないことを書きましたが、今回もまたもやムダにそれらについて書きますわ。

     その記事を書いた時にリンクを張った楽器屋さんとは別の所で、さらに詳細な写真、つまり分解写真というか、ボディ構造の写真が載っておりました。
     実は例の素敵な牛舎を持つ友人が教えてくれたのですが……。

     で、それを見ると、ほとんどのモデルにウェイトリリーフ加工が施されてますな。
     穴ぼこがあちこちに空けてあるのですね。
     レスポール好きの方々は、この“穴ぼこ仕様”は嫌う傾向にある気がします。
     イヤ、ひょっとしたら文句を言う人の意見だけが表に出てきているだけで、嫌う側が多数ではないかもしれませんけどね。

     もちろん穴ぼこ仕様には重量が「軽くなる」というメリットがあります。
     オッサンの私にはレスポールが3.5kgとか信じられない感じなんですが、まあ確かにあれほど穴が空いていれば、それぐらいになるのかもしれません。

     当然音の方にも影響は出ると言われています。
     やはりホロウ・ボディ(中空構造)の音に近くなるとか……。
     まあ物理的には当然か……。

     じゃあその音は良くないのか?って言うとそれはまた別の話ですな。
     弾いてみたら実は「この音スゲ~好き!!」って場合もあるかもしれません。

     その昔、私が愛機レスポール・カスタム黒のピックアップを換装する時に、それをやってくれたリペアマンさんに、「どういう音が欲しい?」と訊かれたので、
    「これがレスポールだぁ~!!って音が良いです!」
    と言いましたところ、

    「う~ん、そもそもレスポールの音に対するイメージは人それぞれだから、それじゃ判らないよ!!」と言われましたな。うん、確かに。結局ダンカンのピックアップ(59とカスタム)を選んで満足していますが、別のでもそれはそれで満足したかもしれませんな。

     話が何処へ行くのか自分でも判らなくなってきましたな。
     え~と、イイ音は人それぞれとか言っちゃうと「何だかなぁ~!?」ってことになりますので言いたくない鈴木ですが、あれだけ“穴ぼこ仕様”のモデルが多いってことは、それに満足している人も多いのかなぁ~!?とか思いました。

     以前当ブログで、「レスポールを選ばない理由として“重いから”というのは馬鹿げている!」とか書きましたが、ギブソンUSAだとそもそも重いレスポールってのがそんなにナイじゃん!?って事態なのね。私の記事のムダさ加減が更に加速してるのね。でも誰も気にしないでしょうから、消えることにします。またね。

    こちらはムダではナイと思いつつ楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2014/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック