FC2ブログ

    疑問が完全に解けるまで

     先日“テンポに対するアプローチ”という記事を書きました。
     それ以降、頻繁に基礎練習のスピードを上げていくパターンを変えながら模索している鈴木です。
     何故そんなことをしているのか?
     それは速弾きが若い頃に較べてキツイと感じるようになってきて、スピードを上げるステップを変えたらどうにかなるんじゃないか?という甘い考え(笑)と、そしてひょっとしたら時間も効率的に使えるようになるかも?という期待感です。

     まあぶっちゃけ言って、時間を気にしないでイイのなら、何とかなるんだよ。
     つまりこれから基礎練習をやるぞぉ~!!と考えて、その後たとえば3~4時間、ギターを弾く以外のことをやらなくても、快適な毎日が送れるのであればそれでもイイのです。

     しかしながら、もう余生の段階に入ったかもしれない(笑)鈴木としては、できればその時間を少しでも短縮したいのです。実際、毎日必ず3~4時間の連続した時間を取れるとは限るまい?

     目標としては2時間程度にならないかなぁ~?って感じです。
     2時間なら他のこともできるさね。それにいかにギター弾きとはいえ、3時間を超えてくると集中力だって落ちてきますな。

     ってなワケで、ムダにパターンを変えつつやってみているのですが、う~ん、右手の状態が“自分的マックス”に辿り着く時間は余り変わらないんだよ(笑)。
     一つのテンポでチョコチョコっと弾いてちょっとずつテンポを上げるのも、一つのテンポで入念に弾いてそれなりにテンポを上げるのも、最終的なマックスのテンポに到達する時間はあまり変わりませんな。
     結局のところ、や全体的に調子が良いと感じる日はいかなるパターンで上げていっても、最終局面には2時間半、調子が並かそれ以下に感じる日には3時間以上かかりますな。

     基本的には右手の筋肉の絶対的な運動量で決まっているのかもね!?
     それじゃあ、どんなパターンでも関係ないじゃん!?
     アホか?鈴木は。イヤ、それは既知のことか!?
     スゲ~ムダな記事だな。イヤ、それもいつものことか!?
     とはいえ、もう少し色々とパターンを模索しようとも思っています。
     ダメならダメで、一つの疑問が解けたことになるしさ!とか強がってみます。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2014/03 | 04
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック