FC2ブログ

    客入るのか?

     ってなワケで、ATP500バルセロナ大会。
     錦織は準決勝でグルビスに勝ったのだよ!
     リターンが冴えていましたな。ストローク戦に持ち込めれば分が有るのは判っていたし。 
     まあ完勝に近いデキだったかもしれません。
     さて、当ブログではこのグルビス戦が鍵だとかヌカしましたので、
    「じゃあ錦織優勝じゃん!?」
    という流れなんですけどね……、でもこれまでに鈴木の予想がどれほど中っていたか、ここで冷静に考えてみるとどうよ!?(笑)。

     で、決勝の相手なんですが、大方の予想を裏切ってヒラルドに。
     アルマグロが来ると思っていたでしょ!?
     っていうか、アルマグロはナダルを破っておきながら決勝に出られないのかよ!?非常に空気が読めない感じになってしまいましたね。もっとも、プロスポーツなんだから空気を読むも何もナイですけど……。

     バルセロナ大会の決勝には17年連続で必ずスペイン人が進出していたらしいのですが、アルマグロはナダル見たさに準決勝、決勝のチケットを買ったファンの夢を破り、ついでに記録も途絶えさせてしまいましたな。まあ本人はそんなこと気にしてないでしょうが。

     さて、錦織はヒラルドに勝てるのか?
     ヒラルドは2010年ぐらいからTop100入りしてその後はそれをキープしています。
     コロンビア人だからということもあり、得意なサーフェスはクレーだよな。
     錦織との対戦成績は錦織の5-1。まあ勝たないとね!って感じではあります。
     とはいえ、鈴木もヒラルドのプレイスタイルを熟知しているワケではありません。
     ってなワケで、ここはザックリとムダに考えてみましょう。

     錦織は今大会、ボトムハーフに入ったわけですが、大会開始時に“トップハーフの中で決勝で対戦したくない選手を4人挙げろ!!”と質問されたら間違いなくヒラルドは入りませんな。じゃあ逆に、「決勝で対戦ってことになったら“こりゃラッキー!!”という選手を4人挙げろ!」という場合にヒラルドは入るか?う~ん、これも入らないな。
     どうです?かえって判りづらくなりましたね(笑)。

     前記の段落はまったく無意味でしたが、まあ勝って当然と言えばそれはそれはそうです。 
     でも相手はATP500初の決勝ですし、ツアー初優勝自体も懸かってますから、死ぬ気で来るかも。
     錦織もここで“普通に考えたら獲れると思っていなかった500ポイント”をゲットできればTop10入りも見えてくるのですが……。
     っていうか、お客さん入るのか?(笑)。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    またもや大事件!!

     みなさん、こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます!!
     鈴木が活動を続けられるように、どうか楽曲をよろしくお願いします。とはいえ、“そんなん知るかっ!”って感じかもしれませんな。

     ってなワケで、本日2度目の登場は避けられない事態が!
     現在テニスのATP500バルセロナ大会が進行しているのですが、何と!!またもやナダルが準々決勝でアルマグロに敗れるという大事件!!

    「ナダルだって人間なんだから負けることだってあるだろっ!?」

    という意見もあるかもしれませんが、ナダルは人間じゃないだろっ!?(笑)
     特にクレーコートにおいては……。

     前回はモンテカルロでフェレール、今大会はアルマグロということで、決してヘボい選手相手に負けたワケではナイですが、クレーコートで、しかもモンテカルロ同様得意としているバルセロナで、普通負けるか?

     アルマグロって……、まあこれは完全なる鈴木個人の印象ですが、非常にランキング通りって感じなんですよ。下位相手だと“強ぇ~!”って感じでほとんど取りこぼすこと無いんですけど、上位相手になると、
    「う~ん、アルマグロ、ヘタだな!!」という試合を演じますな。まあある意味非常にムダに安定しているとも言えるのですが。

     普通に考えれば、アルマグロが絶好調でもナダルが並みの調子ならクレーコートですし、ナダルが負けることなんか予想できませんな。ってことで、ナダルの調子はほとんど最悪に近いのかもね!?大体、ナダルがクレーコートを2大会連続で優勝を逃したことって有ったか?あっ、2011年には有ったかも?しかし今回連敗したモンテカルロ、バルセロナってのはどちらも8回優勝している大会だぞ。

     ナダルがこんな調子じゃ、どうしたって“全仏はどうなるのだ!?”と盛り上げたくなってしまいますな。もっとも全仏までにはマドリッドとローマというマスターズがありますから、まだそれらの経過を見てからにしますかね。ジョコヴィッチもマドリッドから復帰する予定らしいですし……。

     ってなワケで、ナダルが負けたことばかり書いておりますが、実はこの大会、錦織が第4シードで出場しております。第4シードだからベスト4は義務な!!って感じでしたが、キチンと残っております。っていうか、ベスト4は、アルマグロ×ヒラルド、錦織×グルビスですから錦織がランキングでは最上位だな。ナダルが消えて大チャンス!優勝できるかもしれないな。今日のグルビス戦が鍵だな。うん、グルビスに勝てれば優勝できるような気もしますな。でも、こういう時こそやらかすのがこれまでの錦織か?またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    コンテなのかな

     ってなワケで、ユナイテッドの来季監督の話です。無視するわけにはいきませんね。
     昨季だったら……、つまりアレックス・ファーガソンの後釜ということで、非常にハードルの高い仕事だと思われていたユナイテッドの監督も、モイーズのおかげですっかり下がってしまいましたので、やりたい人もたくさんいるでしょうな。今季以上の失敗なんてそうそう無いでしょうから、来季のユナイテッドの監督ってのは仕事としては“狙い目”ですな。(ちょっと言い過ぎ)
     
     で、先日書いたように、鈴木はファンハールはイヤです。
     え~と、顔があんまり好きではありません(笑)。
     それとこのところ、1つのクラブで長きにわたって……、というイメージもありません。 
     まあバルセロナの監督をしていた時の「2バック」は面白かったけどさ。
     とにかく、鈴木にとってはファンハールは違和感アリアリなんです。

     アンチェロッティという話も出ています。
     鈴木はそのサッカーがツマラナイということを何度か当ブログで書きました。でも彼はどこに行ってもスタッフや選手に非常に好かれますよね。ホント、そういう点では悪い話を聞いたことがありません。ですから大した人物なのは間違いなさそうです。
     ところで今季のレアル・マドリーでの彼の仕事は、ここ数シーズンでは“ベスト”と言えるモノですな。クラブの格から言っても、レアル・マドリー以上のクラブってのは有りませんので、別にユナイテッドの監督になっても“栄転”じゃないよね。現状ではクラブが彼を手放すとも思えないし、アンチェロッティにとっても別に美味しい話じゃナイよね。だからアンチェロッティはナイだろ!?ちなみに鈴木はアンチェロッティもイヤだな。

     ロベルト・マルチネス(エバートン)って話もあるのか!?
     オイオイ、2季連続でエバートンから強奪するのか!?
     非常にそそられる話ですが、それをやってはオシマイって気がします。

     ってなワケで、実は早いところ書こうと思っていたのですが、ちょっと遅れてしまいました。っていうか、昨日辺りにニュースが出ちゃいましたね。
     そうです、ユヴェントスのアントニオ・コンテ監督ね。
     え~と、そもそもこれってユーヴェ・ファンが言い出したって噂もあるんです。
     つまりコンテ・ユヴェントスはこのところイタリア国内では敵無し状態ですが、ヨーロッパでは今一つ。それ故コンテは、

    「イタリアはもうダメじゃぁ~!」

    というようなイタリア・サッカーを憂える発言を何度かしています。
     ですからユナイテッドのモイーズが解任されると、ユーヴェ・ファン達は、

    「コンテが行ってしまうのでは!?」

    と勝手にビビってしまったようです。うん、判らなくもありません。ありそうな話です。 
     ってなワケで、コンテは現在、来季ユナイテッド監督候補リストのかなり上の方にいるようです。コンテならまあイイか?とかお前は何様よ!?って感じな鈴木です。でもイングランドでは外国人の監督が指揮を執ること自体、歴史がまだ浅いという背景もありますが、イタリア人監督はそれほど成功したイメージはありません。それはきっとメシが不味いからだと思っている鈴木です(笑)。イングランドで一番旨いレストランはアーセナルのクラブハウスだって噂がありますから(笑)。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    “ブニュ~!”が判らんのか?

     レスポールを買った素敵な牛舎を持つ友人から、その後ギターがどんな感じかメールが来ます。彼は酪農業で基本的に完全休養日というのが存在しませんから、中々時間は取れないでしょうけどね。えっ!?何で上京できたの?という疑問があるかと思われますが、もちろん、家を空ける時にはヘルパーさんを雇うそうです。

     ってなワケで、先日はこともあろうに(笑)、
    「ピックガード着けちゃったよ!!」
    と写真を添付したメールが来ましたな。まったくもう……。鈴木は断然レスポールは“ピックガード無し派”ですが、彼はピックガードがあった方がカッコイイと考えているそうです。これってけっこう意見が分かれますな。鈴木がムダにリサーチした感じだと“ピックガード有り派”の方が優勢な気もしますが……。もっとも鈴木の場合はカッコ以前に演奏上の理由でピックガードが邪魔ってのもあるんですけど。

     というのは前置きで、今回はBladeストラトキャスターのお話です。
     当ブログでも何度か話題にしておりますが、鈴木の愛器の1本であり、シングルコイル・サウンドが欲しい時にはこのギターが担当します。特徴は、アームが根元から折れています(笑)。しかしながら当然これは“仕様”ではありません。鈴木のギターだけだよ!っていうか、直せよ!!

     ちなみに型番は「R-4」で、一応上から2番目のグレードです。
     何度か当ブログで触れましたが、このギターを選んだ最大の理由はエボニー指板だからです。鈴木はエボニー指板の感触が最も好きで、調子の良い時のあの左手の指が“ブニュ~!”と沈み込む感じが好きです。
     ってなワケで、素敵な牛舎の友人が上京した時の話になりますが、彼が非常に真剣な顔をして鈴木のBladeを弾いていました。しばらくして、

    「う~ん、お前の言う“ブニュ~!”と沈み込む感覚というのが、俺にはサッパリ判らん!」

    と言いましたな。どうして判らないのだ?もっとも、当ブログを続けてきて、弦高を高くすることについては賛同者が7万4人ぐらい得られましたが、このエボニー指板の感覚については、今のところ賛同者はゼロでして、今後賛同者が出る予定も無いかもしれません。

     さて、このBladeストラト。決してバカ高い(安くもないが)ワケでなく定価は15万円でして、最も日本で流通していた頃から20年あまりが経過し、現在でもタマ~に中古を見かけます。スパーゼルのペグやファルコン・トレモロ、アクティブ・サーキット搭載など気の利いた仕様であって、その中古価格は6~8万ぐらい。うん、これでエボニー指板とかスゲ~お買い得かも!?とか思ったりしますが、実はエボニー指板のモデルは全然見かけませんな。鈴木は一度も見たことがありません。メイプル指板だとけっこう有るんですけどね。

     ところが先日、素敵な牛舎の友人がこのR-4エボニー指板モデルを見つけてきました。 
     う~ん、変なギターを見つけることに関して彼はやはりスペシャリストです(笑)。
     で、そのギターは“ミスティ・ヴァイオレット”という洒落たシースルー・パープルのカラーであって、鈴木のギターと同じモノです。
     
     早速それを見てみました。うん、これだよ、これ!!とか思いましたが、やっぱりネックは普通にナチュラル仕上げでした。もちろんカタログはこうなっていましたので、これが普通ですな。鈴木のはネックも含めて“全身ヴァイオレット”なんだよな。

     以前も書きましたが、ネックもボディと同色に塗ってあるのは、単に“ネックの木目がイマイチだったから”という可能性が高いですな。ですから稀少かもしれませんが、実は検品でハネられる一歩手前だった!?というオチかもしれません。この辺からして鈴木が主流になれないことは、このギターを買った'88年頃から暗示されていたのでしょう(笑)。

     ってなワケで、ダラダラと無意味に続きましたが、特別オチはありません。
     ですが、もしBladeストラトのネックとボディが同色で塗ってあるイレギュラーな仕様をお持ちの方がおりましたら、ご連絡いただけると……、え~と、単にムダな連帯感を持てるかな?(持ちたくねぇ~よっ!!)またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    シェービングジェルの罠

     さて、何か仕事くれよ!!って感じですな。
    “ろうそくの最後の炎”こと鈴木です。
     ってなワケで、本日もいつにも増してムダなことを書いていきたいと思います。

     男性諸氏のみなさんはどんなシェービングクリームをお使いでしょうか?
     まあどんな?とか言っても、ここで鈴木が訊いているのは2つのタイプのことでして、別にブランドとかフレイバーのことではございません。
     つまり昔からある普通のフォーム、泡が出るタイプなのか?それともジェルタイプの、あのこすりつけるとジェルが泡になるタイプなのか?って話です。

     鈴木はその昔、まだジェルタイプが出始めの頃、洗顔フォームのオマケで試用品が付いていましたのでそれを使ってみましたが、どうにもうまいこと狙ったところにそのジェルフォームをこすりつけることができませんで、
    「こりゃダメだ!!こんなの使えねえ!!」
    と思った経験があります。ですから、「こんなモノはそのうち無くなるな!」と思っておりました。

     しかしそれから時は経ちましたが、未だにそのタイプの商品は生き残っていますね。ということは、鈴木が単に不器用でそのジェルフォームを操ることができないのか?若しくは最初に鈴木が使って以降、改良に改良が重ねられて今では従来のシェービングフォームよりもむしろ使いやすくなっているか?

     まあ大体において、当ブログの仕様から致しますと、前者だな!というオチになるに決まっていますが(笑)、とりあえず話を続けます。

     ってなワケで、普段は頑なに従来のシェービングフォームを使い続けていた弦高バカ高鈴木ですが、先日シェービングフォームを買いに行きましたところ、そのジェルタイプが大層安い値段で売っておりました。いつも買っているシェービングフォームの半分ぐらいの値段だったんだよ!そこで鈴木の思考は本文ちょっと前の段落に戻り、
    「改良に改良が重ねられて今では非常に使いやすい!!」のではないか?と考えてしまいました。“その昔全然俺は使えなかったが、企業努力のおかげでそれはもう過去のことさ!”とかそんな感じ。まあ安かったから自分を無理矢理納得させただけなんだけどさ。

     そして安さとメーカー(というか業界全体)の開発努力を信じて買ってしまいました。
     で、使用感はどうなのか?
     うん、全然ダメですな(笑)。やっぱりうまく顔の狙ったところに泡を付けることができませんな。っていうか、最初に使った時と何も印象が変わりませんな。別に企業努力なぞしてませんでしたな。っていうか、やはり単に鈴木が不器用なだけでしょうか?

     ジェルをこねるともちろん泡に変わりますが、顔に付かないで手に残っちゃうんだよな。みんなそんなことナイのか!?スゲ~イライラするぞ!ギターのヴィブラートの方が簡単だぞ!!終わります。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2014/04 | 05
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック