FC2ブログ

    タマには書こうかね

     久しぶりにサッカーの話でも書こうかね!?
     いくらユナイテッドの調子が悪いからって、観ていないワケでもなし。
     シティがサンダーランドとホームで引き分けてしまい、リーグ優勝はほぼ絶望になりました。だから言ったでしょ?シティはナイから!!とか調子に乗りたい気もしますが、別に威張るほどのことでもナシ、ユナイテッド・ファンのお前が何を言う!?って感じですし、ただのオッサンのカンが中っただけですな。

     でもシティ。サンダーランドは最下位で残留争いをしているチームなんだから、必死なのは予想できたはず。トゥレを怪我で欠いていたのにシルバを温存したのはどうだったのか?もっともシティは未消化分の試合をこなさなければならなかったワケで、タイトな日程のせいで、シルバが使える状態では無かったのかもしれませんけど……。

     消化試合が少ないというのは、ライバルの動向を見ることができますので、一見有利とも考えられますが、リヴァプールはこのところずっと勝ってプレッシャーをかけてきていましたし、結局はスケジュールがキツクなりますから、むしろ不利に働いてしまいましたな。
     ちなみにペジェグリーニは果たして及第点なのか?
     キャピタルワン・カップは獲った!!
     リーグ戦の優勝は逃しそうだけれども、CL出場ストレートイン(3位以内)は堅そう。 
     鈴木的には見た目は合格だと思うぞ!何かオーラはあるよな!?
     残留もクビもどっちでもアリ的な微妙なラインか?

     ところでユナイテッド・ファンの鈴木が、
    「リヴァプールに優勝して欲しい!!」
    などと言うべきではナイのは判っています。っていうか、英国人だったら絶対言わないんだろうな!?でも、偉大なるスティーヴン・ジェラードにリーグタイトルが有ってもイイよね!?と、1人のサッカー・ファンとしては思います。年齢的にも最後のチャンスかなって気もしますし……。

     そして何気にクリスタルパレス。っていうか、トニー・ピューリス監督!!
     アンタ、凄いね。“降格を経験したことがない!”ってのは本物ですな。
     もう40ポイントになったから大丈夫そうです。
     しかも散々“ツマラナイ!”とか“フットボールじゃない!”とか言われたストーク時代とは違うサッカーなのよね。マネージャー・オブ・シーズンをあげてもイイくらいだよな!?メガネのオンオフによって顔の印象がスゲ~変わるのもチャーム・ポイントだよな(笑)。

     チャンピオンズリーグのセミファイナルもドローが決まりましたね。
     準々決勝の時にもう組み分けは無いと勘違いしていた鈴木です。それ故、決勝はバイエルンとマドリーだとかウソを書いてしまいましたな。申し訳ない。っていうか、やる気の無さがこういうところに出てしまいますね(笑)。当該記事は修正したっていうか、ムダな部分をカットしました。スイマセンね、ホントに。
     
     で、レアル・マドリーとバイエルンが事実上の決勝か?
     鈴木のバカ予想を言いますと、正直この対戦はサッパリ判りません。ただ、もう一つのA・マドリーとチェルシーはA・マドリーが勝つだろ!?イヤイヤ、別にチェルシー嫌いだからじゃなくて!普通にマジで。
     ですから、もしレアルが決勝に行ったら優勝はアトレティコ!!バイエルンが行ったらバイエルンが優勝する!!とか思っております。みんなが望むレアル×チェルシーの決勝にはならないんじゃないかな!?どんなモンでしょう。超乱文失礼、またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    こっちの方が

     ってなワケで、素敵な牛舎の友人が鈴木の家に来たところまで書きましたね。
     もちろん、ムダにその続きであります。(敬礼!!)
     
     新しいギター。そのギターを友人が早速、弾きまくるのか?と思いきやそうでもなく、
    「実は俺の今回の大きな目的の1つなんだよね!」とか言いまして、

    「YAMAHA SF-7000を弾かせてくれ!!俺はこのギターに会いたかったのだ!!」

     確かに31年前、一緒にバンドをやっていた時に鈴木が使っていたギター。弾いてみたくなるかもしれないな。っていうか、今回のギター購入にあたって、“メイプル+マホガニー・ボディで2ハムバッキング・ピックアップ”というのが欲しいギターの条件。その代表的なモノがレスポールってワケですが、
    YAMAHA SF-7000もその条件に合致しております。で、

    「レスポールでイイのが無ければYAMAHA SF-7000も有り得る!!」

    なんてことも言っていたのです。コイツは人気が無いから、(とはいえタマ数も少ないが)相場は4~6万円。友人は何本か見つけておりましたよ。このギターについては当ブログでも何度か書いておりますが、多分、そのギターとしての完成度からすればかなりのお買い得度ですな。ただ、カラー・バリエーションが2つしか無くて、どっちも地味だけど……。まあ見た目のせいで人気も無いんでしょうが。でも気になっている人は店頭で見かけたら一度弾いてみることをお奨めしますよ。

     ってなワケで、ムダに嬉しそうに友人はSF-7000を弾き始めました。“弦高が高くて弾きづらい!!”と言うのかと思いましたが、
    「お前の影響で弦高上げたからそんなに気にならない。でもこんなには高くナイけどな!!(笑)」だそうです。

    「やっぱ、良いギターだわ、これ!」
    うん、ハイポジションとか“これ以上ない”ほど弾きやすいしな、スルーネックだからサスティンもあるしね。

     しばし満足そうにSFを弾いていた友人ですが、突然笑い出しました。
    「お前、これ!!今までどうしてネタにしてなかったんだ!!」
     鈴木は最初、何を言っているのかサッパリ判りませんでしたな。そして、今度は黒のレスポール・カスタムを見て、
    「ウワッ!!やっぱり同じだよ!!」
    とか言ってまた笑い出しました。

    「弦高が高いことよりも、こっちの方がずっとネタっぽい気がするが!?」

     どうやら彼にとってツボとなるようなセッティングの共通点があるみたいだな。
     イヤァ~、自分では変わってるとは別に思っていませんでしたが。そのセッティングとは?驚愕の(?)次回に続く!(水増しもほどほどにせいよ!)またね。

    ネタになりそうなセッティングで録音された楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2014/04 | 05
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック