FC2ブログ

    う~む、ウソついちゃったよ

     さて、書かねばならないでしょうな。(そうか?)
     マスターズモンテカルロである。
     散々鈴木は「どうせ決勝はナダル×ジョコヴィッチだよ!」
     と書いてきたのである。っていうか、みんなもそう思ってただろっ!?

     しかしながら、何と!準々決勝でナダルがフェレールに敗れました。
     ナダルはフェレールに、ことクレーコートでは初対戦のまだ“ひよっこ”(とはいえナダルは“ひよっこ”の時期は短かったが)でしか負けたことが無かったのです。
     でもまあ、相手がフェレールだからあまり“番狂わせ!!”と騒ぐのも失礼な気もします。

     とにかくナダルの調子が悪かったですな。クレーコートであんなにエラーを連発するナダルは見たことがない感じでした。ちょっと気になったのですが、ナダルは何だか身体が小さくなったように見えましたぞ。絞ったと言うよりは、“やつれた”という感じですな。もちろんクレーコートの戦いでのピークは全仏に持ってくるのが、ナダル・クラスなら当然と言えば当然です。でもさ、モンテカルロがナダルにとってプライオリティが低いとは思えませんな。とにかく“身体悪いのか?”と思えるくらい調子が悪かったです。

     バブリンカは調子良さそう。クレーコートでラオニッチに負けるワケないと思ってたけどさ。もしこの大会を優勝できれば、鈴木的にはバブリンカを“最強地球人”の1人として認定したいと思っております。もっとも、認定されたところで何も良いことなどありませんけど。(笑)

     フェデラーも勝つには勝ちましたが、酷い内容でしたね。とてもイライラしていましたし。イラつくフェデラーをストレートで仕留められなかったツォンガが甘かったという感じでもありました。っていうか、ツォンガも昨年の夏以降、怪我で休んでから“戻って”いない感じが続いています。

     さて、ジョコヴィッチもヤバイ感じでした。2回戦と3回戦は強過ぎてヤバイ感じでしたが、このガルシア・ロペスとの一戦は負けそうでヤバイ感じでした。そりゃガルシア・ロペスはクレーコートが得意だけどさ。それにしても負けることはもちろん、競ることもナイだろうと思っていましたから……、けっこうヒヤヒヤでしたね。どうでもイイことですがガルシア・ロペスのラコステのウェアは、他の選手が同じのを着ている時にも思いましたが、柄が“原稿用紙”を想起させます。

     ってな感じで、準々決勝だけ観ると、
    「バブリンカ初マスターズ!そしてめでたく(?)最強地球人認定!!(笑)」
    のようにも思われますが、そうは問屋が卸さないでしょうね。きっとジョコヴィッチが優勝すると思います。でも、本日の準決勝バブリンカ×フェレール、ジョコヴィッチ×フェデラーはともに楽しみではあります。(敬礼!!)またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    これは“レスポール・ブログ”なんだな

     このところ連日2本ずつ書いてみたりしてヤケになっている鈴木です。
     だからと言って、別に何も好転しないところがポイントですな。
     まるで鈴木のギターのフロント・ピックアップのように鈴木の地位(?)は沈み込んだままですな。最早これまで!というところまで来ているかもしれません。楽曲をよろしくお願いします!!

     ってな感じで、素敵な牛舎の友人ギター購入顛末記はムダに続きます。
     もうイイよ!って感じかもしれませんな。
     さて、友人、買ってきたギターを一心不乱に弾くのかと思えばさにあらず、鈴木のギターばかり弾いていましたな。彼が帰った後メールが来ましたが、

    「目の前に常に弾いている状態のギターが5本もあったら、そりゃ弾きたくなるだろ!?」

    だそうです。まあね、新しいギターは帰ってからいくらでも弄り倒せるからね。その気持ちも判らないでもない。鈴木が彼の立場だったらそうしたかもしれません。
     ですから、彼が鈴木のギターを弾いている間に、鈴木が彼の新しいギターを弾いておりました。“型番を公表してもイイよ!”と彼からメールが来ましたが、何となくそれはヤメテおきます。勝手に想像してください。

     ってなワケで、メタルトロニクスで鳴らしてみるか?とも思いましたが、そこはグッと堪えて、とりあえずPODで鳴らしてみましたな。クリーンでもディストーションでもかなりイイ感じで音が抜けますな。新品のレスポールにありがちな“何となく鼻がつまったようなトーン”(あくまで個人的な主観)ではありません。前にも書きましたがこれなら直ぐにでもレコーディングに使えるかもしれません。逆に最初からこんなに鳴るなんて、このギターは育つのか?とか不安になりました(笑)。

     スタンダードにしては重い!と書きましたが、大体私の白カスタムと同じぐらいの重さ。ネックは細めの黒カスタムよりは太く、太目の白カスタムよりは細いかな。っていうか、それって“普通ぐらい”ってことじゃねえの?最初からそう書けよ!!

     とはいえ、これはレスポールをずぅ~っと弾いてきた鈴木の感想なのです。
     初めてレスポールを所有することになる友人の感想の方が、一般論としてはフェアですね。ですからここで彼が帰ってから2日後にくれたメールを紹介しておきます。ひょっとしたら今後の参考になるかもしれません。

    「重いっちゃ重い。でもそれほど気にするほどでもない。ハイポジションだって言うほど弾きづらくもない。今までイメージしていたレスポールの欠点は何だったのだろう?もっとも、欲しくて買ったから前向きに考えてるのかもしらんが……。」

    ってな感じでした。うん、そうね。あの音が手に入るんだからね。ゴチャゴチャ悩んでもムダなのよ。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2014/04 | 05
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック