FC2ブログ

    ジロについて書いてないじゃん

     ジロ・デ・イタリアなのである。
     いきなり何よ?という感じですが、ジロ・デ・イタリアが行われているのです。
     既に第3ステージまで終わっているというのに、当ブログでまだ触れていないのです。 
     鈴木はサイクルロードレースを大きく二つに分けるとすると、

    「ジロ・デ・イタリアとそれ以外!!」(どんな分け方だよ?)

    というぐらいにジロが好きです。
     ですからこれまで何度か書いておりますが、毎年鈴木は“ジロとともに燃え尽きる”のです。ええ、この時期に一度燃えカスと化しますな。
     
     ってなワケで、今年は北アイルランド・スタートということで、“大丈夫なのか?ちゃんと盛り上がるのか?”と心配していたのです。でもここで、はっきりと言わせて下さい。

    「ゴメンナサイ!!!北アイルランドとアイルランド。心配した鈴木がバカでした!」

     もうホントに凄い盛り上がりの3日間でしたな。
     沿道の観客の数なんて一見、

    「これはツール・ド・フランスの山岳ステージか?」

    と思えるほどの凄い数でしたし、行く先々至る所がジロのリーダー・ジャージ“マリアローザ”カラー(ピンク)に染まっていましたな。もう市が各家庭にピンクのペンキを配ったのではナイか?疑惑が出るほどです(笑)。鈴木が個人的に一番ウケたのは、沿道にあった高圧電線の鉄塔がピンク色だったこと。一体全体、どこの誰が言い出してあんなことになったのでしょうか?

     ってなワケで、3日間の北アイルランド・アイルランドのステージは大変な盛り上がりでして、このまま残りもずっと英国内でやれそうな勢いでしたな(笑)。でもそれじゃ“ジロ・デ・イタリア”にならないわな。

     さて、当記事が今年のジロについては最初ですから、ムダに総合優勝者の予想でもしておきましょう。ちょっと気になったのが、今年はスカイとベルキンの二つの強豪チームにやる気がナイなってこと。しかし心配無用です。たかだか一つ二つの強豪チームにやる気がナイぐらいで、ジロがつまらなくなることなど絶対に無いのです。ですから、“ツール・ド・フランスを観たけれど、イマイチつまらなかった!”という人でも、一度ジロを観ることをお奨めします。(う~ん、毎年同じこと書いてるな)

     予想というより希望だったりしますが、う~ん、やっぱりホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)とカデル・エヴァンス(BMC)には頑張ってもらいたいよね。ホアキンには悲願の初グランツールを獲って欲しいし、エヴァンスは今年で引退という噂もあり、ツールは出場せず、今年はこのジロがメインなんですよね。他にはイヴァン・バッソ(キャノンデール)も有力でしょうけど、個人的には“バッソはもうイイよ”(別に嫌いなワケではナイ)って感じもします。ポッツォヴィーヴォ(AG2R)はチーム力がちょっと微妙か?ニコラス・ロッシュ(ティンコフ・サクソ)はどうでしょう?チームは強力ですが、彼はエースになるとどうにも期待できないんですよね。まあ5位以内とかだったらイケそうですが……。それからダミアー……、イヤ、別にイイです(笑)。最後に書いておきますが、ミケーレ・スカルポーニ(アスタナ)だけはナイと言っておきます。当ブログではいつもスカルポーニには辛口ですが……、だって全然勝者のオーラを感じないんだもん!

     ってな感じで、寝る前にムダに勢いだけで書いてしまいました。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2014/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック