FC2ブログ

    異星人達の調子は?

     ATPマスターズ1000ローマ大会は、全仏前のマスターズということもあり、大抵はトップ選手がほぼエントリーします。ってなワケで、今大会は異星人が4人とも揃っております。2回戦が終わった時点での異星人の戦いぶりのムダな感想を書きます。
     
     登場順で先ずジョコヴィッチから。
     相手は曲者ステパネク。ステパネク好きだわ。面白いよね、ウェアも含めて(笑)。
     で、ジョコヴィッチの調子は……、う~ん、まだまだよ。でもきっと上がるんだろ!? 
     ムリしている感じは無かったですね。感触を確かめてる段階なのかも?イヤ、勝手な想像ですけど……。3回戦でこれまた一筋縄ではいかないコールシュライバーが相手ですから、ここでけっこうジョコヴィッチの状態が明らかになるかも?

     で、マレー。どうしてあんなにニヤニヤするのだ?それとマドリッドの時にも思ったのですが、ファーストサーブが以前ほどのスピードじゃないですな。これはスタイルを変えたのか?それとも単に“打てない”のか?腰が痛そうなそぶりをするのも気になるよな。実はリハビリが上手く行かなかったのか?以前のマレーに戻れるのか?マドリッドのアルマグロ戦では“イケルかも?”と思ったんですが、何か不安になってきました。頑張って欲しいところですな。

     フェデラー。え~と、異星人では唯一の負け。っていうか、“双子フィーバー”で全然練習してなかっただろ!?フォアハンドのフィーリングが全然ダメ。強風の中での試合であって、本来ならフェデラーはそれを逆にアドヴァンテージにするだけの技術と戦略があるハズなんですが……。あの状態では相手がシャルディだから負けたのは当然かも。まあほとんど“出ただけ”か?

     ナダル。相手がシモン。シモンは、

    「調子がイイんだか悪いんだか、強いんだか弱いんだか判らない(笑)」

    選手だったりします。そんなシモンを鈴木はけっこう好きなんですけど……。ってな感じで、ナダルにとってシモンは簡単な相手ではありませんが、だからと言って“負けそうな”相手でもありません。ナダルはそんなシモンに相当手こずりました。まあ“負けそうだった”とまでは言いませんけどね。しかしナダルはどうなんだろ?今一つ調子が上がってこないよな。もっとも、その方が今大会も全仏も“優勝は誰なのか?”という興味が湧いて面白いですね。っていうか、鈴木は昨年まで、ナダルのクレーコートの試合なんて、準決勝以降ぐらいからしか観てなかったよ。だって観たところでどうせナダルが相手をボコりまくるだけでしたから(笑)。今年はむしろ「ナダルがボコられる」シーンもけっこうあったりなんかして、それにも段々慣れてきましたが(笑)。

     ってなワケで、クレーコートの早いラウンドでナダルを気にかける日が来ることになるなんて……。おかげで、ヤケにナダルについてのムダ記事が多い気がします。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    生涯初の“ナチュラル・オーバードライヴ!”

     私が最初にエレキ・ギターを買ったのは高校1年の時です。
     そのギターが当ブログでも何度か登場していて現在も所有しているYAMAHA SF-7000です。
     本体定価12万円、専用角形ハードケース(一枚物の昆布にも対応!)2万円でした。
     どうやって買ったのか?確か半分は自分の貯金、残り半分はとりあえず親に借りて、そのお金は皿洗いのバイトをして返しました。ギターを買ったのが6月で、その後直ぐにバイトを始めた記憶があります。で、皿洗いだからさぁ~、手が荒れるんだよ。いろいろ機材を手に入れてバイトを辞めるまでは、ボロボロの手でギターを弾いていましたな。

     さて、ギターとケースだけで既に14万円。地元の楽器屋でいくらかは値引きしてもらいましたが、それ以外のアクセサリーにまでは手が届きませんな。シールドでさえ最初は付属のを使っていました。もちろんアンプだって持ってません。

     高級と言ってイイほどのギターを持っていながら、付属シールドって……。
     今考えると罰当たりだな。でもアンプも無いんだから、“良いシールド”を買おうという発想は湧きませんな。

     でもこれはエレキ・ギター。当然どうにか音を出してみたいよね!?
     運のイイことに(?)、私の父と兄はオーディオが好きでした。
     ってなワケで、家にはオーディオ製品がけっこうありました。オーディオ・セットは居間と2階の兄と私兼用の部屋それぞれにありましたし、懐かしの(笑)ラジカセも3台ぐらいあったぞ!

     で、そのうちの1台のラジカセに私は目を付けました。まあ必然の流れだろ!?
     マイク端子に付属のシールドでギターをプラグイン!!
     普通にやると“チャリーン!”という音しか出ませんな。
     しかし、私は知識として“オーバードライヴ”を知っておりました。
     マイク入力端子のヴォリュームを右に“オリャー!!”と回してみました。

     これが鈴木の“ナチュラル・オーバードライヴ”初体験です(笑)。
     でも当時はみんなそんなモンだろ!?
     今思うとロクでもないサウンドだったハズなんですが(笑)、鈴木はけっこう有頂天だったかもしれません。

     ところが、これも当然の流れですが、“ナチュラル・オーバードライヴ”の現場を兄に見つかってしまいました。怒られるかな?と思いましたが兄は、

    「う~ん、あんまりやると壊れるかもな!?」

    と言っただけでした。イヤ、ホントは内心怒っていたかもしれませんが、優しい人なのです。私と違って(笑)。

     しかし、特に怒られなかったことで逆に自制心が芽生えた覚えがあります。もちろん、アホな高校生がすっぱりと“ナチュラル・オーバードライヴ”サウンドを諦められるワケもありませんが……。うん、自分的にはいつも“ほどほどに”という感じでしか音は出しませんでした。そして鈴木は親への借金を完済した後もバイトを続け、ほどなくアンプやエフェクターを手に入れることになります。ラジカセ君は壊れる前に鈴木から解放されたましたな。めでたし、めでたし!鈴木と同世代の方なら、似たような経験があるでしょ!?終わります。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2014/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック