FC2ブログ

    そればかりでは

    「I NEED YOU」スペシャル動画かも!?

     え~と、相変わらず公開中です。観ていただけたりすると幸いです。よろしくお願いします!

     さて、これは鈴木の完全なる個人的意見です。
     ですから、気に入らなかったら無視して下さい。まあ言われなくてもそうするか?
     ギター初心者さん向けの練習法についてです。
     PCでギター以外のバンドアンサンブルを鳴らして、それに合わせて練習するって方法がありますよね?で、このバックのアンサンブルは、自分で創るのもアリですし、市販のモノやダウンロードできるモノも色々と有るみたいですね。最近はPCも普通の音楽ツールとして認知されていますから、この練習法はかなり一般的になったと思われます。

     イヤね、この練習法が“全然ダメ!!”とか言うワケではありませんよ。
     ただ……、ちょっと気になることがあるんですよ。

     ギターはみなさんご存知の通り、左手でフレットを押さえて右手で弦を弾きます。(右利きの場合ね)で、音を出すだけなら誰にでもできます。管楽器のように、ただ音を出すだけのためにある種の技術が必要になることはありません。ただギターを手に取って弾けば、誰でも音が出せます。

     しかしながら、ただ音を出すだけでは音楽にはなりません。その鳴っている音は言ってみれば“信号”でしかありません。ですがこれはギターという楽器の演奏ですから、信号をキチンとした音、音楽として出さなければなりません。

     そんなの当たり前だろ!?だからこそバンドアンサンブルの中で、音楽として練習するんだろ!?って話ですな。ですが、そこにこそ鈴木の気になる点があるのですよ。

     そのバックで鳴っているバンドアンサンブル……、これは音楽だな。
     それと合わせて一緒に弾くとだな……、仮に自分のギターが信号でしかないモノを発していても、“音楽”も同時に鳴っているから音楽として聞こえてしまうんだな。
     まあ簡単に言うと、自分が上手く弾けていなくても、それに気づきにくいんですよ。

     もちろん、自分一人で勝手に弾くのではなく、バンドのサウンドの中で弾くことで、テンポやタイミングを合わせることを学ぶという意味では有効です。ついでに言いますと、この方法は楽しめますので興味が持続しやすいという利点も有りますな。

     ただやっぱり初心者のうちは、自分を客観視することも難しいですから、このイカしたバックの演奏に合わせて弾いている“だけ”だったりすると……、う~ん、鈴木個人はかえって上達の遠回りになってしまうこともあると思っていたりします。まあ単にギターを弾くのを楽しみたいのか、上達したいのか目的は人それぞれですから、単に楽しんでいる方々には、「余計なお世話だよ!!」って言われてしまいますけど。
     
     まあ有効な部分があるのは確かですから、それを上手く活用してね!っていうか、そればっかりに頼らないでね!とかムダに思っている今日この頃です。余計なジジイの戯れ言でしたね。
     またお会いしましょう。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2014/06 | 07
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック